■初めに…

占いに使用している占術は主に、陰陽寮で陰陽師が使用していた「六壬(りくじん)」、真言宗の開祖である空海が使用していた「宿曜経」をベースにしております。


「六壬」はどのようなものかと言えば、黄帝龍首経に曰く「黄帝は我が子三子を呼び、我は昔、玄女より六壬を授けられた。六壬は十二経、及び口傳を以って授けられた傳義で、三十六用法がある。それを汝らに伝えようと思う。六壬を習得して内にあっては自らを修め、外にあっては善政に使い人民を治めよ。また賢人でなければ秘して漏らすべからず、もし習得できない時は名山三泉の下に埋めて、妄りに人に漏らす勿れ」と書かれています。六壬は天地人の三才を観るもので、天には太陽、月、星の三つの光があり、地には東西南北中央の五方があり、北斗七星は天を廻り東西南北と北西、北東、南東、南西の八つの方位に臨みます。


年月日時とは皆天より出たもので、天は上にあり地を覆い、地は下にあり天を助け、天の気には吉凶があり、地には禍福があります。天は一時間毎に三十度づつ変化していますが、天の変化は太陽をもって知ります。六壬では太陽を月将(げっしょう)呼び、天地の交わりを、六十干支、木火土金水の五行(相生相尅等)の法則を用い、天一至尊の神を遊行(移動)によってどのような事が起こるのかを予見するものです。


次は遍照金剛空海が使用していた「宿曜経」ですが、こちらは天に属する太陰、即ち月が天のどの位置にあるのかを観て、吉凶を予見します。月も天を旋転しております。月はまず朔月(新月)から約七~八日間で上弦月となり、朔から約十五日間で満月になります。その後は約七~八日間で下弦月となり、約一か月を経て朔月へ戻ります。生まれた日がどの月の状態であるか、その月に生まれた曜日(七曜)を加えて、百八十九種の性格の分別を窺い知ります。更に太陽と歳星(木星)の位置を測り、人生における運の強弱を知ります。


どちらの占術も天と地の交わりにて天の言わんとすることを窺い知ることを目的としております。名だたる陰陽師や宿曜師の先達の方に比べてしまえば、私の術などまだまだ未熟ですが、少しでも皆様の生活が向上するようお手伝いができればと考えております。


■占いに関する事項

占う事柄は特に制限はございません。恋愛など異性に対する相性、転職や仕事の進め方に関するご相談、病気に対するご相談、家や不動産の購入などに関するご相談、霊的なものに関するご相談、子供の教育方法など、お気軽にご不安な点をご質問下さい。


■ご予約に関して

占いの予約をご希望の方は、当予約システムにて、ご希望日時をご予約ください。


■料金に関して

【占い】どの様な占う内容でも「15分2,000円」となります。初めての方は15分だと時間が足りなかったケースが多いので30分以上をお勧めしております。


【霊符(お札)】病気、仕事、金運、土地、対人など様々な種類がございます。ご希望する方は、隠れ宿で占う時にお札をお願いしたいとお申し出ください。お札の料金は「1枚1000円」となります。


【念珠】受注してから石の種類を選びお作りします。料金は一律10,000円となります。



■営業日、営業時間に関して

【月、火曜日】定休

【水〜土曜日】午後6時~午前0時

【日曜日】午後3時~7時 午後8時~午前0時

小角の隠れ宿's Information

Address
〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保175
Open Map
Business Hours

月〜金 18:00 - 23:59

土 18:00 - 23:59

日 15:00 - 23:59

Reviews (333)

4.9
5
4
3
2
1
  • クービックユーザー

    小角さんにはいつもお世話になっております。

    今回はまずは娘のこと。だいぶ遠回りしましたが、やっと進むべき道にたどり着けたこと。色々辛いことも経験し、ひとつ成長できた事へのお礼と感謝の気持ちをお伝えしたくて参りました。

    また私の身体の不調の原因についてお聴きし、なるほどねって腑に落ちました。その他、気になってることをお聴きしスッキリしました。

    しばらく様子を見ていきたいと思います。ありがとうございました。

    2020年03月30日

  • クービックユーザー

    私の本質を見抜かれた感覚てわした。

    この先のステージを上げるには、まだまだ修行が足りない事を痛感しましたが、今後のやっていくべき大切な事を示してくださいました。

    ありがとう御座いました。

    学びを深め成長した時点でまた、伺いたいと思います。

    2020年03月28日

  • クービックユーザー

    とても分かりやすく解説頂き、今後の人生の道標となりました。感謝致します。

    2020年03月28日

View all reviews
TelBookFavorite