バグダッド・カフェのロケ地へ行ってまいりました

バグダッド・カフェのロケ地へ行ってまいりました

どうも、進です。ちょっと前ですが、3月末にアメリカ旅へ行ってきました!
カリフォルニア州映画の街ハリウッドから車で2時間半、230km走ったルート66上にあるあの「バグダッド・カフェ」に!

去年の9月に、シネマ・チュプキ・タバタのこけら落としで上映した「バグダッドカフェ ニューディレクターズカット版」のロケ地となります。

30年前の作品ですから仕方がないところではありますが、ガソリンスタンドやモーテル、給水塔は既に取り壊されていたのが残念でした。
一方、カフェはレストランとして、またコックスのトレーラーハウスは辛うじて犬小屋として残されていました。ほこりっぽい周囲の雰囲気は映画の世界そのままです…来て良かった!

作中で家出する夫サルは、遠巻きに双眼鏡で「ブレンダ…ブレンダ…」と呟きながら愛する妻の様子をうかがう場面がありますが、周囲は本当に何もないのでどこから覗いてたんだ?というロケーションでした。今思えば、それはサルにとって楽しいプレイだったように感じます。

店内は、世界中の映画ファンが貼っていったメッセージでひしめきあっていました。そして、あの黄色い魔法瓶もしっかり展示されていました。訪問時にトイレを拝借したのですが、トイレの壁にまで各国語で映画ファンのメッセージがたくさん書き残されていました。店の片隅には、若くして子持ち(!)のサロモが弾いていたであろうピアノも置いてありました。

ブレンダ一家やカヘンガは居ませんが(当たり前か)現在は年配の女主人Emilyさん(夫婦かもしれません)が切り盛りされていました。相棒のおじさんはたまたま私が着ていたGuns N'RosesのTシャツにサムズアップ付きで反応してくれました。同じアメリカのバンドだし、ファンなのかな…?

訪問時は昼過ぎでした。お客さんは地元の方らしきおじいさんがただ1人、ラジオを聴きながらまったりして過ごしていましたが、その後フランス人のカップルが入店。たまたま席が隣になったので挨拶等して過ごし、仲良くなりましたが、私達の英語力が乏しいので、会話のキャッチボールがままならなかったのが心残りでした。せめて一緒に写真撮っておけば良かったなぁと思いました。

その後急に20人以上のお客さん(何故かまたフランス人)がわらわらと入店。どうやらここはバスツアーコースになっているらしいです。
すると、今までおじいさんのラジオが遠くで小さく流れてただけなのに、おもむろに「Calling You」が大音量で流れるではありませんか!ツアーのお客さん御一行は「キャー!」と興奮して、店のカウンターに用意してある「Route66」のブリキ看板を各々手に取り、記念写真をバシバシ撮って…そしてバスの時間制限があるらしく、慌ただしく一斉に退店していきました。ドイツ映画だけにヨーロッパで最も人気があるのでしょうか、お店のサービスでサウンドトラックを流すようになっているようです。
静かな店内も良かったですが、音楽が流れるとより映画の雰囲気を感じることができます。幸せな時間でした。

肝心のコーヒーですが、アメリカではスターバックスコーヒー以外は薄いのが一般的なのだそうです。注文すると、なんと!ちゃんとしたガラスのポットで入れてくれました…魔法瓶で提供してもらえると思ったのに拍子抜けです。ジャスミンの「茶色いお湯」と揶揄した台詞が頭に浮かびます。

味は…ウン。薄かったです!

お腹が減っていたのでフードも注文してみました。映画のキャストに因んだ名前のメニューは見つかりませんでしたが、ボリュームたっぷり!基本的にアメリカはの食事は日本よりも量が多いので(日本が少ないだけなんですよね…)私たちでは食べきれず、残りはToGoでパックに入れて貰いました。美味しかったですよ!

お店ではTシャツ、キャップ、ポストカードセット等の映画の記念グッズを扱っています。観光地化している場所にも関わらずまったりとして、せかせかしてない雰囲気に好感が持てました。明細書にはコーヒーを飲んだのに間違って「BEER」と書かれてたり、笑「Thank you」とメッセージ付き!

そんな温かな場所に立ち寄れて本当に良かったです。これからも続いてほしいお店でした。

○Bagdad Cafe
住所:46548 National Trails Hwy, Newberry Springs, CA 92365-9715

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

もっと見る

CINEMA Chupki TABATAの他のページ

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

生協パルシステムが発行する本日発売の月刊誌『のんびる』に、シネマ・チュプキが掲載されました。 『のんびる』は主に子育て世代ならびに中高年の女性を対象にした地域応援雑誌で、2006年に創刊されました。パルシステム組合員でなくとも雑誌のオンライン書店『FUjisan.co.jp』で購入できま...