高橋信一 版画展

Sep 16, 2016

高橋信一 氏は、木版画で数々の賞を受賞した版画家であると同時に優れた教育者でもありました。

常に創作の場を佐渡に置き、佐渡の豊かさ、佐渡の美しさを語り、佐渡を描くことを勧めました。

子どもから農家・漁師のお年寄りまで、分け隔てなく指導し「佐渡を版画の島」にと佐渡版画村運動を展開。山の版画村、海の版画村を初め、全島に版画グループを誕生させ、やがてそれらが結集し「佐渡版画村」が誕生しました。

究極の地域振興ともいえる壮大なプロジェクト「版画の島」を成し遂げ亡くなられてから30年あまりが経ち、様々な表現技術が確立された現在に、高橋 氏の木版画に触れ「佐渡の豊かさ、佐渡の美しさ、佐渡を表現する事の楽しさ」などを感じていただければと思います。


●ご子息様から一言:佐渡の玄関口「両津」から今一度「高橋信一」を思い出していただき、相川の版画村へも足を運んでもらえればと思います。

また、若い人は「高橋信一」の名前も、作品にも触れたことが無いと思います。ぜひ、この機会にご覧いただき色々感じてもらえれはと思います。


●期間:2016年9月2日(火)~10月10日(月・祝)

 ・前期:9月2日~20日(前期から中期の作品を中心に展示)

 ・後期:9月21日~10月10日(中期から後期の作品を中心に展示)

●展示場所:あいぽーと佐渡2階展示室

●時間:AM9:00〜PM5:00 入場PM5:00まで

●入館料:大人300円、小・中学生100円

●特別解説会(初期、中期、晩期の作風などを解説します。)

 ・前期解説会:9月18日(日)14:00~

 ・後期解説会:9月25日(日)14:00~

※高橋 氏の創作の中心であった「抽象版画」を、小学生にも感じていただける様に、子ども目線に合わせて展示しております。


主催:佐渡市

協力:オアシス2016秋・冬実行委員会、さどの島銀河芸術祭実行委員会

※今回の展示は、さどの島銀河芸術祭~過去と未来の帰港地~の関連展示として、高橋 氏からの教えを受けた作家「萩原光之」氏、萩原 氏から その技術を教わり創作活動に励む「juji」氏の作品を同時展示しております。