お金、仕事、人間関係、過去の傷や過ちなど人生全般の悩みをどう克服し、理想の人生を創り出すかという問題について、今までの常識には囚われない考え方で皆さんに貢献するため


・対面セッション


・ワークショップ


・セミナー


などを通じて活動しています。



<LIGHTについて>



カウンセリングやセミナーなどを通じて癒しや許し、豊かさについてメッセージを伝える活動をしています。



幼少の頃より問題行動が多く矯正施設に入るなどの経験を繰り返し、自分や他人を傷つけること数知れず。



自分にも周囲にも大きな不信感をもって、自分を肯定できないまま成長し、二十代半ばころで完全に人生に行き詰まりました。



人間関係もうまくいかず、人生において、自分が何かプラスのものを成し遂げたという感覚が全くない。



自分の理想と、現実の姿のギャップに失望し、現実逃避から死んでしまいたいと思うところまで追い込まれながら、今までの生き方やり方ではだめなのだとようやく痛感した頃、妹のすすめでスピリチュアルや仏教、キリスト教の本を手に取るようになりました。



本当に、何もかも抵抗する気力が失せるまで追い込まれて、やっと向き合おうと思うほど私の中の現実逃避や自己不信は強く、行動を起こし自分に向き合うまでにはとても時間がかかりました。



しかし、一旦古い自分を手放すと決意を決めて宗教や精神世界の本を読み始めていくうちに、私の中にもっと自分の最大限やれるところまで自己変革してみたいという欲求が出てきました。



けれど、そんな問題を相談できるような師もなく、金もなく、そもそも何が問題なのかすらよく分かってない。



「一体どこをどうすればいいのか?」



そんな中、手当り次第に可能性を感じられる本を読みながらの探求の日々が始まりました。



毛嫌いしていた、スピリチュアルや宗教関連、心理学やその他興味の湧く本を読みながら自問自答を重ね、分からないことは、とにかく少しづつ調べていく、そうやって前進しました。



分からないことだらけで試行錯誤しながらも、読書と思索を続ける。



そうすると少しづつですが分かってくる。



その内実際の行動と経験の中から様々な答えも導き出せるようになっていきました。



もちろん、簡単にそのようなことが起こったわけではありません。



毎日毎日相当な時間とエネルギーを費やしながら根源的な問いに徹底的に向き合い、ひとつひとつ答えを出していく。



出した答えを、別の答えと結びつけながら、また新しい答えを導きだす。



ひたすらそれを繰り返すのです。



それを突き詰めてやっていった結果、疑問や悩みがどんどん少なくなっていき、この世界の仕組みと状況が徐々に把握できるようになっていきました。



読書や思索を重ねるにつれて様々なことを吸収した私は、「無限の豊かさ」や「悟り」、「究極の癒し」といった考えに強く惹かれるようになりました。



私のなかに強烈な欲求が生まれ、



「何でも思い通りにしてみたい」、



「全てを手にしたい」と感じるようになり、



その強烈な想いは、今までの人生を取り返したいという気持ちと重なって私をさらに強く突き動かしました。



そして私は実際に「無限の豊かさ」や「覚醒」を求めて探求を進めたのです。



半信半疑のまま、スタートしたものの、それは徐々に確信へと変わり、私は本来全ての存在が「無限の豊かさ」と「悟り」をすでに得ていることを知りました。



このサイトや、その他の活動を通じて皆さんにお伝えしたいと思っていることは、簡単に言えば



「自分を癒し、思った通りの豊かな人生を送る方法を身につける」



ということです。



そして、自分を癒すということは自分以外の存在に貢献することに繋がります。



なぜなら、苦しんでいる状態では自分の最高のパフォーマンスをすることはできない。


「最高の自分」としての行動ができないのですから、それは自分自身だけでなく他者に貢献する機会も失っているということになるからです。



私は自分が選択した方法で、目に視えるもの達、目に視えないもの達からのサポートを受けながら進んできましたが、それは必ずしもスムーズなことばかりではありませんでした。


しかし、同じことを繰り返す必要はありません。



もう既に誰かがつまづいて分かったことがあるならば、そこで同じようにつまづく必要はなく、自分の進みたい道を思う存分進むために目一杯近道を歩んでいいと思うのです。



人間は、本来自分がどのように人生という道を歩むべきかを知っています。



ただ、生まれてから常識という名の固定観念や様々な論理を信じ込まされるために、自分が本来持っている天然のアンテナがどんどん使えなくなっていってしまうのです。



「自分」を信じるよりも、自分以外の常識や社会の論理のパワーを信じるようになるからです。



私は、あなたが「全て知っている存在」として必要なことを思い出し、思った道を進めるようサポートするために活動を始めました。



あなたとの新しい出会いに感謝!!


