世の中には一人として同じ人はいません。
ひとりひとりが違いを持っています。
いつも世界は多様性に満ちているはずです。
なぜわたしたちは多様性を受容しようとするのでしょうか?
受容の対義語は排他です。
共通するものがあれば、ひとは結束し、それが絆になります。
絆は強い塊りとなり、力強い組織をつくります。
排他するつもりがなくても、絆から排他が生まれるのです。
絆の強い組織は、そこに起きる排他を知ることが必要です。
多様性と同時に絆を持ち続けることも必要です。
多様性と絆のある社会を目指します。

【プロフィール】
1989年大手IT企業にコンピュータエンジニアとして入社、金融機関向けシステム開発に従事。先端技術教育や大規模システム導入教育などのプロジェクトリーダーを務めたのち、企業の合併に際してブランド構築と社内浸透を牽引。
2012年 ダイバーシティ専任部門にて推進。
2012年 ネパールとの交流開始。
2016年 NPO法人GEWEL理事。
2017年 所属企業を退職。
      株式会社アワシャーレ設立、代表取締役社長
      ライフシフト・ジャパン株式会社、取締役
日々の徒然情報はamebro「ひとりじめしないこと」発信中。

基本情報

住所
東京都台東区柳橋
マップで見る
電話番号
090-9864-0185
営業時間

月〜金 00:00 - 23:59

土・日 00:00 - 23:59

レビュー (2)

5.0
5
4
3
2
1
  • クービックユーザー

    情報量が多く、例をもって考察する時間もあり、とても有意義な経験となりました。

    2018年05月29日

  • クービックユーザー

    ダイバーシティは正解は無く、その時の状況で適切な判断をしていく事が重要だと理解出来ました。
    また講習会があったら参加したいです。

    2018年05月29日