List of services

一社)日本防災共育協会 マイスター講師による防災対策とアンガーマネジメントの初級講座
どんなことを学ぶの?

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



①予想される大災害に備える防災リテラシー(自分事として日常生活の中に防災を取り入れる知識や考え方)

②『その時』に冷静な判断と行動がとれるメンタルトレーニングとしてのアンガーマネジメント

アンガーマネジメントは日常生活の中でつい怒りが爆発してしまい、自己嫌悪に陥ったり家族や知人との関係がぎくしゃくしてしまったりという悩みを抱えている方にも有効なメンタルプログラムです。

最近では学校教育の中にも取り入れられ、多くのスクールカウンセラーの方がこの手法を学んで実践しています。



 **************************************************



防災と怒りのコントロール、一見関係なさそうに思えることだと思われるかもしれません。しかしながら防災には減災や人災も含まれているのです。地震や台風や洪水など自然災害を防ぐ手立てはありませんが損害を減ずることはできます。

 被災後の避難生活、得に避難所での集団生活における様々な犯罪は人災という意味合いでも防災の範囲になっています。  

大災害後の不自由な生活が続いていると、ほんの些細な行き違いによって思わぬ犯罪行為に発展してしまうことは間々あることです。小さな子供のはしゃぐ声や泣き声に怒鳴ってしまったり食料の奪い合い、暴力や性犯罪。日常の生活ではどうという事のないきっかけでも人は時として怒りに身を震わせ、周囲に恐怖と混乱を招いてしまうのです。

あとから後悔しても取り返しがつかない重大事故にならないよう日常生活の中に感情を上手くコントロールする訓練を行う事が必要ではないでしょうか。

 アンガーマネジメントは近年問題になっている所謂煽り運転や子供同士のいじめや家庭内のDV、会社におけるモラハラ・パワハラ・セクハラ、引き籠りや自傷行為等の改善に高い効果が出ています。



来りくる大地震に備える防災対策と怒りのコントロールの基礎を学べるユニークなセミナーです。



___________________________________________________



私たち一般社団法人 日本防災共育協会では防災を皆様にお伝えするとき ”我がこと意識” を最も強くお話をしています。防災設備にどんなにお金をかけても備蓄食料を1か月分揃えたとしても災害を自分事として常日頃意識しておかないと揃えた備蓄品が無駄になってしまいかねません。防災を我がこと意識として身につけていただくための防災リテラシー(知識、学習)を学びます。



そして多くの災害関係団体ではあまり言及していない心の問題(怒り)についても、知っておくとよい対処法を身につけることができます。この講座ではあくまで対処法だけにスポットを当てていますが深く学習したい場合は別講座での学習も可能です。尚、協会の主催する防災共育管理士3~1級 受講の方にはアンガーマネジメント基礎編を無料で受けていただくサービスをしています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



講師概略

一般社団法人 日本防災共育協会

 公認マイスター講師  大久保學

・安全環境収納アドバイザー
・備蓄防災食調理アドバイザー
・防災子供管理アドバイザー
・防災動物管理アドバイザー
・防災シニア・ディスエイブルドアドバイザー
・ディザスター栄養®防災食エグゼクティブ・アドバイザー
・防災感染予防アドバイザー
・マンション防災策定アドバイザー
・BCP<事業継続計画>策定
・SDGsビジネスエデュケーター講師
・SDGsライフアドバイザー講師

【外部資格保有】

宅建士、AFP、アンガーマネジメント実践リーダー、キッズマネーステーション認定講師、NLPプラクティショナー、行動心理士、終活カウンセラー、検定プランナー、遺品整理士、マンドリン講師、空手2段・・その他



生き残るために。【(一社)日本防災共育協会】『防災共育管理士3級』の資格取得講座
今後30年以内に80%の確率で起こるだろうと予想されている首都圏直下型、南海トラフ型大地震、ここ数遠来毎年発生する大型台風やそれに伴う洪水、崖崩れ、土砂災害。「まさか自分が巻き込まれるとは・・・」被災した人は誰もがそう思っていました。

近年、何かしら感じるものがあって防災キットや備蓄食セットを購入する人が増えつつあります。しかしその防災キットや非常食はあなたやあなたの家族が必要とするものなのでしょうか? 防災グッズも年齢や家族構成、生活環境によってみな必要なものが違うのです。備蓄食も同様に体況や年齢によって選ばなければなりません。

当協会の『防災共育管理士3級』は災害の種類やその対処法に始まり、いかにして災害から命を守り、愛する家族やペットを守っていくのかという日常の考え方や、被災後の避難生活を快適に過ごすための対策を基礎から学べます。また、本来は別の講座になるのですが希望される方にはSDGsの基本的な考え方についても時間内でレクチャー行います(別料金は戴きません)

3級の講習は4時間です。1日で終わらせることも2日に分けての受講も可能です。予約時に2時間づつ合計4時間になるように予約してください。受講料には【受講料+テキスト代+認定料(資格証明書と資格カード)事務手数料】が含まれています。

*別の日に受講を希望される方は別途 k_jastle@ybb.ne.jp にお申し出ください。

受講後は一般社団法人日本防災共育協会 防災共育管理士3級 の資格が得られます。その資格を活かしてwebセミナーや講演会を開催もでき収入も得られます。

3級受講と同時または受講後には2級の専科①安全環境収納アドバイザー②備蓄防災食調理アドバイザー③防災シニア・ディスエイブルドアドバイザー④防災子供管理アドバイザー⑤防災動物管理アドバイザー が受講でき、その他SDGsのアドバイザー資格も取得可能です。

現在最もニーズの高い防災とSDGsの資格取得を目指してみませんか?

一社)日本防災共育協会 Ⓡ認定講師 Dr.Ohrbell's Information

Address
山梨県甲府市下石田2-22-7サンエイビル305
Open Map
Business Hours

月〜金 00:00 - 23:59

土・日 00:00 - 23:59

TelBookFavorite