宮古島セーブザアニマルズ代表

大阪での経験を活かし、現在は宮古島で犬猫の保護活動をしています。宮古島にはたくさんの野良犬猫、飼い犬猫が居ます。宮古島で保健所に収容される数は犬だけで年間約300頭。そのくらい、野良や飼育保遺棄された犬も多い状況です。シェルターに居る子達の家族を見つける活動をしつつ、保健所に収容され、殺処分の対象となる子を減らしたいという想いで、これからは、島内での避妊去勢手術も推進していきたいと思っています。大好きな宮古島で、大好きな犬猫が、宮古島に住む優しい人たちと、平和に楽しく命を全うできるように。


プロフィール


中原 絵梨奈(なかはら えりな)

1985年9⽉14⽇⽣まれ

⼤阪⽣まれ⼤阪育ち


2009年全⽶ヨガアライアンス認定ヨガインストラクターとしてレッスンを開始。その年、野良猫を拾ったことから⽇本の⽝猫の現状を知り、約1年間の保護施設での実務経験を経て、⼤阪で保護猫施設を⽴ち上げる。2016年⽇本サップヨガ協会認定サップヨガインストラクター取得。


宮古島の海でSUPインストラクターとして指導する為、2017年3⽉より沖縄県宮古島市の来間島に移住。ここでも⽝猫の現状を知るのに時間はかからず、移住後すぐに保護活動を始める。宮古島の⽝猫事情の認知向上のため、2017年3⽉に保護⽝猫と触れ合えるオープンカフェとゲストハウスを来間島にオープン(現在、カフェはクローズ)。


1児の⺟をしながら保護活動に奮闘中。

宮古島セーブザアニマルズ's Information

Address
沖縄県宮古島市上野字宮国1809
Open Map
Business Hours

月〜金 00:00 - 24:00

土・日 00:00 - 24:00

TelBookFavorite