「カメラのない写真館」VOL.2

0

お問い合わせ

BRFから始まる新常識「カメラのない写真館」VOL.2


写真館なのにカメラが無いってどういうこと?

カメラはないけれど、あるのは真っ白なキャンバスと筆。そして特徴的な岡山弁で話す"写し師"のマスター。ゆったりとした空気感を持つ、マスターとのおしゃべりを楽しんでいる、あっと言う間に、ひとりひとりの個性を、真っ白なキャンバスへ、コミカルなタッチのイラストレーションとして写し出します。


大好評につき2回目の開催となる「カメラのない写真館」。

誕生日、結婚記念日、就職記念日、残業記念日、休日記念日、何でもない記念日など、1人でも、またペアでも、今日という日を大切な記念の1日として未来に残しませんか?


ーーーーーーーーーーー

「カメラのない写真館@BRF」

ーーーーーーーーーーー

1月9日(土)19:00〜23:00 ※7組限定・事前予約制

@BROOKLYN RIBBON FRIES KOMAZAWA

目黒区東が丘2-14-11

ーーーーーーーーーーー

▽システム

1人2500円/2人4000円(額入り似顔絵・ジンジャエール付き)

30分1セッションの事前予約制です

1セッションにつき2名までお申し込み可能です

ーーーーーーーーーーーー


「デジタル文化の繁栄の向こうには、アナログ文化の再興がある」そんな事を考えていると「真実を写す事が出来るのはカメラだけじゃないと思う」という意見の持ち主に出会いました。それが今回の企画の発案者であるイラストレーターの影山 俊 氏です。「カメラでは写しきれないオーラや人柄を、筆と絵具を使って写す。描き手の感性が紙に乗ると、本人も知らない、その人らしさが写せるんじゃないかと思う。」


写し師 /影山 俊(かげやま しゅん)

岡山出身・東京駒沢在住のイラストレーター。

音楽好きの趣味が高じてDJやイベンターなどとしても活動。

2015年、大人買いしたくなる絵本「こんにちは ぼくのともだち」をリリース。絵本業界で注目を集めている。

予約に関しての注意事項

日程変更
予約日時の1日前まで
キャンセル
予約日時の1日前まで

レビュー

まだレビューはありません。