予約サービス

【録画配信】慢性心不全とは ~患者が安心して生活するための支援方法~(4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
毎年、心疾患のうちの4割の約7万人の方が心不全で亡くなっているとされています。急性期から慢性期まで幅広く関わることのあり、既往に心不全があるという患者さんも多く、循環器のみならず、多くの診療科でも関わることがある循環器におけるメジャーな疾患の一つと言えます。
慢性心不全は治療では、自宅で療養される患者さんの協力が必須です。しかし、なかなか行動変容に繋がらず、頭を悩ませている看護師の方も多いのではないのでしょうか。今回は、慢性心不全の基本(病態生理)から学び、どのように患者さんへの介入を行っていくかというポイントを事例を交えながらわかりやすく解説していきます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:8,800円(税込)
申し込み締め切り日:開催日1日前
【資料について】
※資料は開催日の24時間前にPDFにてダウンロード頂けるURLを、ご登録頂きましたメールアドレスの方へ配信させて頂きます。
※資料郵送をご希望される方は、開催日前5営業日前がお申込みの締め切りとなります。ご予約は、下記の『口座振込によるセミナーお申込みはこちら』を押していただきお申込み頂くか、ご希望のセミナーの『資料付』のセミナーページよりお申込みください。
→『【録画配信(資料付)】慢性心不全とは ~患者が安心して生活するための支援方法~ 』

研修目標
1.慢性心不全の病態生理に関して理解することができる
2.慢性心不全患者の行動変容のための支援について理解することができる

研修内容
第一部 心不全の基本的な病態
1. 心不全とは
2. 心不全の病態生理
・RAA系
・バソプレシン系
・自律神経系
・自律神経系
3. 心不全をきたす疾患
・弁膜症

第二部 心不全をきたす疾患と治療
・心筋梗塞
・不整脈
・心筋症
1.急性期と慢性期の違いについて
2.慢性心不全の治療について
3.心不全の経過
4.アドヒアランスとコンプライアンス、セルフマネジメント
5.増悪予防のためには

第三部 心不全患者の行動変容のための支援
・早期対応するために何を見ていけばよいか
1.行動変容理論
・病みの軌跡
・保健信念モデル
・行動変容ステージモデル
・自己効力感
・ローカス・オブ・コントロール
・動機付け面接法

第四部 
1.ACP(アドバンス・ケア・プランニング)
2.退院調整
3.事例で考える①
4.事例で考える②

講師
森 勇介

所属:東京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター 9A病棟 主任
資格:慢性心不全看護認定看護師
略歴:
2007年 東京慈恵会医科大学附属 青戸病院 入職
2012年 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 8B病棟
2013年 慢性心不全看護認定看護師 取得
2021年 東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 9A病棟 主任
2008年~2011年まで循環器病棟・CCU
2012年~2015年まで循環器病棟
2016年~2020年までICU・CCU
2018年~ 心不全看護外来を設立 年間延べ250件ほど介入
___________________________________________________________________________________________

【口座振込によるお申し込み】
クレジットカードだけでなく、口座振込によるお申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。

☞ 口座振込によるセミナーお申し込み

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信(資料付)】慢性心不全とは ~患者が安心して生活するための支援方法~(4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
毎年、心疾患のうちの4割の約7万人の方が心不全で亡くなっているとされています。急性期から慢性期まで幅広く関わることのあり、既往に心不全があるという患者さんも多く、循環器のみならず、多くの診療科でも関わることがある循環器におけるメジャーな疾患の一つと言えます。
慢性心不全は治療では、自宅で療養される患者さんの協力が必須です。しかし、なかなか行動変容に繋がらず、頭を悩ませている看護師の方も多いのではないのでしょうか。今回は、慢性心不全の基本(病態生理)から学び、どのように患者さんへの介入を行っていくかというポイントを事例を交えながらわかりやすく解説していきます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:9,500円(税込)
申し込み締め切り日:開催日から7日前まで
※こちらのセミナーは、『資料の郵送付』のセミナーとなります。
※資料郵送をご希望されない方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信】慢性心不全とは ~患者が安心して生活するための支援方法~ 』

