今年が終わる

今年が終わる

今年が終わる。

アートスペースを退去したのも今年。

シネマチュプキを創設したのも今年。

誰も経験しないであろう経験をさせてもらっていることや素敵な人たちに囲まれている人生を幸せに思ってます。

本当にありがとうございました。

来年は“大胆不敵”をテーマに、豪快かつ繊細にキャンバスからはみ出るような自由な未来を描いていきます。

競合せず独自の事業展開をしながら映画館を運営していけたらなと思ってます。

今年は前半と後半ではかなり違った時間軸を味わい、現在はようやく負のスパイラルの雲間から顔を覗かせることが出来たような気がしています。

肉体と精神が引き裂かれそうになり、自分の感覚と深海で出会うような体験もしました。

広大な砂漠を歩き、全身が干からびそうになりながら彷徨い続けた感覚にも陥りました。

何度も息を吹き返し、再び自分の芯と繋がり合う事が出来たのはアートスペースでの記憶と人の力でした。

運営の中でチュプキが大切にしたい3つのミッションと作品を選ぶ上での計算式が明確になったことは自分にとって大きな財産です。

大切にしたい命のことを、映画の力を借りながら共に発信していけたらと思ってます。

本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いします!!良いお年を!!

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

もっと見る

CINEMA Chupki TABATAの他のページ

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

生協パルシステムが発行する本日発売の月刊誌『のんびる』に、シネマ・チュプキが掲載されました。 『のんびる』は主に子育て世代ならびに中高年の女性を対象にした地域応援雑誌で、2006年に創刊されました。パルシステム組合員でなくとも雑誌のオンライン書店『FUjisan.co.jp』で購入できま...