予約システム「Coubic (クービック)」| 無料で予約管理

シックスペース実験交流WS/vol.10 「詩の立体化」

シックスペース実験交流WS/vol.10 「詩の立体化」

!実験交流WS兼緊急オーディション開催決定!

9月23日(土)の実験交流WS「詩の立体化」は、
11月17〜19日及び、その後のシックスペース本公演の出演者オーディションを兼ねての開催とします!

尚、WS内容に変更はございません。
WSのみのご参加も引き続き大歓迎です!
オーディション参加有無については、当日配布するアンケート用紙にてご回答いただきます。

◇オーディション応募条件
年齢・経歴・性別・国籍不問
・11月本公演内容に興味のある方
・シックスペースの作品に興味のある方
・稽古への参加が可能でやる気のある方

◇ノルマ(11月本公演)
チケットノルマはございません。

◇WS内容
○日程 9月23日(土)18:00〜21:30

○テーマ 「詩の立体化」

○講師:
野宮有姫(シックスペース/無隣館)

○概要
詩を母体とするの作品創りの、実践的な体験。

☆経験不問。遊び心と柔軟な思考力のある方歓迎!
☆役者に限らず表現者の方、またはそれを志す方なら歓迎!
☆WS参加者から、本公演へのオファーの可能性あり!

主な事項としては、

・身体的な基礎訓練、ウォーミングアップ(特に体の軸を整える)
・感覚をひらくためのいくつかのエクササイズ
・使用する詩についての簡単な解説
・参加者のアイデア・個性にあわせて、詩をシーンに立体化する。

建築図面や指示付き譜面としての戯曲ではなく、
ものがたりの原型である『詩』を母体とした表現・作品創りの実験性を、
ぜひ、実際に体感してみてください。

○定員:15名

○参加費 1500円 
高校生以下1000円

○会場 
練馬区内(渋谷・池袋から電車で15分程度)
※参加者の方へ直接ご連絡致します。

◇シックスペース11月本公演概要
■公演タイトル
『青森のせむし男』
 原作:寺山修司(青森県のせむし男) 脚色:野宮有姫

■企画概要
―これはこの世のことならず 死出の山路のすそ野なる さいの河原のものがたり―

シックスペース第14回目の本公演。
当団体としては初の、過去の偉大な作家の作品(既成作)に挑む試み。

■場所
新宿眼科画廊(新宿駅東口より徒歩12分。収容人数45人。)

■公演日程
2017年11月
17日(金) 19:30~
18日(土) 13:30~/18:30~
19日(日) 13:00~/18:00~

■稽古期間
10月:中旬から週2~3回
11月:集中稽古

■チケットバックについて
チケットノルマはありませんが、20名以上の集客を目安に宣伝のご協力をお願いしております。

■詳細
https://sippe60.amebaownd.com/pages/1100640/next_stage

【実験交流WSについて】
シッペでは2016年より、通称『実験交流会』と呼んでいるWSを行っております。

総てに通じる基礎訓練や、思考と感覚を繋げるヒントとなる座学、集まった方の個性を生かすコミュニケーションゲームなど……。

シッペならではの「詩」「音楽」「身体」を使ったアプローチを取り入れつつ、

「共に学び合う、実験と発見と交流の場」

となることを目標に実施。

これまでにも世代を問わず、全くの演劇初心者の方からベテランの方、普段は唄やダンスを専門としている方など、幅広い個性の方たちがご参加下さいました。

ぼくらにとって非常に意義深い時間であっただけでなく、ありがたいことに、ご一緒したほとんどすべての方から、
「面白かった」
「気づきがあった」
「また参加したい」
といったご感想をいただいております。
また、ワークショップでのご縁が、直接出演のオファー・共に公演作品を創り上げる機会に繋がった例もありました。

2017年からは、これまでの実験と交流から得た経験も生かし、より実践的な機会となるよう、内容を充実・工夫して参ります。

下半期は、
基礎訓練・エクササイズに加え、グループワークなどをまじえた実際の作品創りに挑戦してゆきます。

0から1が生まれる瞬間をご一緒できたら、さいわいです。

金額 1,500 円

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

レビュー

3.8(5 件のレビュー)

シックスペース実験交流WS/vol.10 「詩の立体化」

表現活動を過不足なく楽しめました。
自分の表現に対するフィードバックをいただくことができ、とても参考になりました。
ありがとうございました。


シックスペース実験交流WS/vol.10 「詩の立体化」

その場に集まった人たちとの関係性によって場が生まれる感覚はとても興味深かったですし、シッペとしてのスタンスを3時間という枠の中でも垣間見させて頂きました。
また、演出:役者という関係が、支持する側:支持受ける側という単純な構造ではなくて、役者をまずは生身の人間であるという前提からお芝居を考えている様子はとても好感を抱きました。
ただ、時間の縛りもあるので仕方ないと思いますが、もう少し演出家さんの考えなりを聞けたり、見れたりすると出会いとしての密度が深まったりしたのかな? と思います。
でも、そんな些細な気掛かり以外は、とても充実した時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございます。


sippe art×eat event 「沙漠の楼」

お食事しながら過去公演の劇中歌や寸劇を楽しめるので、シックスペースのファンの方にはおすすめ。シックスペースをまだ知らない一見さんだと、あの世界に入りにくそう。


企画団体シックスペース

企画団体シックスペース

様々な創作活動の企画表現団体。
略してシッペ。 

2009年、都立駒場高校60期生を中心に旗揚げ。
以降、粋(chic)で病的(sick)な空間(space)を創りつづけている。
...

もっと見る
無料でずっと使える予約システム
初期費用は一切なし。誰でも簡単にはじめられます。
Screenshot