【3月4日】地方で「好き」をカタチにする!『場とメディアのはじめ方』/古本屋・庭文庫×おへマガ
わたしたちはこれから、なにを大切に生きていくんだろう。

地方だからこそ「好き」をカタチにしたい!
東京から恵那に移住して出張古本屋「庭文庫」をはじめた中田実希と、おへマガ編集長の園原麻友実が、地方での最初の一歩の踏み出し方を赤裸々に?お話します。

4月からステキな古民家で実店舗もスタートさせる予定の庭文庫。移住したときは知り合いもおらず、もちろん本の在庫もお金もない。どんな風にして1年で実店舗オープンまで漕ぎ着けたのでしょう??

これから地方に移住してなにかをはじめたい人、
庭文庫の動きに興味がある人、
ローカルメディアってどうやってはじめるの?に興味がある人などなど…
ゆるやかに時間を過ごせればと思っています。

後半は、中田×園原がつくった田舎暮らしあるあるが体験できる特製ボードゲームで遊びましょ◎

恵那在住の人も大歓迎ですー!

-------------【詳細】-------------
■日時:3月4日(日)13:30~15:30
■集合場所:恵那くらしビジネスサポートセンター
(岐阜県恵那市 大井町206-5)
※会場はサポートセンター2階「SOZO Trial space ENA」
http://peraichi.com/landing_pages/view/sozoena
■参加費:500円
■定員:10人
■案内人:
中田実希(Iターン)
沖縄県出身。2016年岐阜に移住。恵那市地域おこし協力隊として、恵那の移住相談窓口で活動中。2017年より出張古本屋「庭文庫」をスタート。

園原麻友実(Uターン)
地域メディア「おへマガ」の編集長。恵那の移住実践者さんの暮らし、地域情報をよく知る人。
私のほしい未来にちょっと近づく3時間
いつかやりたいコトを、今してみませんか?
やりたいコトがあっても「小さい子どもがいるから」とか「何からはじめていいかわからない」とか、モヤモヤしながらも理由をつけて先延ばししがちですよね(あ~~~耳がイタイッ >Д<)

「わたしの好きなコト」
「わたしのやりたいコト」
「なりたいわたし」


平日昼間、自分と向き合う時間をもちませんか?


【やること】
①自分と仲間の興味のあること、好きなこと、得意なことは何?
「はじめまして」の人とも気軽に話せるよう、カードを使ったワークをします。興味が一緒!そんなことできるの?!といった発見が!

②質問に答えてみよう!
質問答えているうちに、あら不思議「私ってこんなことも好きだったんだ」「当たり前にやってたけど、褒められちゃった」など新しいわたしに出会うはず。

③わたしのnext actionは・・・
仲間や新しいわたしとの出会いから思うこと、そして「わたしが踏み出すはじめの一歩」を発表します。
ひとりじゃない。仲間がいるだけで、きっと行動できるはず。

④頭を使った後の、ほっこりランチ
ひなたぼっこさんの身体にやさしいご飯をいただきます。
たのしくワイワイおしゃべりしましょう^^


【参加したらどうなる?】
◎仲間がふえる
◎わたしの「今」が見えてくる
◎いろんな人の価値観にふれる


【案内人】
園原まゆみ × 太田礼子(NPO法人えなここ)


【詳細】
日 時  2月22日(木)10:00~13:00
会 場  ひなたぼっこ くりのおうち(恵那市武並町竹折816-1)
参加費  1,500円(体にやさしいほっこりランチ付)
定 員  10名
申込み  2月20日までに「参加予定」をポチ 又は 予約サイトク―ビック
問合せ  イベントのコメント欄 又は ena.nariwai@gmail.com

※お子さまの同伴について
 託児はありませんが一緒にご参加いただけます。
 ただ、じっくり自分と向き合いたい方は、おばあちゃんや保育園、ファミリーサポートの力を借りてもいいかと思います。気になることがあれば、お気軽にメールをください。



\『えなナリワイプロジェクト』はじまります/

えなナリワイプリジェクトは、女子ならではのアイデア、仕事や趣味、子育て経験もぜんぶ活かして、自分にも周りにも、地域にもうれしい仕事(ナリワイ)を生み出すコミュニティです。
等身大の自分で、今いる場所で、今やれることをビジネスにできるよう、4月から『ナリワイ起業講座』をスタートします。

ナリワイの特徴は、
・「私の好きなコト」×「身近な困りゴト」=「小さく起業」
・ほしい未来は自分でつくる、仲間とつくる
・無借金で小さくはじめる
・めざすは月3万円の利益
・稼ぎが少ないから基本は複業
 (子育て+ナリワイ、アルバイト+ナリワイなどなど)
・仲間とワイワイ愉しくやる

普通のビジネスとちょっと(いや、大きく)違いますね。

けれど、田舎で暮らす私たちにとっては、こんな働き方もアリなんだと思います。

「働く=正社員」はもちろんOK!
「働く=日々の暮らし+ナリワイ」もOKと認め合える地域を目指して活動していきます。
【10/18】副業・フリーランス・小商い。税理士さんに聞く!知っておきたいお金のこと
今年も残り2ヶ月!
仕事おさめに向けて、そろそろお金のことを学んでおきませんか?