これからよろしくお願いいたします。




<LIGHTがこの道にに目覚めたきっかけ>



私がスピリチュアルや、その他人間の精神に関する世界に入るきっかけは私の妹でした。



私は元々、神だとか宗教だとか魂だとかスピリチュアルだとかが大嫌いで、信じるどころか心底毛嫌いしていました。



「有名な宗教家というのは、大抵人より贅沢な生活をして、信者から莫大な寄付を受けることでバカみたいに豪華な建物を建てたりしている。


本当に神がいるならば、世の中で苦しんでいる人たちを放っておいてこんな豪華な建物を建てたり、贅沢な生活を送ることを優先するはずがない。


そんなやつが神の使いだなんて悪い冗談としか思えない。


こんなやつらが大手を振ってはびこっているのだから、つまり神なんぞいるわけがない」



そういう理屈です。



妹からこのような世界に入るきっかけをもらった当時、私は本当に人生に行き詰まっていました。



幼少の頃から、人間がまず最初に築く人間関係である親との関係がうまく行かなかったので、

学校でもどのように人に接したり距離間を保つのかが全くつかめませんでした。



そしてそのような子供の精神のまま育ったので、いわゆる健全な人間関係というものがあることすらよく分からず、ただ人生の全てに違和感を感じながら生きていたのです。



人にどう観られるかが恐く、虚栄心が強いので人の下で働くのもいや。



いつも


「大きなことがしたい、俺にはすごいことができるはずだ」



と自分にも周りにも言うのですが、言うわりには努力もしない、何かを新しく一から始めるのが面倒である、という、もうこれでどうやったら物事がうまく行くんだろうというほどのメンタリティの持ち主だったので、人生が行き詰まっていくのも無理はありません。笑



そんな私が生き方に悩んでいる頃、妹が何冊かのスピリチュアルの本を私に貸してくれました。



私の最初の感想は、


「こいつはこんなくだらないものにハマってるのか。なんとかしなければいけない!!」


です。笑



私は素直で性格も優しい妹を大変にかわいがっていたので、その妹が変ないかがわしい精神世界の詐欺師に騙されているのだと思い焦りました。



どう考えてもなんとかしなければならないのは自分自身なのに、妹を救い出すべくその本を読み始めました。



なんでわざわざその本を読んだか?



だって妹の洗脳を解くためには、相手の理屈を論破しないといけないじゃないですか。笑



本を読んで相手の矛盾点を探してやれば妹はきっと納得するだろう、という目論見の元に読み始めたわけです。


そしたらどうなったか。



読めば読むほど、その本に書いてある内容に納得してしまったのです。



「え、こんなにいいことが書いてあったの?面白いじゃん」


そう思いました。笑



なんだか新しい世界が目の前に広がったようで、ハマったら追求する私の性格もあってどんどん色々な本を読むようになりました。



きっかけはそういうことです。



ミイラ取りがミイラになり、今では教えてくれた本人(妹)よりも私の方がはるかに詳しくなりました。笑




<癒せないものを癒す>



癒せないものを癒すとはどういうことか。



これは、「癒したり許したりできないと思い込んでいるもの」であっても癒して、受け入れてしまおうという意味を込めてます。



世の中は罪悪感であふれています。



ささいなものから犯罪のようなものまで、老若男女、罪悪感を感じる理由は人それぞれでも、そういった罪の意識が自己を肯定し人生を大きく花開かせることを阻んでいるケースがとても多いのです。



人生に起こる出来事、結果とは、自分に対する自己評価そのものと言えます。



これは別にスピリチュアルな不思議話でも何でもなく、人は自分が信じることのできない行動というのをしないからです。



自分が「できるはずがない」と信じているものに情熱を傾けたり時間を使ったりしないのです。



そして「自分はこういう人間だ」という思い込み以上の人間にもなれません。



罪の意識を持っていれば、「自分が素晴らしい人間である」と評価し自信を持った行動をとることができません。

それどころか、多くの人は「自分には成功する資格がない」と無意識に思ってさえいるのです。



思考が行動を生み、行動が瞬間瞬間自分の現実を創り出しているのですから、意識と無意識の中の自己評価を変えることは、自分の現実を望む方向へ変えていく上で必要不可欠と言えます。



