10/17 「第4のごはんになる穀物のおやつ作り」すいとん・あわ団子 他 @ここちよい暮らしの知恵講座

10/17 「第4のごはんになる穀物のおやつ作り」すいとん・あわ団子 他 @ここちよい暮らしの知恵講座

☆第4のごはんになる穀物のおやつ作り♪ 

お腹がすいたらお菓子を食べたくなる。
お菓子を食べるなら、おにぎりをいつも置いておこう。
でも毎日おにぎりもあきちゃうから、ご飯にもなるような、おやつを作ろう。

今回の穀物のおやつは・・・・
すいとん・野菜ドーナツ・あわ団子・りんごの葛煮

お店にはいろんな粉があふれていますが、
アミノ酸などのうま味調味料など添加物も多いです。
でも!小麦粉があれば十分!
すいとんは、わざわざすいとん粉を買わなくても、OK~!
葛+リンゴは身体を温めてくれる、冬にぴったりのおやつ。
みんなでわいわい作ってランチいただきましょう。

【日時】2016年10月17日(月)10:30~13:30
【参加費】3,200円+税(材料費、ランチ代込み) 
【持ち物】エプロン、筆記用具

【講師】 秦 智美 (豊倉助産院料理&産前クラススタッフ・衣装制作・ここちえのき主宰 http://cocochienoki.blogspot.jp/ )

「ここちよい暮らしの知恵」講座とは     

味噌作り、糀で甘酒づくり、布ナプキン作り、虫除けスプレー作り、手当て食作りなどを通じ、
よりナチュラルな暮らし方について知るワークショップを開催しています。

気持ちいいって感覚は、体感を積み重ねてこそ。
お薬に頼る前に、治癒するために自分でできることがあります。
強い洗剤を使わなくても、きれいにできることがあります。
何のギモンもなく買ってきたものが、自分で作れるんだ~!というワクワクを味わってください!
「これは、この材料で作ったの。」と100%自分でわかっているものを日々つかうと
何となく自分の根っこがどっしりします。

手仕事
それは自分自身のセラピーであったり、愛の形だったり・・・ 
手をかけるって、実は楽しいことです。
ここちよさを、もっと自分の手で選んでいきませんか。

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(19 件のレビュー)

ネウボラ講座「母子のアセスメントに大切なこと。産前産後育児をつなぐ現場から」 

ネウボラ…生み育てを支えていく事。
ずーっとその人を抱えるのではなく、必要な支援につなげていく…そういうつながりやネットワークを活用する事が日本らしいネウボラなのかなと思いました。
地域で母子のために私が出来る事は何だろうと、改めて考える時間になりました。
貴重なお話をありがとうございました。


村田のりみちさんのお話し会「エネルギーの理屈を知って幸せをグゥ〜ンと引き寄せてっ!」

物理のお話を交えながら、宇宙の話を聞けてよかったです。フワフワとしたスピリチュアルな話じゃないのもよかったです。ステキな絵とも出会えたのも感謝です!ありがとうございました。また、伺います。


村田のりみちさんのお話し会「エネルギーの理屈を知って幸せをグゥ〜ンと引き寄せてっ!」

とても素敵なお話会でした。のりみちさんが説明で書く絵がとにかく可愛いのもツボです。(写真とれば良かったと後悔…。)他のものからも『エネルギー』を感じてみれるのかやってみよう♪と思います。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

助産師さんの合宿 [癒しの助産塾]より名を改め[気づきの助産塾] これまで北から南まで各地で開催し、今回で15回目となりました。 秋田での開催は初となります。 体と心を解きほぐしながら聴き語り合い、助産を探求する2日間。 お産に携わる人として自問自答したり、傷を癒したり、 ...
予約受付中
善方裕美さんのお産トーク「お産はヒトがリアリティを体現できる最後の砦」

善方裕美さんのお産トーク「お産はヒトがリアリティを体現できる最後の砦」

「待つお産」 「会陰切開は必要なときだけ」 「赤ちゃんとお母さんは離さずに」をモットーに、 女性に寄り添うお産を、助産師さんたちと共にデザインしていらっしゃる善方裕美先生。 赤ちゃんを受け入れ、試練を乗り越えた時の、美しく神々しいほどの女性たち・・・ お産で花開く人の可能性を、日...
予約受付中