研修目標
1.慢性心不全の病態生理に関して理解することができる
2.慢性心不全患者の行動変容のための支援について理解することができる

研修内容
第一部 心不全の基本的な病態
1. 心不全とは
2. 心不全の病態生理
・RAA系
・バソプレシン系
・自律神経系
・自律神経系
3. 心不全をきたす疾患
・弁膜症

第二部 心不全をきたす疾患と治療
・心筋梗塞
・不整脈
・心筋症
1.急性期と慢性期の違いについて
2.慢性心不全の治療について
3.心不全の経過
4.アドヒアランスとコンプライアンス、セルフマネジメント
5.増悪予防のためには

第三部 心不全患者の行動変容のための支援
・早期対応するために何を見ていけばよいか
1.行動変容理論
・病みの軌跡
・保健信念モデル
・行動変容ステージモデル
・自己効力感
・ローカス・オブ・コントロール
・動機付け面接法

第四部 
1.ACP(アドバンス・ケア・プランニング)
2.退院調整
3.事例で考える①
4.事例で考える②

講師
森 勇介
所属:東京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター 9A病棟 主任
資格:慢性心不全看護認定看護師
略歴:
2007年 東京慈恵会医科大学附属 青戸病院 入職
2012年 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 8B病棟
2013年 慢性心不全看護認定看護師 取得
2021年 東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 9A病棟 主任
2008年~2011年まで循環器病棟・CCU
2012年~2015年まで循環器病棟
2016年~2020年までICU・CCU
2018年~ 心不全看護外来を設立 年間延べ250件ほど介入 ___________________________________________________________________________________________

▶【口座振込による申し込みも受け付けております】
 口座振込による申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。
 ☞ 口座振込によるセミナーお申し込みはこちら

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信】教えます!透析看護の基礎 (4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
慢性的な糖尿病患者の増加や加齢による腎不全での高齢透析患者が年々増加しており、看護の質が求められています。今回のセミナーでは、血液浄化療法の基礎から、異常の早期、治療中のトラブル対応など、透析療法に関わる看護師さんには必須の知識をわかりやすく解説していきます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:8,800円(税込)
申し込み締め切り日:開催日1日前
【資料について】
※資料は開催日の24時間前にPDFにてダウンロード頂けるURLを、ご登録頂きましたメールアドレスの方へ配信させて頂きます。
※資料郵送をご希望される方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信(資料付)】教えます!透析看護の基礎 』

研修目標
1.透析療法の基礎を理解することができる
2.透析療法中のトラブルや、異常の早期発見のためのポイントに関して理解することができる

研修内容
第一部 腎不全と血液浄化療法について
1. 腎臓の機能と働き
2. 腎不全と腎代替療法について
3. 血液浄化療法と各治療モードの特徴について
4.ダイアライザーの膜の種類と分類

第二部 透析患者の状態把握と理解
1. 透析患者の状態把握
2. 透析患者の特徴
3. 透析治療中の管理

第三部 バスキュラーアクセスの管理
1. バスキュラーアクセスの種類と特徴について
2. バスキュラーアクセスの管理
3. バスキュラーアクセスの合併症
4. 穿刺と止血について

第四部 透析治療中のトラブル対応のポイント
1. 透析回路に関わるトラブル
2.穿刺に関わるトラブル

講師
吉本 隆史
所属:独立行政法人労働者健康安全機構 東京労災病院
資格:透析看護認定看護師

略歴:
2012年 独立行政法人労働者安全機構 東京労災病院看護部 入職 血液浄化療法室配属
2013年 透析看護認定看護師 取得
2020年 一般社団法人 日本臨床腎臓病看護研究会 理事
___________________________________________________________________________________________

【口座振込によるお申し込み】
クレジットカードだけでなく、口座振込によるお申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。

☞ 口座振込によるセミナーお申し込み

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信(資料付)】教えます!透析看護の基礎 (4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
慢性的な糖尿病患者の増加や加齢による腎不全での高齢透析患者が年々増加しており、看護の質が求められています。今回のセミナーでは、血液浄化療法の基礎から、異常の早期、治療中のトラブル対応など、透析療法に関わる看護師さんには必須の知識をわかりやすく解説していきます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:9,500円(税込)
申し込み締め切り日:開催日から7日前まで
※こちらのセミナーは、『資料の郵送付』のセミナーとなります。
※資料郵送をご希望されない方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信】教えます!透析看護の基礎 』

