小さな映画館にビッグなゲスト!!

小さな映画館にビッグなゲスト!!

先日は『あん』上映、舞台挨拶に樹木希林さんが登壇してくださいました!!

すぐに満席となってしまい、来れなかったお客様、大変申し訳ありませんでした。

報告レポートも上がってきたので、是非是非!ご一読くださいませ◎

小さな映画館を広めようと著名なお方や沢山の人に支えられてること幸せに思っております。

今後ともシネマチュプキタバタをよろしくお願い申し上げます!!

司会:こんなに小さい映画館に!というビックなゲストをご紹介します。樹木希林さんです!

樹木さん:こんにちは。私は映画が終わるとなんでも捨ててしまうんです。『あん』の脚本も捨ててしまったので、印象に残ったシーンなんかもあまり覚えてないのね。
でも今回は舞台挨拶に呼んでいただいて、子供の頃のことなんかを思い出しながら田端にきました。
こういう映画館を作ろうという気持ちがうれしいわ。みなさんは、『あん』はどうだったかしら。

視覚障害をもつ女性が手を上げると、駆け寄って手に触れる樹木さん(添付写真)。女性は感極まってか言葉が出なくなってしまう。

別のお客様:静岡で自主上映の会をやっていて、ハンセン病の施設で『あん』の上映をやりました。

樹木さん:遠いところからありがとうございます。ただね、この映画はハンセン病の苦しみのみを描いたわけではないの。
その地獄のような苦しみは外から描けるものではないし、私が演じられるものでもないしね。
難病ものみたいな映画にはしないと話していたから。
徳江は箱(ハンセン病の施設)の中にいるけれど、心は自由。
どらやき屋の千太郎や通っている中学生(孫の伽羅さん演じる)は外にいて自由なのに、何かに縛られている。
そういう対比が描けていたのではないかと思うのよ。

樹木さん:河瀬監督って美人なのよ。映画祭ですけたドレスなんか着てしまったから、女性にはちょっと嫌われちゃったりもするのよね。
でも、「じゃあ、そろそろ」なんて感じで撮影を始めるのよ。
それで徳江がどら焼き屋の前に来て、「あのー」と話しかけるでしょ。
中にいた永瀬さんが小さな声で「あの、撮影はじまっているんですか」というのよ。
私も「始まっているみたいなのよ」なんて答えてね。
大手の映画の撮影なんて、「はい。カットーー!」とかいって、すごいのに。

司会:『あん』は何度もみて救われた映画です。チュプキでも上映したいと思っていたので、実現できてうれしいです。自然や光の撮り方もすばらしいですね。
樹木さん:撮影の時に「桜の木がわさわさって呼吸しています、樹木さん」と永瀬さんが言うのよ。
「それは監督に言いなさいよ」と答えたら、「それは撮らないと」すぐ応えてくださってシーンが生まれたりもしたわね。
河瀬監督が私を想像して徳江を書いてくれているから、私は衣装をきていればよかったのよ。
監督を選ぶのが、私は本当に上手なの。肝心な夫選びは間違っちゃったんだけどね。(場内爆笑)
【写真・文/ 伊藤麻衣子】

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

もっと見る

CINEMA Chupki TABATAの他のページ

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

生協パルシステムが発行する本日発売の月刊誌『のんびる』に、シネマ・チュプキが掲載されました。 『のんびる』は主に子育て世代ならびに中高年の女性を対象にした地域応援雑誌で、2006年に創刊されました。パルシステム組合員でなくとも雑誌のオンライン書店『FUjisan.co.jp』で購入できま...