• 予約カレンダー
  • プロフィール

5/15 森と海と手をまもる「洗剤学校」&がんこ本舗社長きむちんの学習会~"漂う"ように生き延びるコツ

5/15 森と海と手をまもる「洗剤学校」&がんこ本舗社長きむちんの学習会~"漂う"ように生き延びるコツ

お話くださるのは、ぶったまげるほど海に優しい洗剤、海を洗っちゃう洗剤を開発した、がんこ本舗社長 きむちん こと木村正宏さんです。
とっても、楽しくて、目からうろこが落ちるお話をしてくださる、とっても愉快な社長さんです。
ひょっとしたらその日のノリで、洗剤の話よりも、「生き方」や「愛」のお話がいっぱいかも。
(みんなに、会ってほしい!元気になるよ! ) 

私達は日々、食器を洗い、服を洗う。
でも、その落とした汚れが流れ着く先の環境は本当にキレイになるの?
台所も、洗濯機の排水溝は、川に海につながっている。
お皿がきれいになっても、海が汚れてしまうのはいやだよね 
なんとかならないかなあ・・・の思いを助けてくれるのが、
原油流出事故処理のテクノロジーから生まれた洗剤、
「海へ…」や「森と…」
ナチュラル系雑貨のお店、アウトドアショップ「パタゴニア」、
でも扱われている、その筋では超有名なエコ洗剤。
その洗剤を開発した道のりや、どんなふうに、汚れが分解されていくのかを実演でお話いただきます。

洗剤の販売促進企画?いえいえ、一味違います。

「汚れ」のメカニズムについて学ぶことができますが、
それだけじゃない!

プロ登山家として厳しい自然と対峙し、磨かれてきたもの、
きむちんの周りには、それはもう、とんでもなくスケールの大きな話や
不思議エピソードがいろいろ。
自分の視野をぐっと広げてくれる話がもりだくさんですよ!

【日時】2016年5月15日(日)
  ① 10:30~12:30 「森と海と手をまもる洗剤学校」
  ② 13:30~15:30 「きむちん学習会~ "漂う"ように生き延びるコツ」

【参加費】①も②も500円以上のお気持ちで。
【会場】:Umiのいえ
【講師】木村正宏 (愛称:きむちん)
有限会社がんこ本舗代表
最後の清流と呼ばれる四万十川の支流で、魚をつかまえて遊んだ子ども時代、そしてプロ登山家として(ヒマラヤにて日本人初登頂2回公式記録あり)、常に自然と密接な生活を続けるうち、山から川へ、海へ...と流れていく「水」が汚染されている現実を目の当たりにし、環境運動を本格的に始めるようになる。特に、心を痛めていたのが、家庭から流れる排水。「排水パイプは小さな海。我が家の排水がきれいになれば、海も変わる」という願いのもと、1999年、洗濯用洗剤「海へ・・・」を発売。 現在はNippon有数の作家やメーカーとコラボレーションするシリーズ「x(エックス)きむちん」のプロデュース方面でも活躍中。
がんこ本舗 ホームページ http://www.gankohompo.com/

<前回の様子、他> 
http://www.uminoie.org/2014/06/614_16.html
http://www.uminoie.org/2013/01/blog-post_20.html
http://www.uminoie.org/2013/04/blog-post_22.html

同日 午後13時半より
□■■□□■■□ きむちん学習会 "漂う"ように生き延びるコツ
    〜神職になったヒマラヤ登山家〜 生き延びてこそ笑顔 □■■□ □■■□ 

ご機嫌いかがですか?
木村"きむちん"正宏と申します。
わたしは、実はある会社の社長をしております。
社長に成りたかった訳ではなく、根っからの技術屋です。
技術は身を助けてくれますが、目的がないと挫折します。
目標は余り長続きしないので持ちません。
「海を綺麗にする」4500mの氷河の底から聞こえる水音を聞きながら誓ったことです‼︎
不思議なご縁がありまして、富士山をお守りする神職にもなりまして、
森と海を繋ぐことに取り組んでおります。
自然保護活動は、今年で40年目となります。
会社は24年目で、数え年で58歳になります。
そろそろ後進の育成をする時期です。
大したものは持ち合わせておりませんが、結果は、神さまから戴いたご褒美と思い、
生き延びる術(すべ)は全て皆さまにお教えしたく思います!
もっと笑顔を増やしたい方は、必ず増やせますから是非、お集まりください。
いろいろな実話や例え話や言語の意味などから
"漂う"ように生き延びるコツをお伝えします♬

平成28年(西暦2016年)の佳き日に

【日時】5月15日(日)13:30~15:30
【参加費】500円以上お気持ちで

予約日時を選ぶ

現在、予約することはできません。

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(149 件のレビュー)