好きなことや得意なことで収入を得るって、とっても理想的なこと。
でも、ついついお金のことは後回しにしがち・・・できれば正直考えたくない!なんて人が多いのでは?

『副業/フリーランス/小商い』って言葉を聞くと、自分とは関係ないって思う人もいるかもしれませんが、例えばこんな風に収入を得ているとき、どんな風に納税したらいいんでしょう・・・?

・マルシェやネット販売でお小遣い稼ぎ
・毎月メルカリでいっぱい売っている
・いくつも仕事を組み合わせている
・会社に内緒でアルバイトする
・ブログで収入がある

副業でも課税されない場合もあれば、課税される場合もあるらしいのです。。

うーん。とにかく一度、みんなで専門家の先生に聞いてみよう!
なるべく優しく教えてもらいたいので、編集部友人の税理士さんに来てもらうことにしました。
私たちもわからないことだらけな「お金のこと」。
苦手な人こそ、この際向き合ってみませんか?
聞きたいことがある人は、申込時にコメントくださいね。

-------------
概要
-------------
日時:10月18日(水)18:30−20:30
会場:恵那市共同福祉会館(恵那市長島町正家一丁目5番地13)
参加費:1500円
定員:15人くらい

-------------
講師
-------------
金子尚弘/税理士
大学時代に国際ボランティアを行うNPO法人NICEの大阪事務局の運営に関わり 、大学では観光による地域振興をリサーチ。
これらの活動を通して地域に根ざす人と仕事をしたいと思い、税理士資格を取得。
現在は名古屋市内の税理士法人で中小企業向けに会計や税務のアドバイスを行なっている。
移住者さんのサトノエキカフェでおしゃべりする会
恵那市串原の古民家カフェ【サトノエキカフェ】でおしゃべりしませんか?

共通項はひとつ。移住者ってこと。
ただそれだけのお茶会を開催します。


【移住】ってコトバ、敷居が高いですか?

「農業がやりたくて」とか、「自然の中で子育てがしたくて」とか、移住したり、移住を検討するときはいろいろ理由があるかもしれません。
でも、「就職先が恵那市だった(=Iターン)」とか、「結婚相手の家が中津川市にあった(=嫁ターン)」とかも、立派な移住です。



|企画者の思い



中田実希(恵那暮らしサポートセンター勤務)
沖縄生まれ、沖縄育ち、山の近くの暮らしが新鮮な中田です。大阪の大学卒業後、東京で働いて、一年半前に岐阜県に越して来ました。
今でこそ恵那での友達も増えましたが、引っ越して来たばかりのときは、どこに行けば友達ができるのか検討もつきませんでした。
毎日のどういでもいいけど、小さな嬉しかったことや悲しかったこと、驚いたことを話せる人や場があれば、どんなに嬉しいだろうか、そう思って、今回のお茶会を企画しました。
移住してきたばかりの方や、もう何年も住んで馴染んでいる方の、小さな日々のことを聞けたらとってもうれしいです。
サトノエキカフェの美味しいおやつも楽しみにしています。


太田礼子(NPO法人えなここ勤務)
千葉の浜辺で育ち、岐阜の大学に進学。卒業と同時に「郡上踊りがしたい!」と岐阜県郡上市へ。2017年、年女の春、主人の実家である恵那市岩村町へ嫁ターンをした恵那初心者です。子どもは6才と3才の女の子です。
郡上市も合併して広いし、山に囲まれているので、「田舎に来た!」感はあまりありません。むしろ、5分でバローに行けるので便利です(もちろん車ですが)。
地域の“ママ友”も大事。だけど、子どもが主役じゃない、私のトモダチってどう作るんだろう・・・。これから、ながく暮らすこの土地で、笑顔を共有できる仲間に出逢えたらうれしいです。
入門者のためのウェブ発信講座2(夜の部)
◎入門者のための『ウェブの情報発信講座』◎
プロカメラマン&おへマガ編集部と一緒に、「伝わる」ウェブ発信の考え方・書き方・撮り方を実践しながら学ぶ全3回の講座(夜の部2回目)です。

誰でもいつでも気軽に発信できる時代。
でも、あなたの発信は本当に人に伝わっていますか?

たとえば
発信しているけれど読まれない、集客につながらない・・・
イベント告知がうまくいかず人が集まらない

スマートフォンでの撮影も
もっと綺麗に、うまく撮れたら・・・と感じることがよくあると思います。

効果的に発信する力を身につけ意識して発信を続けていけば、あなたのウェブに人が集まり、ファンが増えていくんです!

「誰に」「何を」「どうやって」発信すればいいのか、
その際、どんなことに気をつけなければいけないのか
スマホでの写真のきほんからウェブ発信する時の撮影ポイント等について、一緒にじっくり学んでいきましょう。

((こんな人にオススメです))
・これからブログや情報発信をはじめる方
・積極的に発信をしていきたい団体・地域の担当者さん
・自己流でやってはいるけど、基礎を学び直したい方
・イベントの開催、PR担当者の方
・プロカメラマンからスマホ撮影術を学びたい方

第2回テーマ
・4大SNSの特徴を知ろう
・年代別共感される写真の特徴