• Book Now
  • About Us

島々清しゃ〜映画を誰かに観てもらいたいという気持ち〜

島々清しゃ〜映画を誰かに観てもらいたいという気持ち〜

映画を誰かに観てもらいたい、感動を伝えたいといった気持ちは、特別な作品に出会えば誰もが思うこと。

映画館を始めて半年が経ち、今思うことは、経営の苦労から映画を数字として見てしまう人の気持ちもわかるということ。

そして、それを踏まえて、自分がどうありたいかと言えば、経営よりもまず作品を大切に扱いたいという気持ちです。

チュプキは、目の見えない人や耳の聴こえない人、車椅子の人や子供連れのお母さんにも楽しんでもらいたいという気持ちで皆で作りました。

目の見えない方が、ガイドヘルパーを頼むには、1ヶ月前には申請していなければなりません。

ですので、他の劇場と違い、私たちは届けたい作品を1ヶ月間上映し続けます。

改めて思うことは、そういった外から見て縛りに思うことが、たいへん有難いということです。

何故なら自分たちが選んだ作品を、1ヶ月間、ともに走り続けるパートナーのような気持ちとなり、作品を観てもらえるようにと一緒に悩むことができるからです。

なので始まる時はワクワクして、終わるときは、しばしの別れのように、とてもさみしいのです。そして思い出す度に、また頑張ろうと思える映画が増えてきました。

そんな想いにさせてもらえたのは『島々清しゃ』が、出てくる人をとても大切にしている作品だと思えたからです。

島の良さ、子供たちやオジィの魅力を余す事なく存分に伝えてくれてます。

きっと、撮影に関わった全ての人の心に、深く深く刻まれる暖かな時間となっていたのではないかなと思います。

その信頼関係は、スクリーンを超えて伝わります。でなければ、あんな表情できないと思いますし、最後の合奏が全てを物語っているように思えるのです。

映画を誰かに観てもらいたいと思うのは、特別な作品に出会えたから。そんな風に思わせてくれた『島々清しゃ』は、自分にとって大切な大切な作品です。

皆様のご来場心よりお待ち申し上げます!

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

More

More Pages of CINEMA Chupki TABATA

7月7日『ある精肉店のはなし』纐纈あや監督が舞台挨拶にお越しくださいました!

7月7日『ある精肉店のはなし』纐纈あや監督が舞台挨拶にお越しくださいました!

7月7日上映後、纐纈 あや監督よりご挨拶をいただきました。 雨の中、多くの方が足を運んでくださり、シアターは満席! 映画をご覧になった方も、これからの方もぜひお読みください♪ 『ある精肉店のはなし』  上映は水曜を除く7/16まで、時間は10:30〜12:18です。  作品詳細・ご予約はコチ...
『こどもしょくどう』日向寺監督がトークショーにいらしてくださいました!!

『こどもしょくどう』日向寺監督がトークショーにいらしてくださいました!!

平塚 - この映画をお撮りになったいきさつや、映画に込めた思いをお聞かせください。 日向寺監督 - 本日はお越しいただき、ありがとうございます。平塚さんとは、私の前の2作品(『火垂るの墓』『爆心 長崎の空』)のバリアフリー版を作る時にお世話になりました。この映画館ができたことは知っていました...
6月17日(月)『こどもしょくどう』トークイベント生配信決定!!

6月17日(月)『こどもしょくどう』トークイベント生配信決定!!

こんにちわ!シネマチュプキタバタの和田です。 チュプキの営業を続けていく中で、監督の舞台挨拶等、凄くいいトークだったのに、キャパシティが狭いゆえに、なかなか多くの人に届かないことをいつも残念に思ってました。 そこで今回新たな挑戦として、SNS一斉配信トークイベントを考えました!! 配信日...
『あの日のオルガン』平松恵美子監督が舞台挨拶してくださいました!

『あの日のオルガン』平松恵美子監督が舞台挨拶してくださいました!

支配人・和田 - 本日は平松監督に来ていただきました!では早速、この映画のいきさつから、お話を… 監督 - この映画の原作になったルポルタージュみたいなものがあるんですが、それが1980年頃に作られたものなんですね。映画の原作にするために作ったルポルタージュなんですが、当時、予算とかいろんな...