さどの島銀河芸術祭シンポジウム・星空観察会

Sep 16, 2016

参加作家、各地域での協力者、実行委員で、芸術祭の意義と将来の可能性について意見交換し、参加者のみなさんと今後の展望について共有していくためのシンポジウムです。第1部では芸能やパフォーマンス公演があります。また第2部シンポジウム後には星空観察会のワークショップも開催いたします。

お誘い合わせの上、是非ご来場下さい。多数の皆様のご参加お待ちしております。


■日 時: 2016年 9月 25日(日)

第1部 パフォーマンス14:00~16:00

第2部 シンポジウム 16:00~18:00

星空観察会【ワークショップ】 18:00~19:00

■場 所: あいぽーと佐渡


■シンポジウム

【テーマ】佐渡での芸術祭、その意義と可能性

参加作家、各地域での協力者、実行委員で、芸術祭の意義と将来の可能性について意見交換し、参加者のみなさんと今後の展望について共有していくためのシンポジウムです。


前半:16:10−16:50

「なぜ佐渡で芸術祭なのか|アートで伝えたい佐渡の魅力」

《シンポジスト:参加作家・実行委員》

梶井照陰(写真家)、吉田モリト(美術家)、萩原光之(歌誌「砂丘代表」)、juji(美術家/寿司職人)、特急2222(美術家)、寺田佳央(美術家)


後半:17:00−17:40

「地域の取組みと芸術祭|よりよい協働を目指して」

《シンポジスト:協力者・実行委員》

両津:豊田光世(新潟大学 朱鷺・自然再生学研究センター准教授)、伊藤 剛(あきつ丸、加茂湖漁業組合)、吉田モリト(美術家/アート・ディレクター)

岩首:大石惣一郎(佐渡棚田協議会会長)、尾崎邦彰(SEISUKE NEXT DOOR オーナーシェフ)

鷲崎:梶井照陰(写真家/観音寺住職)


全体質疑応答:17:40−18:00


ファシリテーター:原亜由美(フリーランス・コーディネーター)


●ワークショップ

【さどの島から観る銀河 星空観察会】

18:00~19:00

佐渡市教育委員会 社会教育課 ジオパーク推進室 推進指導員 遠藤先生、

アマチュア天文家 本間雅人 氏による、星空観察会(雨天時:プラネタリウム解説のみ)