• 予約カレンダー
  • プロフィール

お母さんのための救急教室~冬編~

お母さんのための救急教室~冬編~

毎日寒い日が続いていますね。
こんな時期に気になるのが、インフルエンザや胃腸炎などの感染症。空気が乾燥しているので、喘息やクループなども悪化しがちです。

こどもの高熱…
繰り返す下痢や嘔吐…
夜も眠れないくらいの咳や苦しそうな呼吸…

心配で不安で仕方がない。
何とかしてあげたいけれど、なんにもできない。

どんな症状が出たら病院に行った方がいいの?どこまで酷くなったら救急車を呼べばいいの?
下痢や嘔吐の時の上手な処理法は?

救急救命士で一児の母でもある三浦 文江さんが
お家でできる感染症対策や、看病のコツについてお話してくださいます。

こどもを持つ母なら、知っていて損はないことばかり‼是非ご参加ください!

①「お家で出来る感染症対策のお話」
みなさんのご質問や経験談を伺いながら、
お母さんが日頃から気になっている、こどもが病気になったときの対処法についてお答えします。
また、119番通報はどのような流れで進むのでしょうか?
いざという時にも落ち着いてできるように、一連の流れを練習しておきましょう!

②「緊急時の抱っこ&おんぶ術」
布、紐、服、ロープ、カーテンなどを使って、急な避難時のおんぶと抱っこの方法をお伝えします。

【日時】2月2日(金) 10:30~12:00 

【参加費】1500円

【会場】Umiのいえ

◎子連れでご参加いただけます。

◎お時間ある方はランチをご持参ください。
みなさんでテーブルを囲みながら、講座の後の時間もお楽しみくださいね。

【講師】
・三浦文江
学生時代、ライフセービングクラブに所属し、金沢区にある横浜海の公園で、監視活動を実施。
学生生活最後の年に、死亡溺水事故を経験したことから、救急救命士になることを決意。
就職後、救急救命士として、救急隊勤務を経験し、社会人ライフセーバーとしても、海の公園で、活動を継続している。
2015年に第一子を出産し育休中。
2017年、NPO法人だっことおんぶの研究所認定 ベビーウェアリングコンシェルジュ取得

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

レビュー

4.9(166 件のレビュー)

ここちよい おんぶクラス

母に買ってもらったおんぶひもがいまいちだったようなのは悲しかったですが、やり方をしっかり教えていただけたのでおんぶするのが楽しみです♪


棒田さんの「絵本を暮らしと心に活かすコツ」

何冊も読んでいただいて、一緒に楽しんでいました。絵本を読み始めると、子供も大人もみんなの目が、心が、ひとつに向かう感じと、子供たちの自由な絵本との関わり方にみんなが暖かく待つ空気が、とても素敵でした。子供を通して、大人に響く。
絵本が好きなのは、始めから終わりまでお母さんが離れないのをわかっているから。というお話に、はっとさせられました。それなら、絵本の時はここにいると私も思えば、より濃い時間になるかなと思いました。ありがとうございました。


ここちよい おんぶクラス

以前、スリングでの抱っこ、兵児帯での抱っこを教わり、今回は兵児帯でのおんぶの仕方を教わりました。

初めは息子に泣かれてしまいましたが、サポートして頂きながら何度か挑戦すると、しばらくご機嫌でおんぶすることができました!

後追いの激しくなった息子と、おんぶをしながら心地よく過ごせたらいいなと思います。

ありがとうございました!


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る