『湯を沸かすほどの熱い愛』

『湯を沸かすほどの熱い愛』

今月から上映が始まった『湯を沸かすほどの熱い愛』ですが、沢山のお客様に来て頂いております!!

目が見えない方や耳が聞こえない方、お子様を連れたお母さんまで、幅広い層の方々に観て頂けてる事を実感しております。

どの年代のお客様も目を真っ赤にして、シアターから出てくる度に、幸せを感じ、上映の一端を引き受けさせて頂けてる事を本当に有難く思ってます。

初めて今作を観た際に、自分の過去がブワーッと蘇ってくる感覚があり、心の湯船に溜めていた辛い経験や暖かな記憶が一気に溢れて出てきました。

僕も映画に出てくるアズミのように学校で苛められて不登校になりかけたときがあります。

その時に真剣に向き合ってくれて、毎日戦ってくれたのは、映画の双葉と同じように母でした。

当時の僕は、母に感謝するよりもまず自分の言葉や行動で、散々傷つけた事を後悔しました。

なんで生きているのかわからなくて、情けなくて、苦しかったのを今でもよく覚えています。

そんな時に救ってくれたのが映画でした、そして改めて『湯を沸かすほどの熱い愛』を観て、過去を乗り越える事が出来、改めて母に心からの感謝する事が出来たのではないかと思います。

魂から絞り出すような言葉に泣かされたり、笑わせられたり、人ってあったかいなって思わされたり、映画史に残る一作だと思っているんです。

この作品が大好きで、障碍があるとかないとか関係なく、どなたでも胸に届き、感動する作品だと思っているんです。

だから多くの人に観てもらえる事が何よりの幸せなのです!!チュプキではまだ上映が続きます、皆様の心を沸かす素晴らしい作品に是非浸かりに来てください!!皆様のご来場心よりお待ちしております。

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

もっと見る

CINEMA Chupki TABATAの他のページ

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

生協パルシステムが発行する本日発売の月刊誌『のんびる』に、シネマ・チュプキが掲載されました。 『のんびる』は主に子育て世代ならびに中高年の女性を対象にした地域応援雑誌で、2006年に創刊されました。パルシステム組合員でなくとも雑誌のオンライン書店『FUjisan.co.jp』で購入できま...