8/24(木)人間関係に活かす「気質とからだの勉強会」

8/24(木)人間関係に活かす「気質とからだの勉強会」

「気質とからだの勉強会」

シュタイナーの気質論(胆汁質、多血質、粘液質、憂鬱質)をベースに、
自分自身や家族、クライアントとのニュートラルな関係性を保つための様々なワークを行います。
「心の問題」を「からだの問題」に変換して体験したり、考えていきます。

★篠秀夫先生より★
「あくびは伝染する」といいますが、あくびだけでなく、
人間の感覚や心やからだの状態は無意識的にみんな共鳴しあっています。

ですから、一人が悲しみを抱えていると、
その場にいるほかの人たちにもその悲しみは伝わります。
その時、その人が悲しみについて語らなくても、
明るいふりをしていても、無意識のレベルではほかの人にも
悲しみが伝わるのです。
それは「怒り」でも、「喜び」でも、「幸福感」でも同じです。

そして、セラピストのところに来る人は大抵の場合、
強い悲しみや、苦しみを抱えている人です。
そして、そのような人を相手にしていてもセラピストは自分自身を
ニュートラルに保つ必要があります。
相手に巻き込まれて悲しみや苦しみに共鳴してもいけないし、
相手を安心させようと必要以上にニコニコしてもいけません。

だからといって、相手に引き込まれてはいけないという意識が強いと、
相手との間に壁を作ることになります。
逆に、無理に相手に近づこうとすると、相手が壁を作ります。
だからニュートラルでいることが大事なのですが、
頭では分かっていても、からだが勝手に反応してしまうのです。
そして、なかなか自分でもそのことに気づきません。
だからやっかいなんです。

一般的に、このようなことは「心の問題」として扱われていますが、
武術のような場では、それは同時に「からだの問題」として現れるのです。

そして、私も武術的な練習を通して、この課題と向き合っています。
このワークでは、「心の問題」を「からだの問題」に変換して体験したり、
考えたりしてみたいと思います。

学んだ年月の長短、深浅は様々ですが、
私は今まで柔道、太極拳、野口体操、野口整体、操体法、仁神術(手当法)
を学んできました。今は、古武道とシステマというロシアの武術を
学んでいます。もともと覚えは悪く、武術的な才能もないのですが、
からだとの向き合い方だけは少し分かってきました。

【日時】2017年8月24日(木)14~17時 子連れ不可
【参加費】3240円(3000円+税)
【会場】Umiのいえ
【持ち物】動きやすい服装、筆記用具

★参加者のご感想より★
●何を学ぶのだろう?と思いながら、今朝電車に乗りました。
たくさん、学び、ゆるみすぎて、文章に書きにくい今ですが、
今日、一番残ったのは、 「共に自由になる」  これでした。
家族が、それぞれ、自由にとびまわれる家族、家庭をこれからも作っていきたいです。

●気質の理解により、ぽわんとした人との関係性が、しっくり、腑に落ちて、これからの人との付き合い方にも活用できそうです。
人との関係をつくるのがとても苦手で、人によって自分を合わせようと頑張っていたが、そんな必要はなく、自分の産まれた気質を大切にしたいと思いました。ありがとうございました。また参加したいです。

●気質の話を聴くことができて、とても面白かったです。自分の気質のこと、くせなど、今までの環境も含めて振り返ることができました。泣いてしまってばかりでしたが、今日参加させていただいたことで、今までよりも、自分を分かってあげられたり、認めてあげられたところが、増えたのではないかと思います。
先生のブログをまた、読ませて頂きながら勉強していきたいです。

●今日は気質のお話とても興味深く聴くことができました。今まで なんとなく 敬遠していた分野でしたが、篠先生のお話で腑に落ちました。もっと知りたいと思いました。色布ダンス、楽しかったです。自分と人とは違う!ということを、確認できました。

●はじめて、篠先生のお話をしっかり聞くことができ、心に響く言葉がたくさんありました。
気質それぞれのお話もためになり、興味深かったのですが、他者との違いを知る、認める、尊重することの大切さを改めて知りました。多様性、大事ですね。