研修目標
1.透析療法の基礎を理解することができる
2.透析療法中のトラブルや、異常の早期発見のためのポイントに関して理解することができる

研修内容
第一部 腎不全と血液浄化療法について
1. 腎臓の機能と働き
2. 腎不全と腎代替療法について
3. 血液浄化療法と各治療モードの特徴について
4.ダイアライザーの膜の種類と分類

第二部 透析患者の状態把握と理解
1. 透析患者の状態把握
2. 透析患者の特徴
3. 透析治療中の管理

第三部 バスキュラーアクセスの管理
1. バスキュラーアクセスの種類と特徴について
2. バスキュラーアクセスの管理
3. バスキュラーアクセスの合併症
4. 穿刺と止血について

第四部 透析治療中のトラブル対応のポイント
1. 透析回路に関わるトラブル
2.穿刺に関わるトラブル

講師
吉本 隆史
所属:独立行政法人労働者健康安全機構 東京労災病院
資格:透析看護認定看護師

略歴:
2012年 独立行政法人労働者安全機構 東京労災病院看護部 入職 血液浄化療法室配属
2013年 透析看護認定看護師 取得
2020年 一般社団法人 日本臨床腎臓病看護研究会 理事

___________________________________________________________________________________________

▶【口座振込による申し込みも受け付けております】
 口座振込による申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。
 ☞ 口座振込によるセミナーお申し込みはこちら

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信】救急外来で看る、小児けいれん (4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
小児のけいれんの種類や型といった基礎的な知識から、治療の理解、再発予防に関する指導、子どもだけでなく、家族の対応のポイントまで、講師の経験を織り交ぜながらわかりやすく解説していきます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:8,800円(税込)
申し込み締め切り日:開催日1日前
【資料について】
※資料は開催日の24時間前にPDFにてダウンロード頂けるURLを、ご登録頂きましたメールアドレスの方へ配信させて頂きます。
※資料郵送をご希望される方は、開催日前5営業日前がお申込みの締め切りとなります。ご予約は、下記の『口座振込によるセミナーお申込みはこちら』を押していただきお申込み頂くか、ご希望のセミナーの『資料付』のセミナーページよりお申込みください。
→『【録画配信(資料付)】救急外来で看る、小児けいれん 』

研修目標
1.小児のけいれんの種類・型を理解することができる
2.けいれん発作時の対応や、家族対応に関して理解することができる

研修内容
第一部
1.けいれんとは?
2.けいれんの原因・要因
3.けいれんの種類
―熱性けいれん
―泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)
―てんかん
―胃腸炎関連けいれん
―急性脳症

第二部
1.けいれんの症状は?
2.けいれんした子どものチェック項目は?
3.けいれんの初期対応(薬剤投与)
4.けいれん時の看護のポイント

第三部 
1.質疑応答
2.搬送から退院・入院までの各期のポイント~初期対応の流れ、入院までの経過と対応~

第四部
1.熱性けいれんの予防
2.家族指導の実際
3.家族指導で伝えるポイント(けいれん時の観察ポイントや救急搬送の判断など)

講師
遠藤 実
所属:学校法人昭和大学 昭和大学江東豊洲病院
役職:ICU・CCU 係長
資格:小児救急看護認定看護師
経歴:
2000年 昭和大学藤が丘病院 小児内科 入職
2008年 小児救急看護認定看護師 取得
2010年 昭和大学藤が丘病院 小児外科 異動
2012年 昭和大学藤が丘病院 救急ER 異動
2015年 昭和大学藤が丘病院 看護部(教育担当) 異動
2017年 昭和大学藤が丘病院 こどもセンター 異動
2019年 昭和大学江東豊洲病院 ICU/CCU 異動
___________________________________________________________________________________________

【口座振込によるお申し込み】
クレジットカードだけでなく、口座振込によるお申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。

☞ 口座振込によるセミナーお申し込み

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信(資料付)】救急外来で看る、小児けいれん (4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
小児のけいれんの種類や型といった基礎的な知識から、治療の理解、再発予防に関する指導、子どもだけでなく、家族の対応のポイントまで、講師の経験を織り交ぜながらわかりやすく解説していきます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:9,500円(税込)
申し込み締め切り日:開催日から7日前まで
※こちらのセミナーは、『資料の郵送付』のセミナーとなります。
※資料郵送をご希望されない方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信】救急外来で看る、小児けいれん 』

