12/11 ファシリテーション講座 テーマ「会議のファシリテーション」

12/11 ファシリテーション講座 テーマ「会議のファシリテーション」

職場やグループををもっとよくしたい、古い体質をやめたい、新しい取り組みをしたい。
そう思っていても、なかなか言い出す勇気は出ない。
誰も賛同してくれないだろう、どうせ無理だろうと、はなっからあきらめて自分の意見をひっこめてしまいがち。
でも、本当にしたい仕事はなに? 
本音を語り合い、前向きにぐんぐん進んでいく会議をしてみませんか。
働く人も、受け取る人(消費者、患者などサービスやケアを受ける人)も、
もっとハッピーになるために、笑顔でわくわくするような、一人一人が尊重される会議ができたらいいですよね。

講師はさまざまな分野のチームを見てこられたファシリテーター 青木 将幸さんです。
ご参加お待ちしてます!
(Umiのいえ女将 齋藤麻紀子) 

<ミーティング・ファシリテーター青木将幸より>
組織やプロジェクトの変革には会議(ミーティング)はつきものです。
もしくは、それ以前に、深い対話(ダイアログ)の機会が必要な場合もあるでしょう。
でも会議をやっても、なかなか進まなかったり、だれかの意見が強すぎたり、
新しく参加した人が発言しにくかったりしませんか? 
同じことを繰り返しなんども議論したり、参加する意欲もなくしてしまうような会議だったりしませ
んか?
今回の企画では、メンバーひとり一人の参加を促し、個々人の発言や持っている力を引き出しながら、
組織やプロジェクトを変革し、前に進めていくような会を目指します。
そのために役立つのが「ファシリテーション」ではないかと。
参加する人々の意欲や、感情、持てる力を存分に発揮しあい、豊かな相互作用を生み出す場をつくるための、視点と技術
を共有できればと思います。 

●こんなことを、共有できたらと思います
よい会議とは?/ファシリテーションの基礎/会議をよくする秘訣/会議を始める前にできること/空間・場づくり
のポイント/議題の設定にひと工夫/会議の進行中にファシリテーターは何を見ているか? /どうやったら活発な発
言が出てくるか?/どのようにまとめ得るか?/ファシリテーション9つの力/会議をよくするイチオシ本の紹介/
僕はこんな道具を使っています ほか集った皆さんの関心をもとに流れをつくるので細かなプログラムは未定。

●青木将幸 プロフィール
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。95年よりNPO向けの組織運営トレーニングの開発とファシリテーションに関わる。企画会社ワークショップ・ミューで修行期を過ごした後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。

2016年現在、
青木将幸ファシリテーター事務所 代表
NPO法人 淡路島アートセンター 理事長
NPO法人iPledge  理事 などをつとめている

●著書

『市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門』(ハンズオン!埼玉) 
『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版) 
『マーキーのこんな会議を見た! やってみようファシリテーション』(東京ボランティア・市民活動センター)

【日時】2017年12月11日(月)10:00~17:00
【会場】Umiのいえ 
【定員】14名

【対象】
・職場、自分が関わる団体を、よりよくしたいと思う人

【参加費】10,000円+税
    *当日集金です *3日前よりキャンセル料が30%かかります。

【参加対象】語り合いの場を企画運営されているかた、またこれから持ちたい方 

【持ち物】交流に必要なもの 名刺や活動のチラシなど 

*お昼ごはんはUmiのいえでご用意しております。 
*遠方の方で宿泊希望の方はご相談ください。

予約日時を選ぶ

2017年12月11日 (月)

レビュー

4.9(50 件のレビュー)

10/10 おっぱいの日イベント秋バージョン ~ユニセフ世界母乳育児週間にちなんで~ 

心地よい空間でした
子供を産んだ女性として、おっぱいをあげている女性として認められて包んでもらったようなそんな時間が過ごせました
スタッフの皆さんが暖かく声をかけてくださり、酵素玄米ご飯とポタージュスープ、パンも心と身体にしみわたりました
まきこさんのお話もじんわり心が暖かくなって、少しウルウルしてしまいました
powerチャージできました
ありがとうございました

もーハウスの授乳服をたっぷり購入できてhappyな気持ちになりました
パン屋さんで買ったもちもちパンで、離乳食を作りたいと思います
イベント参加後も楽しみでワクワクしています


父ちゃん保育士 のぶさんの「家族で考える 子どもを真ん中にした保育園・幼稚園選び」

保育園の見学はほぼ終わっている状態でお話を聞かせていただきました。この園は良いな、この園はちょっとイマイチだな、という「なんとなく」の感覚で希望園を考えていたので、「本当にこれでいいのかな...?」という気持ちがありました。お話を聞く中で、どうして良いと思ったのか、イマイチだと思ったのかが整理されてスッキリしました。
保育園の見学に行く前にこのお話を聞けていたら、見るポイントが違ったかなと思います。気になる園には追加で質問して、悔いの残らない保活をしたいと思います。


父ちゃん保育士 のぶさんの「家族で考える 子どもを真ん中にした保育園・幼稚園選び」

会場に入った途端、驚きました。数組の家族と講師、以上。このような対面形式でのやりとりは、講師の豊かな知識・経験・体験があればこそ成り立つと考えます。家族からのあらゆる質問への講師からの答えは丁寧であり「安心」も含んで届けていました。私としては講師の答えが「言い切る」表現の方が「安心」が届きやすいのではと、ふと感じた瞬間もありました。しかし、それは「子育てはこうあらねばならない」につながる危険な発言にも受け止められかねないことであり、自分自身も子育てに「ねばならない」が多くなればなるほど苦しくなることを実感してきました。今も子育て継続中の身。あらためて講師の深い受け止めに感謝するばかりです。
次回も楽しみにしています。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