和のヨーガ 

和のヨーガは自分自身を大切にする時間です。

子どもや仕事にイライラしたり、家族と理解しあうことが難しかったり、無意識な緊張とストレスが積もって
身体はいつのまにかコリコリになりますよね。
息が浅くなっていませんか?
眠りが浅くなっていませんか?

和のヨーガは、自分の身体に触れ(ソロワーク)、次に相手に触れる(ペアワーク)手当を通じ、
心身を緩めていきます。
緩んでほぐれれば、血色も、ほっこり笑顔ももどります。

心も体も、自分でメンテナンスしていきましょう。 
そして、家族をいっぱい労わり愛しましょ! 

ソロワークは「単身でいらっしゃる方」と「子連れでいらっしゃる方」と合同で進行します。
ペアワークのときは、分かれて行います。

★ガンダーリ松本先生よりメッセージ ---------

私たちは自分で自分の心の問題も身体の問題も治癒していく力が備わっています。
左右のバランスの差をなくし骨格筋を整えて、リンパ、血液、気の流れが好くなれば何処にも病は付かないといわれています。

経絡の流れを整えること、筋肉の緊張を取ること、日本古来の身体の手当て方は当たり前のことを当たり前のように行います。

だから、本来持っている治癒力が自然に働き出してくるのです。
私達の身体はいつも良い状態を一定に保とうとする働きが備わっています。

和(なごみ)のヨーガとは、ソロワークと、ペアワークからなっています。
ソロワークは、頭のてっぺんから足先まで、自分の脳と身体をつないでいきます。
一つ一つ、どこにどんなストレスがついているのか気づきながら解放していくセルフヒーリングです。
ペアワークは、自分では手の届かないところに手を当て、揺らしを入れてもらい更に深い身体の緊張とトラウマを解放していきます。

特徴は、受ける人は気持ちよく治癒力の高いレム睡眠状態になり、手当する人は沢山のエネルギーが降りてきて活性化していきます。
どちらも同時に癒される手当て法です。
終わった後は、アフタートークの時間

日本に伝わる手当て法の奥の深さや、日常の中で出来る身体の使い方から始まり、子育ての極意など質問にお答えする形で、お話しさせていただきます。

楽で楽しく家族みんなが幸せになり、そして周りにその幸せが広がっていくことを願っています♪

和みのヨーガは、日本人の智恵を集めた、『心身予防自然治癒整体法』のことです。
そのベースになっているものは、心理学、大脳生理学、東洋医学、日本古来の智恵
http://heart-village.net/wa/nagomi.html

自分で行う手当て法、二人で行う手当て法について 下記をご参照ください。
http://beauty.geocities.jp/wayoga7/tatemidashi.html

【日時】
10月27日(金)10:30~12:30
11月24日(金)10:30~12:30
12月15日(金)10:30~12:30

【持ち物】動きやすい服装
【参加費】 2000円+税    
【会場】Umiのいえ横浜サロン Tel 045-324-8737

【インストラクター】

ガンダーリ松本 
九州大学卒業後、来談者中心療法、アドラー心理学、トランスパーソナル心理学、東洋医学等を学び独自の自然治癒予防整体 和(なごみ)のヨーガを創始、日本を健康にするためにインストラクターの要請に尽力している。
また、即興劇を使ったカウンセリング「幸せ創造劇場」を行い、自分が人生の主人公でありプログラマーであることの認識を呼び覚ます活動をしている。
日本の企業を活性化する研修を行い、発想力・対人関係能力・問題解決能力アップに貢献している。
著書:
講談社+α新書『和風ヨーガ』
地湧社 「心とからだにきく 和みの手当て」
PHP 「かたくなったカラダをゆるめる 和みのヨーガ」
PHP 「心とカラダがキレイになる 和みのヨーガ」
PHP 「マタニティ 和みのヨーガ」

ディスカバー・トゥエンティワン 「すべてはあなたの心のままに」
和みのヨーガ研究所(小冊子)「和みの手当て法」、「和みの智恵」
★無料メルマガ『和みの遺伝子にスイッチを入れる』
メルマガ登録はこちらから
http://heart-village.net/wa/mailmag.html

予約日時を選ぶ

2017年10月27日 (金)

2017年11月24日 (金)

2017年12月15日 (金)

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(50 件のレビュー)

10/10 おっぱいの日イベント秋バージョン ~ユニセフ世界母乳育児週間にちなんで~ 

心地よい空間でした
子供を産んだ女性として、おっぱいをあげている女性として認められて包んでもらったようなそんな時間が過ごせました
スタッフの皆さんが暖かく声をかけてくださり、酵素玄米ご飯とポタージュスープ、パンも心と身体にしみわたりました
まきこさんのお話もじんわり心が暖かくなって、少しウルウルしてしまいました
powerチャージできました
ありがとうございました

もーハウスの授乳服をたっぷり購入できてhappyな気持ちになりました
パン屋さんで買ったもちもちパンで、離乳食を作りたいと思います
イベント参加後も楽しみでワクワクしています


父ちゃん保育士 のぶさんの「家族で考える 子どもを真ん中にした保育園・幼稚園選び」

保育園の見学はほぼ終わっている状態でお話を聞かせていただきました。この園は良いな、この園はちょっとイマイチだな、という「なんとなく」の感覚で希望園を考えていたので、「本当にこれでいいのかな...?」という気持ちがありました。お話を聞く中で、どうして良いと思ったのか、イマイチだと思ったのかが整理されてスッキリしました。
保育園の見学に行く前にこのお話を聞けていたら、見るポイントが違ったかなと思います。気になる園には追加で質問して、悔いの残らない保活をしたいと思います。


父ちゃん保育士 のぶさんの「家族で考える 子どもを真ん中にした保育園・幼稚園選び」

会場に入った途端、驚きました。数組の家族と講師、以上。このような対面形式でのやりとりは、講師の豊かな知識・経験・体験があればこそ成り立つと考えます。家族からのあらゆる質問への講師からの答えは丁寧であり「安心」も含んで届けていました。私としては講師の答えが「言い切る」表現の方が「安心」が届きやすいのではと、ふと感じた瞬間もありました。しかし、それは「子育てはこうあらねばならない」につながる危険な発言にも受け止められかねないことであり、自分自身も子育てに「ねばならない」が多くなればなるほど苦しくなることを実感してきました。今も子育て継続中の身。あらためて講師の深い受け止めに感謝するばかりです。
次回も楽しみにしています。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