江連麻紀のカメラ教室

江連麻紀のカメラ教室

カメラの基本の使い方と
子どもの撮影のコツ
五感を使って写真を撮ることをお伝えします。

写真は関係性の芸術です。
被写体と関係性を築き、受け取ることによって
自分の感覚を知り、向き合うことにつながります。

表現をするという快楽を感じてみませんか?

ご自身のカメラを使って実際に子どもや大人を撮影してみましょう。

【内容】カメラの基本、子どもをかわいく撮るコツ
・カメラの違いで何が違うの?
・露出って何?
・カメラの設定ってどうしたらいいの?
・感覚で撮影する
・かわいい表情を撮影するコツ

【日時】
10月26日(木) 午前の部 10:30~12:30/ 午後の部13:30~15:30
11月30日(木) 午前の部 10:30~12:30/ 午後の部13:30~15:30

【参加料】2,160円
【持ち物】お手持ちのカメラ、あればカメラの説明書、携帯電話のカメラ以外ならOK

【講師】江連麻紀(えづれまき)
写真家で9歳と1歳の2児の母。東京写真学園を卒業後、2010年よりフリーカメラマンとしてマタニティ、出産、ベビー、家族写真や、雑誌・広告等で活動中。現在までに2,000人以上の子どもたちを撮影。
2014年〜休刊まで朝日新聞出版の「AERA with Baby」巻頭フォトエッセイで連載。写真掲載「キャノンEOS KissX8iで毎日がもっと楽しくなる子育てカメラBOOK」(朝日新聞出版)写真集「SMILEフォトグラファーが大事にしている194のことば」(雷鳥社)「115Handmade Stories」(雷鳥社)「犬サプリ」(雷鳥社)Re:ベリーオーディナリーピープル 2015 [DVD] (星屑倶楽部/中島映像教材出版)

金額 2,160 円

予約日時を選ぶ

2017年10月26日 (木)

2017年11月30日 (木)

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4F

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461415%2c139

レビュー

4.9(39 件のレビュー)

8/19 生死学講座「生まれくる人・死にゆく人に寄り添うということ」

初めて生死学講座に参加させていただきました。菊池さん笹木さん石川さんのお話はどれも素晴らしくて、正直もっと沢山聞きたいと思いました。涙が止まらなかった話も。お産という経験を通して感じたこと、命、生まれてくること、いつか必ず訪れる死について語り合う場はとても感慨深い時間でした。またぜひ参加したいです。素晴らしい機会をありがとうございました。


家庭でできるクラニオお手当て講座

お手当ゆるゆる緩めて気持ち良かったです。子供のためにママが緩むのが大事という言葉が響きました。前日に夜泣きの娘に何で寝ないの!と鬼の形相だったなあと。私が緩んだからか、娘も気持ちよさそうにお昼寝しました。


村田のりみちさんのスピリチュアルアートセッション 

毎回のりみちさんのセッションを楽しみにしています。うみのいえの雰囲気も好きで、気持ちをリセットするために年に数回セッションに通っています。
自分がリセットできて、新たな可能性を発見する事ができる大切な時間なので、このチャンスを大切に使わせていただきます。
一人でも多くの方が自分らしく生きられるように、これからも是非定期的な開催をお願いします!


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