予約受付中

2020年「季節のご飯会」

0

予約・スケジュール

予約に関しての注意事項

日程変更
予約日時まで
キャンセル
予約日時まで

レビュー

4.9
5
4
3
2
1
  • 青山 史愛

    今日は増原英也さんの、ゲーテ先生の音楽会『先生、どこの★から来たの?』を観にGinza SOLA 。

    もともとミュージカルが大好きだったから、増原さんが劇団四季のレミゼラブルにも出ていたことを知って、現在かれがすごい情熱とエネルギーを注いでるゲーテこそ早く観なくっちゃって思ってて。

    やっと今回観ることができたんだけど、文句なしに楽しめました。


    キャストのキャラや瀟洒なセリフ、即興でのツッコミの応酬などに笑い転げ。

    洗濯機にこめた現代の高度かつ過度な技術力が、必ずしも我々を、家庭を、社会を幸せにしない、というアイロニーに、身につまされ。

    そこから愛や信頼を取り戻していく展開にほろっと、また救われたような感じになり。

    笑って、うるっとして、ジーンとして、あっというまの2時間半でした。


    脚本、作曲、演出、出演の井川啓央さんという稀にみる才人が、増原英也さんという希有なマルチタレントにして実力派オペラ歌手と出会って、できたONE & ONLYな音楽劇。


    この音楽劇ができていったプロセスや舞台裏については、増原さんがここで熱く語っていますが、とても興味深かった。


    http://goetheclinic.com/2019/05/07/ゲーテ先生に聞く%E3%80%80ゲーテ診療所とは?1/


    実は今日も第九とブルックナーのリハーサルがあったのですが、昨日4時間半も歌ったリバウンドで、今朝起きたら、今日は第九はもうたくさんだなって思って。諦めていたゲーテを観ようって思いたち。


    来てよかった。

    忘れることはないでしょう。素晴らしいステージでした。

    2019年12月22日

  • クービックユーザー

    台本を読む会に参加させていただきました。

    舞台を観るならばなるべく真っさらな状態で本番を観たいと思いつつも、音楽会ファンとして新しい楽しみ方をしてみたく参加しました。

    認知負荷についてのお話しがありましたが、認知負荷が高いものの方が断然好きです。でも単に分かりにくいというのではなく、作品そのものは難しい内容ではないのに意図の奥が深く、お話を伺いながら視点を変えてみるとなるほどと思えることがいろいろありました。ただどんなに種明かしをされても台本には書かれていないものもあると感じました。

    観る人の心に咲く花。

    それが音楽会の魅力です。

    日々変化する舞台の臨場感もその魅力の一つ。

    本番をとても楽しみにしています。

    2019年12月16日

  • クービックユーザー

    全4回参加させていただきました。毎回テーマがあり、それに合わせたアロマとハーブのお話がとても分かりやすくて楽しいあっという間の1時間でした。あと引く内容です。アロマやハーブって少し気取った印象のでしたが、今回参加してぐっと身近な存在になりました。第二シリーズもあるようなので、お勧めです。

    2019年12月01日

全てのレビューを見る