Tommykaira ZZ 5月東京試乗会(港区 外苑前)

Tommykaira ZZ 5月東京試乗会(港区 外苑前)

毎回ご好評頂いておりますサンワカンパニー様「東京ショールーム」前(港区)における東京試乗会を開催します。

スポーツEVの加速性能やドライバビリティを体験いただけます。

■試乗会開催概要
開催場所:東京都港区南青山2-26-1 南青山ブライトスクエア
     サンワカンパニー様「東京ショールーム」前
最寄り駅:東京メトロ銀座線「外苑前」駅 1a・1b出口から徒歩1分
地図:https://goo.gl/maps/XgJjaAx3Cpo

【お車でお越しの方】駐車スペースはございませんので、お車でお越しの場合は近隣の駐車場をご利用ください。

【試乗について】
雨天中止
予約日の前に、試乗について弊社から連絡する場合がございます。
試乗にあたり、当日、有効な国内の運転免許証を確認いたします。
実際に試乗車を運転していただける時間は、30分程を予定しております。
試乗開始の時間は、混み具合により多少前後する可能性があります。
試乗は、1枠1名様のみとなります。
安全上の理由により、26歳未満のお客様の試乗は遠慮いただいております。
運転免許取得2年未満の方には、スタッフの運転でTommykaira ZZを体験いただきます。

試乗会はFacebookページにて先行告知を行っております
ぜひFacebookページもチェックお願いします。
https://www.facebook.com/GLMJapan/

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

アクセス

東京都港区南青山2-26-1

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.669788%2c139

レビュー

5.0(10 件のレビュー)

Tommykaira ZZ 6月栃木試乗会(栃木県下野市)

15分ほど試乗させていただきました。
インバーターのトルクコントロールの完成度が予想より高く驚いた。
全長式車高調の足回りも良く動いて、乗り心地も予想以上に良かった。

電気モーターのトルクは想像以上だった。普通の車に普段乗っている方は、飛行機が加速するような異次元の加速に驚くかもしれない。850キロの車重と40:60の重量バランスが生み出す動きはヒラヒラとした軽快感があり、どっしりとしているテスラとは両極端にあるクルマのポジショニングだと思う。特にカーブを軽快に走るのが気持ち良い。マツダのNDロードスターとも似たドライバーが感じる気持ち良い感覚が味わえる。

アクセルとブレーキの2ペダル無段変速でスムーズに力強く加速する。回生ブレーキが無いこともあり、遊園地のカートがとても速くなったと考えれば良いと思う。パワステなしのクルマに乗るのは30年ぶりで懐かしかった。ブレーキはサーボ無し、ABS無しなので操作に注意が必要。普通に止まるにもかなり蹴力が必要であり、雨の日にロックしたら蹴力をコントロールして素早くグリップをリカバリーさせるのは普通の人には無理だと思う。
またアルミフレームのシャシーはオープンボディーなので剛性感はなく、程よいゆるさがありミッドシップのシビアでドライバーを不安にさせる神経質な動きはドライ路面では感じなかった。ステアリングレシオは想像していたよりも緩く、これもゆるさを感じた一因かもしれない。少しカーブで実際のステアリングの操舵角とカーブでの動きがシンクロしない感じがした。またLSDなしのコンベンショナルなデフなので、路面が良くフラットなドライ路面ではリアのグリップに問題ないが、登りの峠道や路面の荒れている道ではLSDがあった方がクルマが前に進むのでコーナーの立ち上がりが更に気持ち良く走れると思う。

裕福で数台保管できるガレージを持っているすでにケーターハムやロータスを所有している裕福な方、リッターバイクを所有している方には大人のカート車として最高のおもちゃになると思う。
カタログのタイヤはダンロップのZⅢ。試乗車はピレリのPZeroだった。モーターのトルクが大きいのでタイヤの温度が上がってからスピードを出さないと危ないと思う。
航続距離が120キロ。安全を見て60キロという範囲は、このクルマの性格からすると次第点だと思う。
雨が降ったら乗れないクルマなので、購入する際は割り切りが必要。
キャビンはオープンなのでロータスよりも広く感じるが、ドアノブは内側しかなく、シートはフルバケットシートなので太っている方は運転が困難だと思う。