麻紀子の円坐 語らいの会 

「話すと紐解けることがあります」
そのひとことに惹かれ、話したことのない・紐解けない
様々な思いを抱えUmiの家に向かいました。

運営してらっしゃる方々のわはは!とした笑顔や
思いを受け止めてくれるまっすぐな瞳や…
まるでずっと大好きで仲の良い親戚の姉ちゃん達に囲まれて
いるかのような安心感の中、今まで気付かなかった自分の心
の声を聞くことが出来ました。とても驚きました。

すぐにいっぱいいっぱいになってしまう心の中にも
まだまだ知らない苦しさや寂しさや喜びや感謝があるのだろうと
思うと、見えているのはほんの一部分なんだ。と
茫漠とした気持ちに… 風穴が開いたことは間違いありません。

この出会いと時間を設けてくださった麻紀子さんに感謝しています。
きょうこさんありがとう。またお会いできる日まで宿題頑張ります。
「わたしがわたしを喜ばせることってなんだろう!」


【8/5(日)開催】家族でおそうじワークショップ

海へ を使い始めてから洗濯槽のカビ汚れが出なくなりました。洗剤の効果を感じていたところでワークショップを見つけ、もっと勉強したい!と思い、申し込みました。
ほんの少しの水だけで汚れが落ちることに、本当に驚きました!今まで水圧で汚れが落ちていると思っていた自分が恥ずかしいです。
早速夕飯後はお皿の拭き取りをしてから片付けをしました。片付けも劇的に早くなり、子どもの歯磨き、お風呂、寝かしつけ〜と、かなりスムーズでした!
海へ をいろいろと応用できるということで早速、今後使わないだろう洗剤を二種類処分してスッキリしました。
またいろいろと教えてください。お話たっぷり、お土産たっぷりの大満足であっという間の2時間でした!ありがとうございました。


はじめての抱っこ・おんぶクラス

とても親切に教えてくれて、育児の相談も出来て、とっても良かったです!


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

暮らしを彩るアロマ講座  秋のママケア〜ハンドマッサージ〜

暮らしを彩るアロマ講座 秋のママケア〜ハンドマッサージ〜

秋のアロマセラピー講座のテーマは「ハンドマッサージ」です。 アロマセラピーの楽しみは色々ありますが マッサージは香りの心地よさ、タッチの優しさと柔らかさ。 それは特別のものだと思います 夏の疲れは実は秋になってから出てくるもの。肌も然り。 たくさん浴びた紫外線、たくさんかいた汗、それは子供...
予約受付中
9/9(日)スローな子育てピクニック〜どんぐりビレッジまちふくさんとどんぐり拾おう〜

9/9(日)スローな子育てピクニック〜どんぐりビレッジまちふくさんとどんぐり拾おう〜

スローな子育てお茶会 ピクニック編 みんなでどんぐりを拾おう スローな子育てお茶会~病気・しょうがい・個性とともに~は 何がしかの病気やしょうがい、発達障害の子を持つ母や、関わりのある人、知りたい人のためのお茶会です 毎月、NPO法人Umiのいえ@横浜で開催しています。 スローお茶会で年...
予約受付中
色とりどりのハンドメイドの会「こびとさんをつくろう」

色とりどりのハンドメイドの会「こびとさんをつくろう」

羊毛でカラフルかわいいかわいいこびとさん作ってみましょう。 シンプルだからこそ、作り手の個性が表れる、奥が深い手仕事です。 フェルティングニードルは使わず、手と石鹸水だけ。 ふわふわの羊毛をしっかり巻きつけ、手のひらでコロコロコロコロ。触覚を充分活用します。 色、大きさ、硬さ、お好みで作れ...
予約受付中
9/4<お産道場>「助産のオーガズム」ゲスト 助産師 信友智子さん  

9/4<お産道場>「助産のオーガズム」ゲスト 助産師 信友智子さん  

With Woman その意味の奥にたどり着いたとき、 助産師のオーガズムが花開く。 お産道場はこれからの日本のお産について、また自分の役割について語りあう夜の集いです。 今回のゲストは、福岡県 春日助産院 秋月養生処 院長 信友智子さんです。 智子さんの、 アーティスティックな助産哲...
予約受付中
9/5「現代のマザーテレサ」ロビン・リム氏講演会

9/5「現代のマザーテレサ」ロビン・リム氏講演会

「愛」に生きる。 そうでなければ、何のために生きるのでしょう? というロビンさんの問いかけを、胸に刻みたい。 日本のお産は極めて周産期死亡率が低い。それは素晴らしく誇らしいことであり、大変ありがたいことです。 でも、産む人も、助ける人も、安心しているでしょうか? 愛は満ちているでしょうか...
予約受付中