• Book Now
  • About Us

写真と言葉のワークショップ『手の写真を見る・読み解く・話してみる』

写真と言葉のワークショップ『手の写真を見る・読み解く・話してみる』

Price (tax included) 12,960 yenCredit cardOn-site payment

Book Appointment

The merchant isn't accepting any online bookings right now.

Location

東京都新宿区市谷砂土原町 1-2-38 タイホービル206

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.69441%2c139

Review

4.8(47 Reviews)

写真家赤城耕一・戸澤裕司と行く『東京四季写真散歩』3 二子玉川の東側と西側 第1回

初めて参加させて頂き且つスナップも初めてでしたが、先生方に何度も「大丈夫ですか?」と気を遣って頂きとても安心して参加できました。また撮影後に講評会まで付いているとは知らず、時間の関係から参加出来ず残念でした。内容時間を考えればとてもリーズナブルなセミナーだと思います。機械があればまた参加したいです。


写真家赤城耕一・戸澤裕司と行く『東京四季写真散歩』3 二子玉川の東側と西側 第1回

星4つはあいにくの雨だったから、その他は満点。何しろ撮影後カロタイプの事務所に戻って講評と言うのが良い。いわば撮ってすぐの講評みたいなもの。講師から直接指摘されるのも大変参考になる。


写真家赤城耕一・戸澤裕司と行く『東京四季写真散歩』2

皆さんとの食事会が良かった。少しずつ知り合えて幸せです。


CALOTYPE PHOTO WORKS

CALOTYPE PHOTO WORKS

市ヶ谷にあるモノクロ写真用のレンタル暗室です。ギャラリーやワークショップの会場としても利用出来るスペースを併設しています。

E-mail dwg@calotype.jp
URL htt...

More

More Pages of CALOTYPE PHOTO WORKS

芦田みゆきの「手作り写真集講座 第2期」

芦田みゆきの「手作り写真集講座 第2期」

本格的に製本をする写真集は、編集者やデザイナーに依頼し印刷会社に入稿し制作します。しか「手作り写真集」は自分自身でデザインを考え構成し、プリントを行い、製本して仕上げます。定型という考え方がないため、すべてが自由で「世界で一つ」「自分だけのもの」として一冊の本を作ることができます。 この「手作...
Accepting Online BookingsCredit cardOn-site payment
川口晴美・芦田みゆきの「写真と言葉 第2期」

川口晴美・芦田みゆきの「写真と言葉 第2期」

写真を展示するとき、みなさんはどのようにタイトルを付けていますか? 写真集に文章を載せるとしたら、何をどう書いたらいいでしょうか? 写真をより魅力的に際立たせるタイトルとは? 見る人の心を動かす言葉とは? 「写真と言葉」ワークショップでは、「写真」や「写真集」のタイトルの付け方、写真で表現する...
Accepting Online BookingsCredit cardOn-site payment
タカザワケンジゼミ 第7期

タカザワケンジゼミ 第7期

写真作家志望者、もしくはすでに写真家として活動中で、より写真への理解を深めたいと考えている方を対象に少人数で行われる、レクチャー&ディスカッションの形式の講座です。写真にまつわる多角的な思考方法を先生や参加者とともに深めてゆき、それを自らの作品や言葉で発信できるようになることが目標です。 タ...
Accepting Online BookingsCredit cardOn-site payment
リスプリントを楽しむ – Joy of Lith Printing⑧

リスプリントを楽しむ – Joy of Lith Printing⑧

デジタル写真の技術が成熟し、高画素、低ノイズの写真が当たり前になりました。しかし同時に、写真のそうではない側面の大切さに気付く人、アナログにしかできないことをやろうとする人が世界的に増えています。なかでもこの「リス(Lith)プリント」は、通常の銀塩写真とまったく同じ暗室で引伸し機を使うプリン...
Accepting Online BookingsCredit cardOn-site payment
岡村嘉子ゼミ「写真家のための西洋美術史 第2期」

岡村嘉子ゼミ「写真家のための西洋美術史 第2期」

写真家にとって美術史を学ぶことは重要です。というのも、今日、とりわけ欧米において写真は、現代美術同様、美術史を踏まえていることを前提として、評価されるからです。 しかし、美術展に足を運び、関連書籍を紐解いても、それは点の知識が増えるだけで、長い歴史に自分なりの一筋の線を見出すことは容易ではあり...
Accepting Online BookingsCredit cardOn-site payment