8/27「性差の境界」 おとこ♂とおんな♀、どこにちがいがあるのだろう? @きくちさかえさんのジェンダー講座

8/27「性差の境界」 おとこ♂とおんな♀、どこにちがいがあるのだろう? @きくちさかえさんのジェンダー講座

男性と女性の違いはどこにあるのでしょうか。
これまで「性」の境界を示す生物学的なポイントは、産む性/産ませる性とされてきました。

子どもを産むことのできる身体を持つことが、「女性」という性に分類される根拠になっていましたが、子どもを産まない女性、子どもを持たない男性は多くなっています。

男性は外で仕事、女性は子どもを産んで育児というステレオタイプも、近代家族のひとつの「役割」に過ぎません。

出産に関わる領域では、「産む」身体を対象としているために、これまで「女性」「男性」の性差について考えることをしてきませんでした。胎児のときから「女」か「男」かに分類される「性」を根拠に、大人たちは子どもに「らしさ」を伝えていますが、成長する段階でその「性」に違和感を覚える人もいます。

好きになる対象が異性であることも、けしてあたりまえのことではありません。
同性への愛や、性愛のバーチャル化、性愛への欲望の希薄化などが言われている今、セクシュアリティのあり方は多様になっています。

さまざまな人々が存在する社会の中で、民族や宗教と同じように性差を越えて互いに尊重し合うことが求められています。でも、当事者ではない人は、多様なセクシュアリティを語る「ことば」を持ち合わせていません。
どのような「ことば」を使えばいいのか、戸惑いもあります。

「ジェンダー(性差)」の視点から、LGBT+QIAなど多様なセクシュアリティや、産む身体、性差の境界、家族、人権、環境などについて考えていきたいと思います。

【日時】8月27日(土)13:30~16:00 (16時半までフリータイム) 
【参加費】3500円+税

【講師】菊地 栄(きくちさかえ)
立教大学兼任講師。出産育児環境研究会代表。社会デザイン学博士。クリエイター。 当事者の立場から27年間に渡り、マタニティクラス、マタニティYOGAクラスを主宰し、妊婦や産後の母子を対象に子育て支援を行ってきた。REBORN、babycom、「いいお産の日」立ち上げスタッフ。48歳で大学院に進学し、出産・子育て支援を研究。元法務大臣政策秘書を経て、現在は長野県八ヶ岳山麓在住。
http://kikuchisakae.seesaa.net/

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

5.0(3 件のレビュー)

ヘナトリートメントの会 ~髪染め&デトックスセラピー

ヘナを頭につけてもらっている時から既に心地よく眠くなってきてデトックスされてるな〜と感じました。
今回が2回目のヘナでしたが一度目よりツルツルサラサラになり、回数を重ねる毎に髪の毛が蘇ると実感しました。続けていきたいです!


森のおそうじ学校~地球と自分にやさしいおそうじ~

製品への信頼をして使う事ができました。
早速自宅でも使っています。

知れば知るほど人に教えたくなりますが、こういう製品への抵抗があるのも今までの私や、今回教わった事を旦那さんに披露してマルチ商法のような受けとめられ方をした事を含めて世の中の商業主義の一端ですね。

水を大切にしながら有効活用していきます!


ヘナトリートメントの会 ~髪染め&デトックスセラピー

はじめてのヘナとよもぎ蒸しを体験しました!
ヘナを塗ってもらってる時も気持ちよかったけど、終わって自宅へ帰るときに、施術後で体はだるいのに、足取りが軽くなるのを感じました。気持ちが軽くなったというのかな。駅の階段を軽快に降りてるなと感じました(笑)心地よい時間をありがとうございました♪


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る