ナラティブセラピーってどんなセラピー?

Dec 28, 2014

ナラティブセラピーは一言で説明するなら、自伝の編集作業のようなものです。

私達はみんな、知らぬ間に心の中で自分自身の自伝を書き終わっていて、

その自伝の中に既に描かれている自分自身の「人物像」にちゃんとフィットするような形で、

私達は毎日決断を重ね、行動し、生きている、というのが、ナラティブセラピーの根底にあるアイデアです。


しかし、誰しもがみな、自伝には載っていない小さな物語を無数に持っています。

濃い意味がぎゅっと詰められた黄金色のストーリーが、すっかり記憶から忘れ去られていたり、笑い飛ばされていたり、恥に思われて内緒にされていたりする事が、実は殆どです。

ナラティブセラピーでは、このような自伝に載りそびれたストーリー達を自伝に巧みに組み込みながら、

自伝を編集していきます。


自伝を編集すると、知らぬ間に「自分像」が編集されていき、

「本当は自分はこう在りたい」バージョンの自分がもっと表に出てこれるようになるので、

新たな行動が起こせたり、ドつぼにハマってしまっていた悩みもクリエイティブに柔軟に対処できるようになるので、

結果的には「生きやすく」なるのです。