• 予約カレンダー
  • プロフィール

10/14 ファシリテーター講座「お産&産院運営に繋がるファシリテーション」

10/14 ファシリテーター講座「お産&産院運営に繋がるファシリテーション」

青木将幸さんのファシリテーション講座
「お産&産院運営に繋がるファシリテーション」第4回目開催決定!

ファシリテーターとは、会議や講座などの場の進行役。
一人一人が安全に安心してその場に参加できるよう、場づくりをします。
みんなの思い、意見やアイディアを平たく引き出し整頓し、可能性を見出していきます。

「相手の力や思いを引き出す、寄り添い、待つ」というところが、
お産を見守る助産師の心持ちに、とても似ていますね。 

お産の現場には、もっと本音の語り合いが必要だと感じています。
産院の改善に向けて話し合うこと、体験を本音を伝えあうこと、
愛をもって働くために、愛をもって産み育てるために、今何が必要なのかを生の声で交わすことがとても大切だと思います。良い場をもつことは、そこに参加する人たちのモチベーションを上げていきますし、継続の力や、勇気につながっていくことでしょう。 

「お産」をテーマにして、ファシリテーションの技法を探求してみませんか? 

産前の両親学級
産院でのチームの会議進行
講座やワークショップ
お産体験の集いなど

話し合い、学びあい、語り合いの場で、どのようにファシリテーションを活かしていけばよいかを、実際に体験しながら、シュミレーションしてみましょう 

講師はさまざまな分野のチームを見てこられたファシリテーター 青木 将幸さんです。
ご参加お待ちしてます!

(Umiのいえ 齋藤麻紀子) 

【日時】2016年10月14日(金)10:00~17:00
【参加費】10000円+税 (再受講費は6000円+税)
【参加対象】お産とその周辺に関わる方々 
【持ち物】交流に必要なもの 名刺や活動のチラシなど。お昼ごはんはUmiのいえでご用意しております。 

【青木さんよりメッセージ】
僕が一番はじめにファシリテーションというのを学んだころは「要は、産婆さんがやっていることと、おんなじだよ」と教わりました。「結論を産むのは、あなたではない。あなたは無事に産まれてくる状況をととのえるお手伝いをするんだ」と。それ以来、僕は助産師をはじめ、お産と関わる人と出会うたびに畏敬の念を持って接することになりました。
僕自身は男親なので、よくわからないことが多くあるのですが、お産とファシリテーションには、実にたくさんの共通点があるように思います。我が家がお世話になった助産師は、お産を迎えるまでに、実にたくさんの生活そのものへのアドバイスをして下さり、それは僕たちの暮らしに大きな影響を与えました。
また、二度のお産を経る前と、経た後では、僕のファシリテーションに大きな変化がありました。やはり、お産を経るということは、人類にとって大きな学びなんだろうと思います。
お産の現場に関わる人と、ファシリテーションを深める。そんな夢のような一日を、僕は心待ちにしています。

○こんなことを共有できたらと思います

・お産とファシリテーションの関わり/そもそもファシリテーションとは?/ソクラテスの産婆法/お産を迎えるうえで、大切にしたいことは何か?/ファシリテーション実習/私を産み、育ててくれたものは何か?/今、お産の世界で何がおきているのか?

●青木将幸 プロフィール
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。95年よりNPO向けの組織運営トレーニングの開発とファシリテーションに関わる。企画会社ワークショップ・ミューで修行期を過ごした後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。
サイト http://www.aokiworks.net/index.html
2015年現在、
青木将幸ファシリテーター事務所 代表
NPO法人 淡路島アートセンター 副理事長
NPO法人iPledge  理事 などをつとめている

●著書/連載
『市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門』(ハンズオン埼玉) 
『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版) 
『NGO運営の基礎知識 市民活動のための実践ガイドブック』(アルク) 共著
東京ボランティア・市民活動センターの月刊誌『ネットワーク』にて「こんな会議を見た!」を連載中
 http://tvac.or.jp/nw/

●青木将幸が登場する本/インタビュー/動画

『みどるな会議進行 ミーティング・ファシリテーター 青木将幸さんの話』 聞き手・西村佳哲 2013
『かかわり方のまなび方』(筑摩書房) 著・西村佳哲 2011
『環境と、なにか2011 会議のデザイン、対話のデザイン』 北海道大学環境科学院公開レクチャー 2011.9.16
『ねねね、ネオニコチノイドってなあに? ミツバチからのメッセージ』 アドボカシーカフェ 2012.3.17

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(205 件のレビュー)

助産に活かすお手当て講座 

1月19日の講座会場について。
最初6日に稲毛公民館と連絡をいただき、その後16日に会場変更のお知らせをいただき、そこには千葉Umiのいえとなっていたのに、18日21時30分頃に横浜U miのいえになったと電話連絡で知りました。16日の会場変更のお知らせは千葉ではなく、横浜の間違いだったのかなぁ〜と思ってます。前日に千葉から横浜に再々変更があったのでしょうか?
あこがれのまきこさんからの電話で確認されたので、直接お話出来たことに幸せ感じてますが、会場変更のお知らせには疑問が残ったままです。


助産に活かすお手当て講座 

講座に参加して、こんなに学びと満足感たっぷりの講座があるなんて!という思いです。現場ではまだまだ未熟ですが、未熟だからこそ「手当て」の本質を教えて頂けた気がして心から感謝しています。これは参加して実感するのが一番です。百聞は一体験にしかず、です。


はじめての抱っこ・おんぶクラス

とても暖かな雰囲気で、でもしっかりと抱っこやおんぶの悩みが解消されるよい時間が過ごせました。
眠っていたスリングや憧れだった兵児帯も練習して親子が気持ちよい抱っこやおんぶが出来るようにしていきたいです。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

第4回おんぶシンポジウム「いのちをつむぐ おんぶ ~心と身体と防災~ 」

第4回おんぶシンポジウム「いのちをつむぐ おんぶ ~心と身体と防災~ 」

今年も開催決定!! よこはま夢ファンド企画 第4回おんぶシンポジウム「いのちをつむぐ おんぶ ~心と身体と防災~ 」 街中では抱っこの姿が溢れていますが、 日本人は昔の昔から、おんぶで子育てをしてきました。 子供を自分の身体の中心の高い位置で背負ってきました。 おんぶひもや兵児帯など、布一...
予約受付中
色とりどり ハンドメイドの会〜編みボールを作ろう〜

色とりどり ハンドメイドの会〜編みボールを作ろう〜

カラフルな色を自分の好きなように並べていくこと、 手先を動かしていくこと 手の中で素材にいのちをふきこんでいくこと そして、ポツリポツリと暮らしのおしゃべり、あれこれ・・ きっと癒しのひとときになりますよ。  羊毛ボール、ローズウインドウ、お手玉、モビール トランスパレントスターなど ハンド...
予約受付中
みんなの研究会 第1回テーマ「自分や家族の病気さんとのつきあい方」

みんなの研究会 第1回テーマ「自分や家族の病気さんとのつきあい方」

Umiのいえではおなじみ、写真家であり、家族会議のナビゲーターである江連麻紀。 2019年、彼女による「みんなの研究会」、はじまります。 北海道にある、べてるの家で彼女がみてきた当事者研究、ちょっと覗いてみませんか? 当事者研究に興味がある方、当事者研究って何?って方、テーマに興味がある方、な...
予約受付中