11/4 第10回 助産師さんに贈る<寄り添いを深める心配りとマナー講座>

11/4 第10回 助産師さんに贈る<寄り添いを深める心配りとマナー講座>

普段なにげなくしていることって、これでいいのかな?
と、これまで、若手の方からベテランの方までご参加いただきました。
妊産婦さんや患者さんのマナーについてもディスカッションを重ねてきました。 

思いやりを形にすることがマナーですね。
援助を行うときの心構えや、周産期にある方やその周りの家族への配慮などが考えられるよう、五感を磨きあいたいものです。

助産師さんの温かい言葉がけや態度に接することにより
その後の育児や社会生活が穏やかに運び、社会全体において
人が人に優しくできる環境作りのお手伝いができるのではないでしょうか。

お母さんの目線で、助産師としての自分を見つめる講座です。
お迎えする心、送り出す心、寄り添う姿勢について、
また一般的なマナーについても学び、姿勢を整えてまいりましょう。 

少人数でわきわいあいと行います。 

<内容>
・第一印象をよくするために(表情・姿勢・身だしなみ・挨拶)
・言葉遣い(敬語)
・電話応対
・席次のルール
・コミュニケーションの取り方
・職場内でのマナー
・忠告の受け方・忠告の仕方
・クレーム対応
・なぜ助産師にマナーが必要か
・求められる助産師像
・お母さんとの距離の取り方
・助産師としての立ち居振る舞い
・言葉遣い(敬語の崩し方)
・外来でのマナー
・病棟でのマナー
・個人情報の保護
・出産前後のお母さんへの心遣い
・ご家族への気配り
・家庭訪問でのマナー
・心を伝える所作 
など

<主催 齋藤麻紀子より>

産科とは、医療と人間教育の場だと、つくづく思います。
対話で心がほぐれ、ふれあいで心が育ち、愛が引き出されていきます。
人として丁寧に対応していただくことは、愛そのものです。
助産師さんにしてもらったことを、赤ちゃんに、そして家族に、次にお産する女性に、つながっていくものだと思います。

講師の古賀敦子さんは、1990年代から「自宅出産ねっとわーく」「大阪母乳の会」「いいお産の日」イベントなどで、地域の医師・助産師と連携し長年活動をしてこられた方です 。
医療者のご事情に耳をかたむけつつ、ケアを受ける側として、お産の環境について探求されてこられました。 
心の通うケア、人として大切にされるケアを目指す若い助産師の皆様に、ぜひマナーや常識を学んでいただきたいと思います。 

病院研修ではなく、ぜひ一個人としてチャレンジしてみることをおすすめします。
出していただいたお金では、身につきません。
自分を高めるために自己投資をおすすめします。
ここで学んだマナーはきっとあなたの財産になります。

【講師】古賀敦子(こが あつこ)
イメージアップコーディネーター 
大学卒業後、株式会社資生堂本社にて受付・秘書として勤務。
退職後、小学校の教員を経て、TBSキャスターとして活動。
その後ビジネスマナーと一般マナーを学び、企業・病院・大学などでの研修や講義に携わる。2010年4月イメージアップアカデミー芦屋を設立 

【日時】第10回 11月4日(土)10:00~17:30 
  
【対象】助産師 または周産期におつとめの看護師

【持ち物】特にありません

【参加費】11880円(税込)事前振込み。振込完了をもって予約確定となりますので、お申込み後お早目にお振込みください。

【振込先】 ゆうちょ銀行 10990-24209461 トクヒ)ウミノイエ 

【キャンセル料】10月29日以降のキャンセルは4000円頂戴致します。

☆★★ これまでの参加者の感想

●相手のことを思いやることで、2つ3つのことを同時にやることが多い現場でどうカバーするのか、その工夫を考えることができました。

●電話の受け方については、器械を通して聞こえる声を聴き、言い回しの癖や、声のトーンから受ける印象が違う事を実感しました。名刺交換も、名刺いれからの取り出し方、交換時の挨拶の仕方、しまい方にいたるまで。家庭訪問の時の挨拶、上がり方、靴の脱ぎ方、揃え方、畳の部屋での座布団の座り方、迎える側のお客さまの靴の直しかた、見送りかたまで。会議室や食事会、タクシーや新幹線の席の順番、原則とシーン別にこう変わる場合もあること。
丁寧かつ的確な内容でした。
一緒に参加した方達とも深い話が出来たこと。おいしい手作りランチを、爽やかな風が吹くなかで頂けた事。とても有意義な時間でした。