●楽しかったの一言です。身体が自由になる感覚が楽しくって、幸せな時間でした。気質=役割として柔軟にみていけたらいいなと思いました。色々あって、バランスがとれるようにパイプ役でありたいと思いました。

●「共に自由になる」 すごく響きました。気質の話は、自分にあてはめたり、子どもにあてはめたり、納得することが多かったです。良い悪いではなく、それらを知っておくだけで、相手を理解できたり、自分の主張を押し付けるだけではない対応を考えられると思いました。
今日の内容をじっくり自分の中に落とし込んでいきたいと思います。

●大切なものを考えて、皆さんの大切なものを共有できて、楽しかった。
先生のお話を聞いていて、ふむふむ…と思い当たることがあって、少しずつ、自分の気質が見えてきたような気がします。
ますます、人との関わりもまた楽しくなってきました。

●初めて気質のお話を聴きましたが、単純に分類するわけではなく。いろいろな状況で変わるということが人間らしくていいなあって思いました。自分や周りの人たちの気質を知ることも大事。有益だと思いますが、その気質にとらわれすぎないこと、自分はこうだと思いこみすぎないことも必要なんだろうなと思いました。ワークもどれも楽しくて、今日もゆるめたな~~とうれしいです。また先生の講座に参加したいです!

●「気質」という考え方に興味があって参加しました。単純にパターン分けするものかと思っていましたが、関係性の中でも変わる、という点が面白く、納得できました。

●篠先生の講座をきちんと受講したのは初めてでした!どのワークもお話も、目からウロコでした。「人は、自分ひとりではゆるまない!」
だから私たちお手当人がいるんだなと(笑)
自分もゆるみながらお手当てしていきます。

ご参加される方は、先生のブログを読んでおいてくださると、理解の助けになるかも、です!

↓↓↓↓

◆講師プロフィール:篠 秀夫
篠秀夫(しの ひでお)
・親子遊び研究家/ 表現共育家
・「しょうなん育自の会」、茅ヶ崎「賢治の楽校」、アートスペース「ネネムの森」、親子遊びの「ポランの広場」主宰
・著書「子ども発見-子育てと自分育て」(日本文学館)http://www.amazon.co.jp/dp/4776535793
ブログ:「森へ行こう」http://plaza.rakuten.co.jp/moriheikou/  毎日更新!

1951年生まれ。上智大学物理学科卒、物理教育専攻。2男2女の父。
1990年代以降、地域の公民館、地区センターで親子遊びや造形ワークショップ、からだ遊びワークショップを主宰。
お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会も行っている。

予約日時を選ぶ

2017年08月24日 (木)

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(38 件のレビュー)

家庭でできるクラニオお手当て講座

お手当ゆるゆる緩めて気持ち良かったです。子供のためにママが緩むのが大事という言葉が響きました。前日に夜泣きの娘に何で寝ないの!と鬼の形相だったなあと。私が緩んだからか、娘も気持ちよさそうにお昼寝しました。


村田のりみちさんのスピリチュアルアートセッション 

毎回のりみちさんのセッションを楽しみにしています。うみのいえの雰囲気も好きで、気持ちをリセットするために年に数回セッションに通っています。
自分がリセットできて、新たな可能性を発見する事ができる大切な時間なので、このチャンスを大切に使わせていただきます。
一人でも多くの方が自分らしく生きられるように、これからも是非定期的な開催をお願いします!


村田のりみちさんのスピリチュアルアートセッション 


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

10/26 篠先生の「自分と子どもの育ちを楽しむ会」シュタイナーの気質のお話

10/26 篠先生の「自分と子どもの育ちを楽しむ会」シュタイナーの気質のお話

テーマは「気質のお話」 ドイツの思想家ルドルフ・シュタイナーは、 教育、農業や宇宙、あらゆることを貫く法則について さまざまな論考を著書に残しています。 その中に「四つの気質論」というものがあります。  ・胆汁質 (政治家タイプ)  ・多血質 (おちょうしものタイプ)  ...
予約受付中