様々な固定観念や思考から生まれた自己評価が自分の現実を創り出している。

そういうことです。



自分を癒やし、許すということは自分を制限から自由にすることです。



親や会社やしきたりや習慣、過去の出来事などから自分に課してきた制限や罪の意識を取り払ってしまうことで一気に自分を自由にし、生まれ変わってしまおうという試みです。



明るく前向きに生きて、自分の思い通りの人生を歩めている人は何の問題もありません。



しかし私はこれまで自分自身も含め、多くのそうではない人たちを観て来ました。



その中には、人に相談することがはばかられるであろう内容のことを背負っている人たちも沢山ありました。



誰にも言えないか、専門家に相談してもそういったことを癒やしきるほどの答えが得られない。



それはなぜかというと、彼ら自身がまだそこまで自分を許しきる準備が出来ていないからです。



人は自分を許している範囲内でしか他者を許すことができず、自分が信じ、許せる範囲内の物事しか解決することができないのです。



ですから、あまりにも過激な内容が持ち込まれると、相談を持ちかけた相手も対応できなくなってしまうということです。



「許しと癒し」は、とても大きな心のブロックの裏側にあり、罪の意識が強く究極的なものであればあるほど、それなりの回答とエネルギーを持っていなければ対処は難しくなります。



私は、世間一般でいう「罪悪感」というものを幼少の頃より感じ続けて生きてきました。

人を傷つけたことも、嘘をついたり奪ったりしたこともあります。



そしてそういう自分を許し自己評価を高めるために四苦八苦しました。



どんなに自分を許そうとしても、無意識に澱のようにたまった罪悪感と無力感に何度も跳ね返された人間です。



ですからどんな人を見ても、


「自分だったらそんなことはしない」


などと、自分には関係のないことのように思うことができないのです。



私は状況さえ整えば、どんなことでもしうる人間であったと自分自身を理解しています。



世界中の研究機関で行われている研究の結果、無意識というのは顕在意識よりも遥かに強く、人は無意識の上では自分と他人を区別していないということが分かっています。



つまり他の人のすること感じることを、無意識では全て自分に起こったことと同じように捉えているということです。



ですから誰かを責めたり許さないと決めた瞬間に自分のことも同時に責めることになってしまうので、本当に自分を許すには他者も同時に許さなければならないのです。



私は自分自身を許し、癒し、無意識に眠る固定観念を外す訓練をずっと続けてきました。



その中で得た数多くの経験と方法を使えば、どのような罪の意識や制限であっても対処していくことができます。



長い年月かけて社会の中で作られてきた多くの制限や縛り、あなたの中に眠る罪の意識を無意識の中から解放することで、あなたの考え方も行動も劇的に変化し、現実も思った方向に変わっていくことでしょう。



思考法と行動が変わるのですから、現実も変わらざるを得ないのです。



癒やせないものを癒やし許せないものを許すとは、例えそれがどんな自分であっても許し、肯定してしまおうということです。



人間の爆発的な潜在能力とは、自分を許しきり本当に心の自由を獲得した時に生まれます。



自分を肯定することは危険なことでも何でもなく、むしろ自分と社会に大きな愛をもたらします。



心の余裕ができ、恐れからでなく愛から考えるようになるのですから当然そのようになっていきます。



人間の行動の動機は、突き詰めていけば愛か恐れかのどちらかしかない、というのはよく言われていることです。



私が四苦八苦しながら自分自身を許すためにアファメーションと瞑想を繰り返していた時思いました。



「自分がこれだけ苦しんで学んだことだ。親ですら許せないことも、私なら許せる。この世界で孤立無援に感じている全ての人も、私のところに来たなら答えを見つけ出し、どんなことも、納得できる理由とともに許しと癒しを得られる。そういう活動をしていこう」


と。



「癒やせないもの癒やし、許せないものを許す」というアイディアと活動はこうして始まりました。




<豊かでないものを豊かにする>



「豊かでないものを豊かにする」


初めて目にした時、不思議に思ったかもしれません。



しかし、これは誇張でもおとぎ話でもなく、豊かでないと感じている状況や経済状況に対する捉え方を変え、

最終的には「全て豊かである」と捉えることによって実際に豊かさを創り出そうというコンセプトをもとに考えたコピーです。



最初にお断りしておきたいのですが、「豊かさ」とはもちろんお金のことだけを指して言っているのではありません。



この世界は量子物理学の研究で言われているようにパラレルワールドであり、全ての現実は今この瞬間に同時並行的に存在しています。



あまり難しく捉える必要はなく、簡単に言えば物理学者を始めとする各分野の研究者達も、


「この世の中には無限の可能性があり、本当は誰でも望む人生を生きることが可能だ」


という研究結果を得ている、ということです。



現実というのはいつも自分の内側の鏡のように内的世界がそのまま外側に現れます。



これも別にスピリチュアルな話をしなくても説明できるとても現実的な話で、私が<癒やせないものを癒やす>でお話ししたように、内側にある思考と自己評価が自分の行動と現れるものを決めているからです。