●助産師としてだけではなく、社会の中でいきていく人として周りの方たちに心地よいものを感じてもらいながら生きていく事は、自分自身が幸せになることなのだと感じています。お母様方に頼りにされることで、支えられる方々も増えていく事は地域の母子保健においてよいことだと思います。今さら知らなかったことも沢山学びました。自分の声を聴くこともないので、、どのような口調で話ていいるのかわかり、留意するポイントがわかったことは大きな収穫でした。

●大先輩方々と一緒に参加させて頂きました。
自分に余裕がないと妊産褥婦さんの立場に立つことができないときがあるので、立ち止まって基本に戻ること、心配りできるようになりたいです。頼りになる助産師になりたいです。

●普段なにげなく使っている言葉が間違っていたり、半信半疑だったことが明確になって、
あっという間に時間がすぎました。
これからもこの講座に参加していきたいです。
若い方にもすすめたいです。

●人に与える印象は自分の意識でどうにでも変えられるんだなと思った。
助産師として寄り添い、相手を思ってやってきたことが、間違いではなかったと感じた。
もう一度自分自身を見つめ直して行動言動をあらためようと思いました。
先輩方の話を聴くことができたのも、よかったです。

●助産師としてという前に
社会人としてのマナーの再確認ができました。
また日々の言動を振り返る機会にもなりました。
助産師歴も長くなってきましたが、日々の業務に流されてマナーも疎かになっていたと思います。
自分ならどう対応されたいか、相手を思いを察することを、改めて意識し行動していきたいと思います。

●もっともっとマナーについて知りたいと思いました。
古賀先生が本当に丁寧に対話してくださり
心を開きやすかったです。
また、受講者に、大ベテランの助産師さんもいて、参加された方々のお話しも刺激になりました。 

●大先輩に囲まれドキドキしましたが、マナー接遇の面からたくさんの経験を伺うことができ貴重な時間になりました。
今日学んだことを活かし、すてきな出産子育ての支援ができるといいなと思います。

●深くて広くてたくさん考えました。
参加してよかったです。内容が濃かったです。

●講師の古賀さんは 
 ・助産師の仕事を知っている
 ・自宅出産を知っている
 ・自然なお産を知っている方で、
その上でのマナー講義は、話しがリアルで具体的でおもしろかったです。

●初対面からの人間関係の築き方や立ち振る舞いや声掛けかた、姿勢など、一つ一つ振り返りとまた学びになりました。敬語・・・やはり苦手なのでこれを機に気を付けていきたいです。産科領域のマナーについてたくさん学ぶことができたので今後に生かしていきたいと思います。 

●日頃の戸惑いが少しずつ解消されました。今回の学びは自分のものだけにするのはとてももったいないので、職場にも伝達していけたらと思います。自分自身の気づいていない癖も気にかけていこうと思います。心地よい環境をめざします。

●参加者の皆さんと交流できて共感することがたくさんあり、力をもらいました。今まで医療者にはマナーが足りないなあ感じることが多く、どこで学んでいくと良いのかが困っていましたが、少しずつ今日の学びを活かして助産師として、教員として人として魅力ある人になりたいと思います。型をわかっていなければ、型をくずしてでも相手を尊重して関わることは難しいと思います。そのことを意識してやっていきたいです。

●医療現場のみならず日常生活でも役立つマナーをいくつも学ぶことができました。また電話応対クレーム対応などありがちな場面の設定でも応対の方法や電話の実践もできてすぐにでも活用できるお話しばかりでした。 

●講座では人(自分自身も)と物を大切に想う心、極当たり前のことを、再確認できました。
もっとも大切な基本のマナーですね。そして言葉の使い方・・・全く出来ていませんね。電話の声も初めて聞いたのですが、自分の声のトーンや速さ、言葉の癖に気付く事ができました。