研修目標
1.小児のけいれんの種類・型を理解することができる
2.けいれん発作時の対応や、家族対応に関して理解することができる

研修内容
第一部
1.けいれんとは?
2.けいれんの原因・要因
3.けいれんの種類
―熱性けいれん
―泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)
―てんかん
―胃腸炎関連けいれん
―急性脳症

第二部
1.けいれんの症状は?
2.けいれんした子どものチェック項目は?
3.けいれんの初期対応(薬剤投与)
4.けいれん時の看護のポイント

第三部 
1.質疑応答
2.搬送から退院・入院までの各期のポイント~初期対応の流れ、入院までの経過と対応~

第四部
1.熱性けいれんの予防
2.家族指導の実際
3.家族指導で伝えるポイント(けいれん時の観察ポイントや救急搬送の判断など)

講師
遠藤 実
所属:学校法人昭和大学 昭和大学江東豊洲病院
役職:ICU・CCU 係長
資格:小児救急看護認定看護師
経歴:
2000年 昭和大学藤が丘病院 小児内科 入職
2008年 小児救急看護認定看護師 取得
2010年 昭和大学藤が丘病院 小児外科 異動
2012年 昭和大学藤が丘病院 救急ER 異動
2015年 昭和大学藤が丘病院 看護部(教育担当) 異動
2017年 昭和大学藤が丘病院 こどもセンター 異動
2019年 昭和大学江東豊洲病院 ICU/CCU 異動

___________________________________________________________________________________________

▶【口座振込による申し込みも受け付けております】
 口座振込による申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。
 ☞ 口座振込によるセミナーお申し込みはこちら

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信】糖尿病患者のセルフケア支援 〜食事・薬物療法のサポート〜(4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
糖尿病の病態を再確認し、支援につなげるためのアセスメントの視点と患者教育に活用できる理論やセルフモニタリングについて説明します。そのうえで食事療法や薬物療法を受ける糖尿病患者さんのセルフケアの実施に向けた支援をする際の困ったを解決するための支援のポイントを皆さんと一緒に考えていきます。糖尿病の治療は患者さんの生活と密接に関わっており、患者さんは生活の中にセルフケアを取り入れていかななければなりません。そのため、看護師には患者さんが毎日の生活の中でセルフケアを実施できるように支援することが求められます。今回は、患者さんを支援する際の困りごとを解決するための支援のポイントを押さえます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:8,800円(税込)
申し込み締め切り日:開催日1日前
【資料について】
※資料は開催日の24時間前にPDFにてダウンロード頂けるURLを、ご登録頂きましたメールアドレスの方へ配信させて頂きます。
※資料郵送をご希望される方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信(資料付)】糖尿病患者のセルフケア支援 〜食事・薬物療法のサポート〜 』


研修目標
1.糖尿病の基礎的な病態を理解することができる
2.糖尿病患者のセルフケアの実施に向けた支援のポイントを理解することができる

研修内容
第一部 押さえておきたい糖尿病の基礎知識
1.日本における糖尿病患者の推移
2.糖尿病とは
3.インスリン分泌能の指標
4.インスリン抵抗性の指標
5.高血糖のメカニズムと症状
6.1型・2型糖尿病の特徴
7.糖尿病の慢性合併症
8.糖尿病の進行
9.血糖コントロールの目標

第二部 支援に繋げるためのアセスメントの視点とスキル
1.糖尿病の治療
2.糖尿病患者への支援に必要なアセスメント視点
3.糖尿病腎症の病期における臨床的特徴と治療
4.自己効力を高めるための4つの方略
5.症例①
6.糖尿病の症状と特徴
7.セルフモニタリング
8.セルフケアの実施に向けた支援のポイント

第三部 セルフケアの実施に向けた支援:食事療法
1.糖尿病の食事療法
2.糖質制限
3.症例②
4.食事療法を実施する患者への支援
5.患者への支援のポイント

第四部 セルフケアの実施に向けた支援:薬物療法
1.糖尿病の薬物治療の基本的な考え方
2.インスリンの適応
3.糖尿病における薬物療法:内服薬
4.糖尿病における薬物療法:注射
5.身体能力の低下した患者への注射療法の対応
6.症例③
7.まとめ

