6月22日〜30日『地球交響曲 第四番』

6月22日〜30日『地球交響曲 第四番』

『地球交響曲 第四番』(2001年/日本/135分)
■上映時間:15時30分〜17時45分

GAIAガイアとは、ギリシア神話に登場する地球の女神、いわば「地母神」のこと。このドキュメンタリーは、あたかも、ガイアが奏でるシンフォニー(交響曲)のように、それぞれに独立した主題をもった楽章が重なり合って、全体として地球という大きなハーモニーを奏でている。
全体を通してのテーマは「地球の中の私、私の中の地球」。それぞれの楽章は、世界各地で取材を行ない、それぞれの分野で、「今」を語るに相応しい大きな仕事を成し遂げた人々に登場していただき、自らの体験をふまえてメッセージを送っているオムニバス映画シリーズ。

【第四番】21世紀は、人類の営みの基盤に“霊性”(スピリチュアリティ)が求められる時代だ。なぜならば“霊性”を持たない人類がこの地球の全生命の未来を危うくしているからだ。
“霊性”とは、日々の何気ない日常で「自分は、母なる星地球(ガイア)の大きな生命の一部分として、今ここに生かされている。」ということを実感できる力。その力で人は謙虚になり、日々の出来事に対して、感謝を持って対処できるようになる。遠い未来や遙かな過去を感じる力や見えないものや聴こえない音を感じる力だって甦ってくるかもしれない。そしてそのことが、自分自身を最も幸せにする、ということに気づき始める。“霊性”はひとりひとりが、自分自身で開花させてゆくもの。映画を通して、世界の何人かの人々の生き方、考え方を提示し続けたい。

監督:龍村 仁
出演:ジェームズ・ラブロック/名嘉 睦稔/ジェーン・グドール/ジェリー・ロペス

公式サイト
http://gaiasymphony.com/gaiasymphony/no04

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=GgvSpvjiul4

日付を選んでください。

/