10/26 篠先生の「自分と子どもの育ちを楽しむ会」シュタイナーの気質のお話

10/26 篠先生の「自分と子どもの育ちを楽しむ会」シュタイナーの気質のお話

テーマは「気質のお話」

ドイツの思想家ルドルフ・シュタイナーは、
教育、農業や宇宙、あらゆることを貫く法則について
さまざまな論考を著書に残しています。

その中に「四つの気質論」というものがあります。
 ・胆汁質 (政治家タイプ)
 ・多血質 (おちょうしものタイプ)
 ・粘液質 (おっとりさんタイプ)
 ・憂鬱質 (学者、芸術家タイプ)
の4つの傾向がある というものです(詳しくは篠先生の冊子をご覧くださいね)

「なんであんなことをするの?」
「どうしてそう思うの?」
「どうして分からないの?」
「どうして分かってくれないの?」

他人に対してそう思ったことが誰しもあると思います。
この4つの気質のどれが一番強く表れているかで
自分の周囲の世界をどのように感じ、受け取るかが全く違ってくるのです。

気質が違うと、こんなにも世界の見え方捉え方が違う というのを理解できると
人との関わり方がずいぶん楽になります。
そして自分自身の扱い方も。
自分と他人を受け入れられるようになるための講座、ともいえます。
お互い安心できるコミュニケーションにつながりますよ。

また、ご参加の方ひとりずつ、質疑応答タイムもあり。
子育ての疑問、不安、何でも聞いてみてくださいね。

日時:2017年10月26日(木)10:30〜12:30
参加費:2160円(内税)

★講師プロフィール★
篠秀夫(しの ひでお)
・親子遊び研究家/ 表現共育家
・「しょうなん育自の会」、茅ヶ崎「賢治の楽校」、アートスペース「ネネムの森」、親子遊びの「ポランの広場」主宰
・著書「子ども発見-子育てと自分育て」(日本文学館)http://www.amazon.co.jp/dp/4776535793
ブログ:「森へ行こう」http://plaza.rakuten.co.jp/moriheikou/  毎日更新!

1951年生まれ。上智大学物理学科卒、物理教育専攻。2男2女の父。
1990年代以降、地域の公民館、地区センターで親子遊びや造形ワークショップ、からだ遊びワークショップを主宰。
お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会も行っている。

ーー先生のブログよりーーー

勘違いしないで下さい。
この世界には「理想の子育て」なんて存在しません。
むしろ、「理想の子育て」に囚われると子どもは育たなくなり
お母さんは苦しくなり
夫婦関係はこじれていきます。

大切なことは
毎日子どもと楽しく生活していくこと。
夫婦が信頼関係で結ばれること。
そうすれば子どもは勝手に育っていくのです。

* * *

<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。

* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

予約日時を選ぶ

2017年10月26日 (木)

レビュー

4.9(50 件のレビュー)

10/10 おっぱいの日イベント秋バージョン ~ユニセフ世界母乳育児週間にちなんで~ 

心地よい空間でした
子供を産んだ女性として、おっぱいをあげている女性として認められて包んでもらったようなそんな時間が過ごせました
スタッフの皆さんが暖かく声をかけてくださり、酵素玄米ご飯とポタージュスープ、パンも心と身体にしみわたりました
まきこさんのお話もじんわり心が暖かくなって、少しウルウルしてしまいました
powerチャージできました
ありがとうございました

もーハウスの授乳服をたっぷり購入できてhappyな気持ちになりました
パン屋さんで買ったもちもちパンで、離乳食を作りたいと思います
イベント参加後も楽しみでワクワクしています


父ちゃん保育士 のぶさんの「家族で考える 子どもを真ん中にした保育園・幼稚園選び」

保育園の見学はほぼ終わっている状態でお話を聞かせていただきました。この園は良いな、この園はちょっとイマイチだな、という「なんとなく」の感覚で希望園を考えていたので、「本当にこれでいいのかな...?」という気持ちがありました。お話を聞く中で、どうして良いと思ったのか、イマイチだと思ったのかが整理されてスッキリしました。
保育園の見学に行く前にこのお話を聞けていたら、見るポイントが違ったかなと思います。気になる園には追加で質問して、悔いの残らない保活をしたいと思います。


父ちゃん保育士 のぶさんの「家族で考える 子どもを真ん中にした保育園・幼稚園選び」

会場に入った途端、驚きました。数組の家族と講師、以上。このような対面形式でのやりとりは、講師の豊かな知識・経験・体験があればこそ成り立つと考えます。家族からのあらゆる質問への講師からの答えは丁寧であり「安心」も含んで届けていました。私としては講師の答えが「言い切る」表現の方が「安心」が届きやすいのではと、ふと感じた瞬間もありました。しかし、それは「子育てはこうあらねばならない」につながる危険な発言にも受け止められかねないことであり、自分自身も子育てに「ねばならない」が多くなればなるほど苦しくなることを実感してきました。今も子育て継続中の身。あらためて講師の深い受け止めに感謝するばかりです。
次回も楽しみにしています。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