• 予約カレンダー
  • プロフィール

2018年8月2日(木)〜31日(金) 『この世界の片隅に』

予約日時を選ぶ

/

アクセス

東京都北区東田端2-8-4

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.741112%2c139

レビュー

4.8(668 件のレビュー)

2018年8月2日(木)〜31日(金) 『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』

最終章第1話は通常館だけでなくATMOSもDTS:Xも何回も鑑賞してきたけど
なんでしょう、ここの楽しさは(*'▽')
音を聴いていて楽しくなってしまいました
岩浪音響監督からのお達しとのことで今回は+7dbの音量UP上映でしたが、重低音の迫力はもちろんのこと、7.2.4chでこの小さな空間に上スピーカーが4つもあるためなのか、砲弾が頭上をビュンビュン飛び交ってました(笑
生徒会室でミーティングしているときの声の位置も明瞭で、ここの良い点はサラウンドスピーカー間の音質が同じなので音が移動してもまったく不自然でないこと
なんかここで体験してしまうとアトモスって何だったの?と思えるほどに音が楽しいという感想です
また観に行きたいと思います!


2018年8月2日(木)〜31日(金) 『この世界の片隅に』

『この世界の片隅に』の音はチュプキタバタは特別に違いますね。
重低音では床を震わせる振動が来るので、高射砲の発射音では音だけでなく地鳴りも再現されるし、防空壕のシーンでは遠くで爆弾が爆発している音の地鳴りが凄くて、ちょうど防空壕と似たサイズの空間とスクリーンが暗くなると真っ暗になる遮光度の高い劇場内は、本当に防空壕の中にいるような恐怖感です。
それでいて他の重低音マシマシ劇場と違って「隣組」の太鼓の音は出過ぎていないことから、帯域の調整が見事だと感じます。
またサラウンドスピーカー間の音質の差が無く、極めて自然に音が移動するのも特筆ものでした。
音だけでなく映像も鮮鋭度が極めて高くてすっきり綺麗な絵だし
お世辞抜きで絵も音もここでしか味わえない極上クオリティだと感じました。


2018年8月2日(木)〜31日(金) 『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』

流石の岩浪さん調整!砲撃や破壊音は勿論、戦車の走行音が地響きの様にお腹に来るのが4DX クラスです!しかも今回はオマケつき。正に此処でしかない楽しみです。ガイドも勿論パワーアップしてました。


CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によっ...

もっと見る

CINEMA Chupki TABATAの他のページ

小さな映画館をレンタルして、素敵なイベントを!

小さな映画館をレンタルして、素敵なイベントを!

映画を愛する531名の方々の募金によって設立された、2016年9月1日にオープンしたばかりの、日本一小さくてやさしい映画館です。「チュプキ」とはアイヌ語で、月や木洩れ日などの「自然の光」を意味します。 シアターのイメージは“森の中”。木や緑のぬくもりのあるモノを置いています。床には人工芝を敷き...
予約受付中
パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

パルシステム発行の月刊誌『のんびる』2017年10月号に、シネマ・チュプキが掲載されました。

生協パルシステムが発行する本日発売の月刊誌『のんびる』に、シネマ・チュプキが掲載されました。 『のんびる』は主に子育て世代ならびに中高年の女性を対象にした地域応援雑誌で、2006年に創刊されました。パルシステム組合員でなくとも雑誌のオンライン書店『FUjisan.co.jp』で購入できま...