お出かけ・遊び・体験・イベント予約「Coubic (クービック)」

2018年1月4日(木)〜30日(火)『KOKORO』

2018年1月4日(木)〜30日(火)『KOKORO』

『KOKORO』
(2016年/ベルギー・フランス・カナダ/95分)
上映時間:
 ・1月4日(木)〜16日(火)…19:30~21:05
  ※1月5日(金)は、シアターレンタルのために上映は致しません。何卒ご注意ください。
 ・1月18日(木)〜30日(火)…17:30〜19:05
  ※1月19日(金)のみ、19:30からの上映となりますので、ご注意ください。

【1月19日(金)ヴァンニャ・ダルカンタラ監督Skype生配信トークショー】
1月19日(金)19:30-上映回の後に、ヴァンニャ・ダルカンタラ監督が、本国ベルギーよりSkypeを通じての生配信トークショーを開催致します。
映画にまつわる大変貴重なお話が聴ける機会となりますので、お見逃しなく!皆様のご来場を心よりお待ちしております。

夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、長い間旅に出ていた弟ナタンが戻ってきた。日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語った数日後、弟は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた人々、そこにある何かに出会うため、ひとり日本を訪れる。弟の足跡をたどりアリスが行き着いたのは、投身自殺の名所と知られる崖のある海辺の村。そこで出会った元警察官の男ダイスケは、悩める人々の心に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。求めすぎず、静かに傷を癒すことのできるその場所にアリスはどこか安らぎを感じる。そしてダイスケをはじめジロウ、ヒロミ、ミドリ、ハルキら、その村で出会った人々との交流が、静かにアリスの心に変化をもたらしていく──。

監督:バンニャ・ダルカンタラ
製作:デニス・ドルカンプ、ベルトラン・ゴア
製作総指揮:アンヌ=ロール・ゲガン
原作:オリビエ・アダム
出演:イザベル・カレ(アリス)、國村隼(ダイスケ)、安藤政信(ジロウ)、門脇麦(ヒロミ)、長尾奈奈(ミドリ)、葉山奨之(ハルキ)、ニールス・シュナイダー(ナタン)、ファブリツィオ・ロンジョーネ、古舘寛治

チケット料金:一般 1,500円/シニア(60才以上)1,000円/学生 1,000円/中学生以下 500円

【ご注意】
※携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
  ezweb.ne.jp
  softbank.ne.jp または i.softbank.ne.jp
  docomo.ne.jp
  willcom.com
  hotmail.co.jp
  msn.com または msn.co.jp
  live.com または live.jp
  outlook.com または outlook.jp
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

公式サイト
http://www.kokoro-movie.jp

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=c-oNvaKyA_E

予約日時を選ぶ

日付を選んでください。

/

アクセス

東京都北区東田端2-8-4

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.741112%2c139

レビュー

4.8(360 件のレビュー)

2018年1月4日(木)〜30日(火)『真白の恋』

字幕をつけたり、いろんな方が楽しめるように配慮されていたし、音響もとてもよくて、素敵な映画館だと思いました。また、今度は違う映画を観に来ようと思います。今日はありがとうございました。


2018年1月4日(木)〜 16日(火)『神宮希林 わたしの神様』

座席広くてゆったりできました。
トイレも広くて清潔。
内装も素朴でよいと思いました。
映画もミニシアターならではのよい作品だったと思います。

いらっしゃっていた方々がみんな常連だったようで、楽しみに通ってらっしゃる様子でした。
高い音質・画質やサービスを求めると違うかもしれないですが、盲導犬と一緒に映画鑑賞する、なんてほかではなかなかない体験もできて、ハートフルな雰囲気が心地よい時間でした。

また、利用したいと思います。


2018年1月4日(木)〜30日(火)『真白の恋』

観たい映画を追いかけて初めて伺いました。こじんまりしてますが綺麗で、ゆったりしててとても良かったです。
視覚障がい者に優しい映画館であることも知り感銘をうけました。頑張って下さい。


CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

もっと見る

CINEMA Chupki TABATAの他のページ

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

生協パルシステムが発行する本日発売の月刊誌『のんびる』に、シネマ・チュプキが掲載されました。 『のんびる』は主に子育て世代ならびに中高年の女性を対象にした地域応援雑誌で、2006年に創刊されました。パルシステム組合員でなくとも雑誌のオンライン書店『FUjisan.co.jp』で購入できま...