●当たり前のマナーが自分も含め多くの助産師の意識や行動に薄れてきていると感じていた。なぜマナーが大切かと日常の中で身に付ける方法を学ぶことができました。
敬語の訓練はやはりしつづけようと決意しました
今日学んだことで後輩や学生に自信をもって伝えます 

●マナーは相手のお思いやりなのだと思いました。今までの自分を振り返ると喜怒哀楽のまま終わっていましたが、そこから一歩踏み込んで考えればいろいろなことが見えてくるとわかり始めたところです。
その一歩を踏み出すところにマナー講座での約束で挙げられた6つの内容にヒントが隠されているのだと感じました
思い悩むことも多い自分には時々必要なものでもあるのhであないかと思いました。
意識をし行動に移さないと何も変わっていかないので今日学んだこと感じたことを実践していきたいと思いました。
今日はキラキラ輝いている先輩助産師の方々に出会えて刺激になりました。
私の仕事はひとりの女性の人生にも影響するものだと改めて感じたので自分自身も日々精進していく努力が必要だと感じました。

●今回のマナー講座を受けて、私は今まで中途半端にしていた接遇や言葉の使い方、相手への印象の与え方などすごく勉強することができてとてもよかったと思います。それと同時に今回集まった他の助産師さん方のお話を聞き、会話をして、単に“マナー”という部分だけでなくそのマナーひとつひとつが相手に与える印象、更にはその後のお互いの人間関係、ケアの充実感にまでつながる事を考えることができました。
先生が最初におっしゃった⑥番までの約束はこれからの人生にも生かしていける“教訓”と考えても過言ではないのではないかと思いました。
私自信、まだまだ未熟な部分があるので、そう簡単には行かないと思いますが、これからの助産師として人間としてたくさんの学びを得ながらポジティブに人生を生きていこうと思います。

●なんでもない時も笑顔で、イヤなことをしている時でも笑顔で、人から見られていることは多いものと教えていただき、気をつけよう!と思いました。気にかけて気をつけていけばいずれそれがクセになる。毎日ちょっとずつやってみようと思いました。Umiのいえでの学びは後になってからジワジワ自分に効いてくる事が多いように感じます。

●マナーは生き方そのものだということを実感しました。
一人で生きていない人間が社会の中でシンプルに生きていくための知恵をたくさん学びました。
ほんの少しの思いやりが相手の心を開き、自分の心もほぐし、キラキラした日常を過ごせることに気付きました。
 
●マナーの実際を知る中で、日頃違っていた所や、自分がされたら不快に感じるような言葉遣いや振る舞いをしていたのかもしれないという事に気付くことができました。

●相手を想いやる気持ちの大切さを改めて感じることができました。助産師もっと極めていきたいと思います。頑張ります。楽しみながら!!

●先生がずっと肯定的な傾聴をしてくださったことが、とても心がなごみました。こういう心構えが患者に対して必要なMWの態度なんだなと思います。医療者だからと言わせない!って大切だと思いました。やはり言葉遣いも含め会社勤めの人よりもマナーを知らないと感じますし、ホスピタルの常識が社会の常識ではないというともころでスタッフがわからなければととても思っています。

●話を聞きながら現場でどう伝えるか、どう変えるか、というのが沸いてきて楽しかった。基本の笑顔が思いやりでクレームが減る!ということも実現できそうなイメージにもつながった。

●現場から離れて2年がたつので、電話対応等忘れていることが多く、また間違って使っていたことも多くよい振り返りの場になりました。相手を思いやる気持ちを伝えるのがマナー。思いやるということは理解していたが伝えないと意味がないということに気付いていなかったです。

●電話対応実習で自分の声を録音できたので、客観的にチェックすることができた。スムーズでしっかりした敬語の使い方がわかって日頃からすぐ使えるよう覚えたいと思いました。

●挨拶するタイミングを逃してしまったことが多い。一瞬でも立ち止まって挨拶をするところからうまくご家族との関係が良好になっていく一つとなると思った。相手を思っていることを示すことがマナー。堅苦しくなく自然に出てくればいいなと思った。素晴らしい講座をありがとうございました。子どもを安心してあずけることができました。ありがとうございました。