つまり実際にあなたが現実に手にする豊かさは、あなたの自分自身に対する自己評価がすべてを決めるということです。



自分に厳しく、自分のことが嫌いな人は、自分を責めたり傷つけたりする人を引き寄せるでしょうし、自分が好きで愛と寛容さで自分に対している人は、自分を愛しありのまま受け入れてくれる人を引き寄せるという具合です。



スピリチュアルや精神世界ではよく言われることですが、本当はシンプルなことで、自分の思考が発言や行動を決め、発言や行動が自分の現実を瞬間瞬間を決めていくということです。



自分自身の世界を物質的にも精神的にも劇的に豊かにしていくためには、とにかく自己評価を高めることが何よりも近道で理にかなっているのです。



しかしながら、私自身がそうであったように多くの人は今現在の苦境を否定的に捉えるところからどうしても抜けれないという問題を抱えてます。



無意識にはもうひとつ別の働きがあり時間の観念を持っていません。


イメージしているものが過去なのか未来なのかそれとも今なのか、という区別をしないのです。



ですから何かが起こることを恐れるということは、意識の上では人はもうすでに起こっていることとして認識しているのです。



実際にその問題がまだ起こっていなくても、あたかももう既にそれは起こっているかのように感じそれに向けて行動し始めるという仕組みです。



そして現実化の最大のポイントは感情の強さと意識し続けることです。



なのでお金がないことが苦しくて金銭的な問題を強く意識したり、その他の問題を強く意識してしまうと、そのイメージした現実を強化してしまい、望まない現実を生み出し続けるという悪循環に陥ってしまいます。



巷の引き寄せ本で言われるように、望む現実をイメージするだけではなかなか現実化してこないというのは、現実化はより強い感情がくっついているイメージから実現していくからです。



恐れの感情はとても強く、いつも自分が豊かでないことを意識していると、ずっとそのままの状況を固定化してしまうので、どうしてもそのような「自分は豊かでない」という発想から意識をそらすか、豊かでないものを豊かにしてしまう必要があります。



豊かでないものが豊かになったなら、人はもう二度とその出来事を恐れないばかりか、気にしないかむしろ感謝すらするようになるでしょう。



これが物質的に豊かになるだけでなく、望む現実を自由に人生に創り出すための非常に重要なポイントなのです。



考え方や捉え方を変えないと、自分の中に肯定的なイメージを創り出そうと思っても矛盾した観念が自分の無意識に深く根を張っているのでなかなか効果が出なかったり、自分が自分の望むイメージを信じられないという状態に陥ってしまいます。



私は、非常にネガティブな部分を多く意識の中に持っていました。



しかし多くの思い込みや固定観念を外していくことで、苦しい自己否定の日々が嘘のように人生の中に楽観的なイメージを保つことができるようになっていったのです。



そして私が普段引き寄せる様々な豊かさや喜び多き出来事は、このような自己評価の改善とポジティブなイメージを保つことによって生まれています。



人間は、一人一人が自分自身の現実を自由に創造する力を持ったとてもパワフルな存在です。



最近量子物理学の世界でよく言われるパラレルワールドも、「自分が自分の現実を創り出している」という前提なしには成り立ちえない概念です。



そして、自分の力を意識すればするほど全ての出来事は自己の責任であると認識するようになり、同時に自分で自分の人生をコントロールする術を覚えるので、苦しみから解放され、本当の自由と力を取り戻すことになるのです。



その現実創造の仕組みを理解して力を取り戻し、完全に自由になった状態を、私は


「無限の豊かさ」


を得た状態と言っています。



豊かでないと感じていたものを豊かにすることを続けた結果、自然と手に入るものです。



しかし、ポジティブな発想は苦しい状況の中ではなかなか出て来にくいものですし、豊かでないものを豊かに感じれるようにするには練習と新しい考え方とエネルギーを自分自身の中に取り入れる必要があります。



私と話し、場を共有し、意識と無意識を書き換えながら刺激を与えていくことによって、一人で行うよりもはるかにスムーズに進んで行くことができます。



私はそのために活動を始めました。



皆さんとの新しい出会いをお待ちしております。



LIGHT



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



☆「LIGHT OF 8」ホームページ

https://coubic.com/lightof8



☆<無限の豊かさへの道> LIGHTのブログ

http://ameblo.jp/light-888/



☆自由と変化をもたらすちょっとディープなメールマガジン

http://cbiform.jp/CAL/fr/0000/YSpnzp



☆LIGHTへの感想・お問い合わせ

lightof8@gmail.com



☆メルマガバックナンバー(一部のみ)

(途中から新システムに移行したため、初期のものはありません)

http://savew3.net/CAL/bn/0000



LIGHT OF 8's Information

Address
150-0031 東京都渋谷区桜丘町23番17号 シティーコート4F
Open Map
Business Hours

月〜金 00:00 - 24:00

土・日 00:00 - 24:00

TelBookFavorite