8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

助産師さんの合宿 [癒しの助産塾]より名を改め[気づきの助産塾]
これまで北から南まで各地で開催し、今回で15回目となりました。
秋田での開催は初となります。

体と心を解きほぐしながら聴き語り合い、助産を探求する2日間。
お産に携わる人として自問自答したり、傷を癒したり、
志を思い出したり、インスピレーションが沸いたり、
ひとりひとりそれぞれの「今」必要なギフトがおとずれる合宿です。

女の生き方いろいろ 
助産の喜びと恐れ
失いたくないお産の風景
私が本当にしたい仕事とは・・・
自然に抱かれて、聴き、語り、感じあうひとときを、ご一緒にすごしませんか

会場は、小安峡温泉
皆瀬川上流の渓谷沿いにある温泉郷で、大自然の中にあります。
近くには、小安峡のシンボルである高さ60mの切り立った岸壁の間から蒸気が吹き上がる大噴湯を間近を歩くことが出来、地球のパワーを感じることができます。
また近くには有名な子宝神社があり、神社に置いてある枕を借りて、家に持ち帰り抱いて寝ると子宝に恵まれると言い伝えがあるそうです。
川沿いの渓谷は素晴らしい景色。みんなで散策もしてみましょう。
温泉の味わいは格別。
稲庭うどん、羽後牛、ジャージーソフトクリームや温泉プリンなど、食との出会いも楽しめそうです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日時】2017年8月25日26日(金土)
 8月25日13:00集合 13:30開始
 8月26日17:00解散 予定
   

【参加費】30000円 (受講費・宿泊・朝晩昼食事代含む。事前振込み。 )

【定員】18名

【対象】助産師・周産期に関わる方々

【会場】 秋田県湯沢市皆瀬字湯元100-1
小安峡温泉 湯の宿 元湯くらぶ http://www.motoyukurabu.jp/
交通案内 http://www.motoyukurabu.jp/map.html
電車・バスでご来場の方は、奥羽本線湯沢駅に12時に集合ください。
宿よりバスがお迎えがあります。

  
■■■講義テーマ&講師プロフィール■■■

 *プログラム順はただいま調整中です。
①菅原光子さん 「助産師魂カムバック」〜ミツコ助産師の生きてきた道活きる道〜
②菊地栄さん 「変わりゆく出産・持続可能な助産」「朝のマインドフルネス瞑想」
③三宅はつえさん 「助産師の仕事とは これからの視点と働き」 
④齋藤麻紀子(主催)「母と子と助産師の感応」「継続ケア・寄り添いの恩恵」
⑤お散歩 

 

●菅原光子さん(地元より)
「助産師魂カムバック」〜ミツコ助産師の生きてきた道活きる道〜

なんとなく!?助産師になった私が地域に根をはるなんて思わなかった!
20代半ば、なんとなくできる⁉️的な突っ張り助産師
30代、出産子育て経験で、ありゃー助産師って胸張っていきれないと目が覚めた
40代、施設の中で生き難く飛び出した
50代、まだまだまだまだ、やりたいことがある!助産師楽しいじゃん!って、思える毎日。
昔は産婆ねって言われるのが嫌だった。今は胸張って産婆なんです、私!お産とるだけでなくて、本当の産婆になろうよ!と強く叫びたい心のうちを皆さんでシェアしたいです!
<プロフィール>
22年間施設助産師から44で保健指導開業助産院イスキア開業。
おっぱいで育てたいというお母さんの支援を中心に数カ所大学で非常勤講師。
地域のママサークルや行政とも仲良く手を取り合って活動しています!

●三宅はつえさん (茨城県より)
テーマ「助産師の仕事とは これからの視点と働き」 

助産師の仕事は「半分魔女で半分科学者」というのが持論です。エビデンスに基づく助産も大切ですし、腰をさするその手は魔法の手であって欲しいものです。では、どうやったら魔女の修業ができるのか、そのへんをお伝えしたいと思います。また助産師として経験を積んでいく中で、これからの自分はどんな仕事をしていったらよいのかと道に迷ったような感覚になることもあるでしょう。そんな時の道しるべの見つけ方もお伝えしたいです。
助産師は妊娠出産というスポット的な事象への関わりだけでなく、 これから生まれてくる子供たちが育っていく未来を一緒につくりあげるトータルコーディネーターの役割もあります。「女性とその家族の人生の伴走者としての助産師」という幅広い仕事の内容を、共に考えてみませんか。

1.「魔女」と「科学者」のハーフを目指そう!
2.「開業」と「勤務」と「潜在」
3.魔女修行のあれこれ(手仕事の楽しみ)
4.テレビドラマ出産シーン監修の裏話
5.「電脳産婆」は今日もゆく(ネットワークの構築について)

<プロフィール>
もものみ助産院(出張開業助産師)看護師・勤務助産師の後、スペイン在住6年。
英国やオランダの出産事情を見分し、帰国後開業助産師となる。
行政の母子支援事業やテレビドラマの監修、
「産む人と医療者を結ぶネットワークREBORN」スタッフ、
大学や専門学校での講義など、活動は多岐にわたる。
元日本助産師会茨城県支部長 東京大学医学部非常勤講師 。

 

●菊地 栄さん(長野県より)

①テーマ「変わりゆく出産・持続可能な助産」
 時代とともに出産の様相は変化してきました。とりわけ生殖補助医療が台頭してきた今世紀になってからは、それまでは想像もできなかった、出産における生物学的な変化が起こってきています。出産の何が変わり、何が変わっていないのか。変容する出産に助産師はどう寄り添っていくのか。出産の変遷を近代から現代までたどりながら、助産師に今、求められて いることは何かを考えていきたいと思います。