課題は、もっと普段使いができるEVに近づけることが出来るかだと思う。また、最低限の安全装備、量産効果による価格低減だと思う。今のポジションは、リッターバイクを所有しているのと同じ所有感だと思う。
世界中でなぜテスラが買われているのかをじっくりとマーケット分析していけば、次のモデルのヒントに繋がると思う。せっかくのEVなのだから、スパルタンな素モデルから最先端の電装設備があるグレードまで設定しても良いのではないだろうか。
また、もっと充電できる場所が全国に広がれば、上記を解決することによってターゲットとなる顧客層が拡大すると思う。世界中にこのセグメントのEVを欲しがる人は沢山いると思うので、積極的に輸出するのもありだと思う。一度試乗する価値は非常に高いクルマだと思う。正直、完成度に驚いた。
ビジネスとしての損益から見ると判断が難しいが、特に自動車メーカーに勤務する方は「こんなEVもありなんだ!」というEVの楽しさを感じられるので試乗する価値が高いと思う。

試乗される方は、運転しやすい靴とサングラスを忘れずにどうぞ。
また、ドアに窓が無いので雨の日の試乗は防水のウインドブレーカーの準備が必要です。

最後に、小メーカーでもこんなに完成度が高いEVを造ったGLMの社員の方々に敬意を表したい。
技術者の熱い男のロマンを感じる製品に久々に触れました。
まるでクルマ版の下町ロケットです。歴史に残る1台だと思います。試乗の機会を頂きありがとうございました。


Tommykaira ZZ 6月栃木試乗会(栃木県下野市)

遠目に見ても一目でそれと分かる存在感がありました。
決して安いクルマではないので会場に着くまでは、スタッフさんはお堅い雰囲気かと構えてました。しかし実際にはカジュアルな感じで、かつ、楽しい時間を過ごせそうだなと思える気さくな方々でした。
簡単な手続きの間にクルマの特徴と操作法の説明を受けますが、操作は至って簡単。身構える必要が無いことを実感します。
シートに収まると思った以上にクルマとのカッチリ感を感じ、ハイパワーかつオープンカーで身を外にさらしてる不安感よりも楽しみ感が湧いてきます。
公道での試乗なのですが、法定速度内でもドンッとくる加速でも、安定性(しなやかな脚周り)の高さを体験出来ました。
パワステなし、ブレーキのサーボもなしですが、不快感どころか、そんなものを付けない方が良い、と思ってしまいました。
短時間でしたが、久しぶりに楽しい時間を過ごせる機会をいただきました。
ありがとうございました。


Tommykaira ZZ 6月群馬試乗会(群馬県北群馬郡)

この度は、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。とてもワクワクする体験になりました。
車好きの人によく言われている「電気自動車は面白みに欠ける」という考えを、アクセルひと踏みで払拭してくれる一台です。電気自動車ならではの走りの楽しさ。その答えはここにあると感じました。
アクセル操作にレスポンス良くダイレクトに反応し、どの速度域でもトルクフルで、なおかつ途切れのない加速。
エンジンのような振動や音がないため、まるで磁石に引っ張られるかのような加速感は独特でした。
足回りは、街乗りのみでの印象ですが、しっかりと車体運動を支えつつ、路面の細かい凹凸や高周波振動はいなしてくれて、運動性能と乗り心地を高次元で実現していると感じました。
もしこの車で、ワインディングでのドライブや、サーキットを走ることができれば、非常にエキサイティングなものになると想像されます。

スタッフの方々も、私の次から次へと浮かんでくる質問に、毎度快く答えてくださり、様々なエピソードも聞かせていただき、大変興味深かったです。

ベンチャー企業でも、その強みを活かして、独特の自動車が作れる。そんな大きな夢を肌で感じることができ、貴重な経験となりました。ありがとうございました。