●普段は敬語をきっちりと使って患者様とコミュニケーションをとってきましたが、硬すぎないかと少し不安がありました。
私の年齢からするとそれでよくて経験数やTPOに応じて変えていけばよいと言っていただいてすっと納得ができました。マナーの基本的なものを学べたことがよかったです。様々なところで働いていらしたり育児をされている皆様と関わることが出来たことも大きな収穫となりました。あとメイクの話は印象的でした。

●敬語の使い方で日本語の難しさを考えさせられました。古賀先生のぴしっとした姿勢と立ち姿、立ち居振る舞いのきびきびして優雅な感じに度々目を奪われました。職場でのマナーなどについては、医療者ならではの一般の方には理解できない独特の感覚とか考え方に改めて気付かされました。

●普段いかにマナーがなかったか、ということに、気付きました。身だしなみマナーが医療(病院)の基礎となっていること 人として生きていく上での基本となっていると学びました。

予約日時を選ぶ

2017年11月04日 (土)

レビュー

4.9(45 件のレビュー)

心の出産準備クラス〜マインドフルバーシング体験会

今まで瞑想は集中しなくちゃと思ったりしてかえって色々頭で考えたりしてしまっていましたが、今回参加して、上手くやろうとせず、今日の今の自分の状態を知ることができると言われ、そうかーと思いました。息をすること、食べることも意識を向ける時間を持ちたいと思いました。ありがとうございました。


秦さんの調理実習「塩糀料理あれこれ」

講座自体はとても勉強になりました。
塩麹のおいしくて健康的な活用ができそうで楽しみです。
塩麹が自分で作れることも嬉しいです。
ただ、umiのいえを初めて利用しましたが、4階まで階段を昇降するのは大変でした。
当方、子連れ妊婦なため負担が大きかったです。
ベビーカーは1階の玄関前に置いておくとのことですが、せめて、スロープがあったら…と思いました。
古い建物なのでやむを得ないと思いますが、意見として書かせていただきます。


自分でできるヘナデトックス講座

先月ヘナをやって頂いて、今度は自分でやろう!と思い参加しました。他の方の実践を見れてポイントがわかったりいろいろ質問出来て良かったです。ご一緒した方のお子様たちがかわいくてとても癒されました。今後もヘナを続けたいと思います♪ありがとうございました!

C120x120 5e15dc6d44返信コメント
2017/09/08

このたびは、ご受講いただきありがとうございました。また、レビューへの投稿もありがとうございます。
ヘナを気に入っていただき嬉しく存じます。
何かご不明なことなどありましたらいつでもご連絡くださいね。
今後ともよろしくお願いします。
澤村美保


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

保育士文恵さんの「覚えて帰ろう!わらべうた&何でも聞いちゃえの会」

保育士文恵さんの「覚えて帰ろう!わらべうた&何でも聞いちゃえの会」

生活の中で唄うとほっこりするわらべうた。 かぞえうたは、オムツ替え・くつはき・エプロンつけなどなど。 何かしてもらってる時に繰り返し繰り返し唄うと、ほんのちょっと待っててもらいたい時に役立ちますよ。 毎日の日常の小さな積み重ねが、子どもの時間の感覚や安心感を育てるのです♪ 日本人のDN...
予約受付中
12/11 ファシリテーション講座 テーマ「会議のファシリテーション」

12/11 ファシリテーション講座 テーマ「会議のファシリテーション」

職場やグループををもっとよくしたい、古い体質をやめたい、新しい取り組みをしたい。 そう思っていても、なかなか言い出す勇気は出ない。 誰も賛同してくれないだろう、どうせ無理だろうと、はなっからあきらめて自分の意見をひっこめてしまいがち。 でも、本当にしたい仕事はなに?  真実と希望を語り...
予約受付中
ふんわりすくすく赤ちゃん講座~赤ちゃんを育てる毎日に役立ついろいろなことのお話~

ふんわりすくすく赤ちゃん講座~赤ちゃんを育てる毎日に役立ついろいろなことのお話~

お母さんは赤ちゃんを産んだら、すぐ「お母さん」になれるかというとそれはなかなか難しい。 想いはあるのに上手くいかないおっぱいやおむつ替え、抱っこも何だかぎこちない。 特に、最近は自分の赤ちゃんが 「初めて触れる赤ちゃん」ということも珍しくない。 上手く抱っこができない→赤ちゃんが泣...
予約受付中