AcceptingOn-site paymentPrepayableBook Tickets

低酸素トレーニング

低酸素トレーニング

Appointment

低酸素トレーニング80分(学生)
80 min2200 yen
低酸素トレーニング80分
① ウォーミングアップ 10分
② 低酸素トレーニング(約60分)
③ クールダウン 10分

●低酸素ルームでのトレーニングは原則30分までです。ただし、低酸素トレーニングに慣れている方には最大60分のトレーニングを許可することがあります。
●トレッドミル(ランニングマシン)またはパワーマックス(エアロバイク)をご利用いただけます。
●低酸素ルーム使用中は、定期的に血中酸素飽和度(SPO2)と脈拍数を確認してください。当施設においても高山病症状(血圧・脈拍数の上昇、頭痛、目まい、視野狭窄、脱力感、高揚感、意識レベルの低下など)が出現することがあります。症状が現れた際は直ちに退出し、スタッフにその旨をお伝えください。症状出現後も無理なトレーニングを継続すると症状が重篤化する可能性があり危険です。
●過度な運動負担による事故を防ぐために、SPO2が80%を下回らないように80%から90%を目安にご利用ください。なお、当施設スタッフがお客様の身体能力を考慮し、それ以上の運動強度を勧める場合もありますが、安全を保障するものではありません。
●低酸素ルームは脱水症状になりやすい環境です。水分補給を頻繁に行ってください。
●トレーニング後にも上記のような高山病症状が継続する場合があります。症状が長時間続く場合は、医療機関の受診をお勧めします。
●低酸素ルームは部屋への入退室の影響などで設定酸素濃度(標高)が容易に変化します。このため、お客様がご希望される設定標高と誤差や変動が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
select
低酸素トレーニング50分(学生)
50 min1100 yen
低酸素トレーニング50分
① ウォーミングアップ 10分
② 低酸素トレーニング(約30分)
③ クールダウン 10分

●低酸素ルームでのトレーニングは原則30分までです。ただし、低酸素トレーニングに慣れている方には最大60分のトレーニングを許可することがあります。
●トレッドミル(ランニングマシン)またはパワーマックス(エアロバイク)をご利用いただけます。
●低酸素ルーム使用中は、定期的に血中酸素飽和度(SPO2)と脈拍数を確認してください。当施設においても高山病症状(血圧・脈拍数の上昇、頭痛、目まい、視野狭窄、脱力感、高揚感、意識レベルの低下など)が出現することがあります。症状が現れた際は直ちに退出し、スタッフにその旨をお伝えください。症状出現後も無理なトレーニングを継続すると症状が重篤化する可能性があり危険です。
●過度な運動負担による事故を防ぐために、SPO2が80%を下回らないように80%から90%を目安にご利用ください。なお、当施設スタッフがお客様の身体能力を考慮し、それ以上の運動強度を勧める場合もありますが、安全を保障するものではありません。
●低酸素ルームは脱水症状になりやすい環境です。水分補給を頻繁に行ってください。
●トレーニング後にも上記のような高山病症状が継続する場合があります。症状が長時間続く場合は、医療機関の受診をお勧めします。
●低酸素ルームは部屋への入退室の影響などで設定酸素濃度(標高)が容易に変化します。このため、お客様がご希望される設定標高と誤差や変動が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
select
低酸素トレーニング80分(一般)
80 min4400 yen
低酸素トレーニング80分
① ウォーミングアップ 10分
② 低酸素トレーニング(約60分)
③ クールダウン 10分

●低酸素ルームでのトレーニングは原則30分までです。ただし、低酸素トレーニングに慣れている方には最大60分のトレーニングを許可することがあります。
●トレッドミル(ランニングマシン)またはパワーマックス(エアロバイク)をご利用いただけます。
●低酸素ルーム使用中は、定期的に血中酸素飽和度(SPO2)と脈拍数を確認してください。当施設においても高山病症状(血圧・脈拍数の上昇、頭痛、目まい、視野狭窄、脱力感、高揚感、意識レベルの低下など)が出現することがあります。症状が現れた際は直ちに退出し、スタッフにその旨をお伝えください。症状出現後も無理なトレーニングを継続すると症状が重篤化する可能性があり危険です。
●過度な運動負担による事故を防ぐために、SPO2が80%を下回らないように80%から90%を目安にご利用ください。なお、当施設スタッフがお客様の身体能力を考慮し、それ以上の運動強度を勧める場合もありますが、安全を保障するものではありません。
●低酸素ルームは脱水症状になりやすい環境です。水分補給を頻繁に行ってください。
●トレーニング後にも上記のような高山病症状が継続する場合があります。症状が長時間続く場合は、医療機関の受診をお勧めします。
●低酸素ルームは部屋への入退室の影響などで設定酸素濃度(標高)が容易に変化します。このため、お客様がご希望される設定標高と誤差や変動が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
select
低酸素トレーニング50分(一般)
50 min2200 yen
低酸素トレーニング50分
① ウォーミングアップ 10分
② 低酸素トレーニング(約30分)
③ クールダウン 10分

●低酸素ルームでのトレーニングは原則30分までです。ただし、低酸素トレーニングに慣れている方には最大60分のトレーニングを許可することがあります。
●トレッドミル(ランニングマシン)またはパワーマックス(エアロバイク)をご利用いただけます。
●低酸素ルーム使用中は、定期的に血中酸素飽和度(SPO2)と脈拍数を確認してください。当施設においても高山病症状(血圧・脈拍数の上昇、頭痛、目まい、視野狭窄、脱力感、高揚感、意識レベルの低下など)が出現することがあります。症状が現れた際は直ちに退出し、スタッフにその旨をお伝えください。症状出現後も無理なトレーニングを継続すると症状が重篤化する可能性があり危険です。
●過度な運動負担による事故を防ぐために、SPO2が80%を下回らないように80%から90%を目安にご利用ください。なお、当施設スタッフがお客様の身体能力を考慮し、それ以上の運動強度を勧める場合もありますが、安全を保障するものではありません。
●低酸素ルームは脱水症状になりやすい環境です。水分補給を頻繁に行ってください。
●トレーニング後にも上記のような高山病症状が継続する場合があります。症状が長時間続く場合は、医療機関の受診をお勧めします。
●低酸素ルームは部屋への入退室の影響などで設定酸素濃度(標高)が容易に変化します。このため、お客様がご希望される設定標高と誤差や変動が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
select

Notes with respect to reservation

Schedule change
We do not accept the schedule change.
Cancel
Until the reservation date and timeIf you use prepayment, you will not be able to cancel this reservation after 25 days from now even if it is before the cancellation deadline.

Bookings

Reviews

4.8
5
4
3
2
1
  • クービックユーザー

    汗のかきにくい体質ですが、これはもう、思いっきり汗がかくのでリフレッシュできます。

  • クービックユーザー

    週に一度の有酸素運動、楽しく参加させて頂いています!毎週、鍛えるポイント(筋肉の部位)が微妙に変えてあり、エクササイズも微妙に異なり、飽きずにできます。(いつも有難うございます!)

  • クービックユーザー

    毎日暑くて外でトレーニングできないので、週一回唯一の筋トレ兼有酸素運動として良いトレーニングになっています。

View all reviews

Information

Address
〒174-0056 東京都板橋区志村3-31-25
Open Map
Business Hours

月〜金 10:00 - 21:00

土 10:00 - 16:00

TelBookFavorite