②「朝のマインドフルネス瞑想」
 マインドフルネス瞑想は、気づきのメディテーションとも呼ばれ、今、ビジネスの世界でも注目されている瞑想法です。
ゆっくり歩き、呼吸へ意識を向けて「今、ここにある」自分を感じる散歩瞑想。頭をからっぽにして、ゆったり呼吸し、大自然に抱かれることで、ストレスフルな日常を忘れ、リフレッシュしていきます。

<プロフィール> 
立教大学兼任講師(ジェンダー、セクシュアリティ、リプロダクション)。
出産育児環境研究会代表。社会デザイン学博士。クリエイター。
当事者の立場から27年間に渡り、マタニティクラス、マタニティYOGAクラスを主宰し、妊婦や産後の母子を対象に子育て支援を行ってきた。
REBORN、babycom、「いいお産の日」立ち上げスタッフ。48歳で大学院に進学し、出産・子育て支援を研究。
元法務大臣政策秘書を経て、現在は長野県八ヶ岳山麓在住。
著書/「みんなのお産DVD」「マタニティヨーガBOOK」現代書館、「イブの出産、アダムの誕生」農文協、「うまれるいのち つながるいのち」実業之日本社ほか 共著/「産み育てと助産の歴史」医学書院

●齋藤麻紀子 ワークショップ ファシリテーター

グループワーク ①「継続ケア・寄り添いの恩恵」
  初めての冒険はなにがあるかわからないけど、
  寄り添い誘導してくれる人がそばにいれば、安心して冒険ができ、驚くほどの発見を得ます。
  母になる人が自律していく寄り添いとは。

グループワーク ②テーマ「母と子と助産師の感応」
  母と子は繋がっています。
  その様子をほんのり体感するワークをおこないます。
  お腹の赤ちゃんの心地よさ、助産師と産婦のフィーリング、
  寄り添いさする人の在りようと相手への影響など。

<プロフィール> 
齋藤麻紀子 (神奈川県より)
NPO法人Umiのいえ代表
出産・子育て支援活動/ファシリテーター
母親の立場で子育て支援活動23年。
産む人と医療者を結ぶネットワーク「REBORN」スタッフ(1995年~)
「赤ちゃんとママの集いTeaーParty」主宰(1997年~2008年)
どうする日本のお産ディスカッション大会実行委員長(2006年)
助産院での産前教室で母になる道のりと心得についてのクラスを担当
病院産科スタッフに向け研修会にて、ファシリテーションやアタッチメント・ケアを受ける女性の気持ちについて、ワークショップや講演を行う。
編著:『だから日本に助産婦さんが必要です』自費出版 
著書:『となりのミドワイフ』さいろ社 
これまでたくさんの助産師さんの喜びと苦しみをお聴きしてきました。
助産師の活躍こそが日本に愛をもたらす鍵と信じて、助産師向けの集いを企画しつつ、若手の人生相談にものりつつある今日この頃です。

予約日時を選ぶ

2017年08月25日 (金)

レビュー

4.9(30 件のレビュー)

10/14 連続講座【親になる】「不妊」「里親と養子縁組」「妊娠に悩む妊婦さんの支援」「バースマザーさんのお話会」

くつろぎモード満点のリラックス雰囲気に、初めて参加の緊張感もほぐれました。
内容についても、大学の講座のような深い内容でした。不妊治療についても、産婦人科医院開催の内容は、一点集中ですが、今回の内容は、女性を取り巻く社会環境全般的に触れてくれて、より親近感の持てる内容で、参加して良かったです。


「下げ妻から上げ妻へ〜家族が幸せになる女性の智慧〜」ガンダーリ松本先生のお話会

相手がどうこうではなく、全て自分自身の受け入れ方で世界が変わる事、感謝する事。
許すと言う意味がわかってきた気がします。また先生の声のトーンが身体を緩めてくれて心地よかったです。


保育士文恵さんの「夏だ!オムツ外れについて知ろう!~自己肯定感も育つオムツ外れ~ 」

個別に合った対応を教えていただき大変参考になりました。
親が焦って上手くいくことはない。と、ママの自己肯定感を高めることが、子供の自己肯定感にもつながるということが、心に残りました。
他の講座もぜひ聞きたいです。


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

9/9・10 うさとの服 展示&販売会 in Umiのいえ 

9/9・10 うさとの服 展示&販売会 in Umiのいえ 

うさとの服がやってきます。 一人の人が織り、裁断、縫製までを手がける一点もの。 大地の恵みを活かして染められ紡がれた糸は、着る人を優しく包みます。 身を保護する力があり、一度着たら手放せないとの声多数。 店舗や通販はなく、巡業販売です、ぜひこの機会に、お気に入りの大切な一着に出会っ...
予約受付中
8/19 生死学講座「生まれくる人・死にゆく人に寄り添うということ」

8/19 生死学講座「生まれくる人・死にゆく人に寄り添うということ」

いのちを迎えること、見送ること そこにある医療、社会、文化、 家族に刻まれるもの 生と死をとりまくもの 失いかけているものと 繋がっていることなど、 皆さんと共に語りあいたいと思います。 生死(しょうじ)学とは、誕生と死を同一の視野にいれ、二つの起点を通して「めぐるいのち...
予約受付中
麻や貝を使った夏のアクセサリー作り@有馬さんの手仕事お茶会

麻や貝を使った夏のアクセサリー作り@有馬さんの手仕事お茶会

手作り好き❣️ でも、うちにいるとなかなか時間が作れない。 手作りしてみたいけど、何を揃えてどんな風に作るかわからない。 そんな方いらっしゃいませんか? 作ったらすぐにつけられる夏のアクセサリーを作りませんか? 簡単なものから少し難しいものまであります。 用意した材料の中で...
予約受付中