10/14 ファシリテーター講座「お産&産院運営に繋がるファシリテーション」

10/14 ファシリテーター講座「お産&産院運営に繋がるファシリテーション」

青木将幸さんのファシリテーション講座
「お産&産院運営に繋がるファシリテーション」第4回目開催決定!

ファシリテーターとは、会議や講座などの場の進行役。
一人一人が安全に安心してその場に参加できるよう、場づくりをします。
みんなの思い、意見やアイディアを平たく引き出し整頓し、可能性を見出していきます。

「相手の力や思いを引き出す、寄り添い、待つ」というところが、
お産を見守る助産師の心持ちに、とても似ていますね。 

お産の現場には、もっと本音の語り合いが必要だと感じています。
産院の改善に向けて話し合うこと、体験を本音を伝えあうこと、
愛をもって働くために、愛をもって産み育てるために、今何が必要なのかを生の声で交わすことがとても大切だと思います。良い場をもつことは、そこに参加する人たちのモチベーションを上げていきますし、継続の力や、勇気につながっていくことでしょう。 

「お産」をテーマにして、ファシリテーションの技法を探求してみませんか? 

産前の両親学級
産院でのチームの会議進行
講座やワークショップ
お産体験の集いなど

話し合い、学びあい、語り合いの場で、どのようにファシリテーションを活かしていけばよいかを、実際に体験しながら、シュミレーションしてみましょう 

講師はさまざまな分野のチームを見てこられたファシリテーター 青木 将幸さんです。
ご参加お待ちしてます!

(Umiのいえ 齋藤麻紀子) 

【日時】2016年10月14日(金)10:00~17:00
【参加費】10000円+税 (再受講費は6000円+税)
【参加対象】お産とその周辺に関わる方々 
【持ち物】交流に必要なもの 名刺や活動のチラシなど。お昼ごはんはUmiのいえでご用意しております。 

【青木さんよりメッセージ】
僕が一番はじめにファシリテーションというのを学んだころは「要は、産婆さんがやっていることと、おんなじだよ」と教わりました。「結論を産むのは、あなたではない。あなたは無事に産まれてくる状況をととのえるお手伝いをするんだ」と。それ以来、僕は助産師をはじめ、お産と関わる人と出会うたびに畏敬の念を持って接することになりました。
僕自身は男親なので、よくわからないことが多くあるのですが、お産とファシリテーションには、実にたくさんの共通点があるように思います。我が家がお世話になった助産師は、お産を迎えるまでに、実にたくさんの生活そのものへのアドバイスをして下さり、それは僕たちの暮らしに大きな影響を与えました。
また、二度のお産を経る前と、経た後では、僕のファシリテーションに大きな変化がありました。やはり、お産を経るということは、人類にとって大きな学びなんだろうと思います。
お産の現場に関わる人と、ファシリテーションを深める。そんな夢のような一日を、僕は心待ちにしています。

○こんなことを共有できたらと思います

・お産とファシリテーションの関わり/そもそもファシリテーションとは?/ソクラテスの産婆法/お産を迎えるうえで、大切にしたいことは何か?/ファシリテーション実習/私を産み、育ててくれたものは何か?/今、お産の世界で何がおきているのか?

●青木将幸 プロフィール
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。95年よりNPO向けの組織運営トレーニングの開発とファシリテーションに関わる。企画会社ワークショップ・ミューで修行期を過ごした後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。
サイト http://www.aokiworks.net/index.html
2015年現在、
青木将幸ファシリテーター事務所 代表
NPO法人 淡路島アートセンター 副理事長
NPO法人iPledge  理事 などをつとめている

●著書/連載
『市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門』(ハンズオン埼玉) 
『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版) 
『NGO運営の基礎知識 市民活動のための実践ガイドブック』(アルク) 共著
東京ボランティア・市民活動センターの月刊誌『ネットワーク』にて「こんな会議を見た!」を連載中
 http://tvac.or.jp/nw/

●青木将幸が登場する本/インタビュー/動画

『みどるな会議進行 ミーティング・ファシリテーター 青木将幸さんの話』 聞き手・西村佳哲 2013
『かかわり方のまなび方』(筑摩書房) 著・西村佳哲 2011
『環境と、なにか2011 会議のデザイン、対話のデザイン』 北海道大学環境科学院公開レクチャー 2011.9.16
『ねねね、ネオニコチノイドってなあに? ミツバチからのメッセージ』 アドボカシーカフェ 2012.3.17

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(7 件のレビュー)

8/27 助産師さんに贈る<寄り添いを深める心配りとマナー講座>

助産師のマナー講座ということでしたが、まずは社会人として身に付けておくべきことを、あらためて学ぶことが出来ました。参加者6人という少人数だったので、講師の先生や参加者と距離が近く、和やかに授業が進められました。合間合間に参加者それぞれの話しや思いを聞くこともでき、自身のことを振り返りながら、新しい気づきも出来ました。
今回Umiのいえさんには初めてお邪魔しましたが、全体的に流れる暖かい雰囲気にホッとし、また主催者の麻紀子さんはじめスタッフの方々のお気遣いも嬉しかったです。美味しいお食事もありがとうございました。また機会がありましたら、参加させて頂きたいと思います。


お産の振り返りと子育てを想う会 

自分の出産について胸に詰まっていたことを話す場があって助かりました。


ふんわりすくすく赤ちゃん講座~赤ちゃんを育てる毎日に役立ついろいろなことのお話~

参加しているママ達への心配りが、先生の言葉から沢山伝わってきました。講座後もスタッフの方々と一緒にそれぞれの「質問」に丁寧に対応して下さり、参加して良かった…と思いながら帰宅しました。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

助産師さんの合宿 [癒しの助産塾]より名を改め[気づきの助産塾] これまで北から南まで各地で開催し、今回で15回目となりました。 秋田での開催は初となります。 体と心を解きほぐしながら聴き語り合い、助産を探求する2日間。 お産に携わる人として自問自答したり、傷を癒したり、 ...
予約受付中
善方裕美さんのお産トーク「お産はヒトがリアリティを体現できる最後の砦」

善方裕美さんのお産トーク「お産はヒトがリアリティを体現できる最後の砦」

「待つお産」 「会陰切開は必要なときだけ」 「赤ちゃんとお母さんは離さずに」をモットーに、 女性に寄り添うお産を、助産師さんたちと共にデザインしていらっしゃる善方裕美先生。 赤ちゃんを受け入れ、試練を乗り越えた時の、美しく神々しいほどの女性たち・・・ お産で花開く人の可能性を、日...
予約受付中