講師
柏崎 純子
所属:共立女子大学看護学部
資格:慢性疾患看護専門看護師/糖尿病看護認定看護師
経歴:
昭和大学病院に勤務
2012年昭和大学保健医療学部 勤務
2014年日本赤十字北海道看護大学看護学部 勤務
2016年昭和大学江東豊洲病院 勤務
2020年共立女子大学看護学部看護学科准教授 就任

___________________________________________________________________________________________

【口座振込によるお申し込み】
クレジットカードだけでなく、口座振込によるお申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。

☞ 口座振込によるセミナーお申し込み

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信(資料付)】糖尿病患者のセルフケア支援 〜食事・薬物療法のサポート〜(4/25開催)
開催日時:2024年4月25日 14:00~
配信期間:2024年4月25日 14:00~ 5月9日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振り込み
セミナー概要
糖尿病の病態を再確認し、支援につなげるためのアセスメントの視点と患者教育に活用できる理論やセルフモニタリングについて説明します。そのうえで食事療法や薬物療法を受ける糖尿病患者さんのセルフケアの実施に向けた支援をする際の困ったを解決するための支援のポイントを皆さんと一緒に考えていきます。糖尿病の治療は患者さんの生活と密接に関わっており、患者さんは生活の中にセルフケアを取り入れていかななければなりません。そのため、看護師には患者さんが毎日の生活の中でセルフケアを実施できるように支援することが求められます。今回は、患者さんを支援する際の困りごとを解決するための支援のポイントを押さえます。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:9,500円(税込)
申し込み締め切り日:開催日から7日前まで
※こちらのセミナーは、『資料の郵送付』のセミナーとなります。
※資料郵送をご希望されない方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信】糖尿病患者のセルフケア支援 〜食事・薬物療法のサポート〜 』


研修目標
1.糖尿病の基礎的な病態を理解することができる
2.糖尿病患者のセルフケアの実施に向けた支援のポイントを理解することができる

研修内容
第一部 押さえておきたい糖尿病の基礎知識
1.日本における糖尿病患者の推移
2.糖尿病とは
3.インスリン分泌能の指標
4.インスリン抵抗性の指標
5.高血糖のメカニズムと症状
6.1型・2型糖尿病の特徴
7.糖尿病の慢性合併症
8.糖尿病の進行
9.血糖コントロールの目標

第二部 支援に繋げるためのアセスメントの視点とスキル
1.糖尿病の治療
2.糖尿病患者への支援に必要なアセスメント視点
3.糖尿病腎症の病期における臨床的特徴と治療
4.自己効力を高めるための4つの方略
5.症例①
6.糖尿病の症状と特徴
7.セルフモニタリング
8.セルフケアの実施に向けた支援のポイント

第三部 セルフケアの実施に向けた支援:食事療法
1.糖尿病の食事療法
2.糖質制限
3.症例②
4.食事療法を実施する患者への支援
5.患者への支援のポイント

第四部 セルフケアの実施に向けた支援:薬物療法
1.糖尿病の薬物治療の基本的な考え方
2.インスリンの適応
3.糖尿病における薬物療法:内服薬
4.糖尿病における薬物療法:注射
5.身体能力の低下した患者への注射療法の対応
6.症例③
7.まとめ

講師
柏崎 純子
所属:共立女子大学看護学部
資格:慢性疾患看護専門看護師/糖尿病看護認定看護師
経歴:
昭和大学病院に勤務
2012年昭和大学保健医療学部 勤務
2014年日本赤十字北海道看護大学看護学部 勤務
2016年昭和大学江東豊洲病院 勤務
2020年共立女子大学看護学部看護学科准教授 就任

___________________________________________________________________________________________

▶【口座振込による申し込みも受け付けております】
 口座振込による申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。
 ☞ 口座振込によるセミナーお申し込みはこちら

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信】行動が変わる 終末期ケアの知っておきたいポイント。(4/26開催)
開催日時:2024年4月26日 14:00~
配信期間:2024年4月26日 14:00~ 5月10日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
終末期ケアに関わる中で、本人やご家族の対応に悩んだりどうすれば良かったのか等、もやもやすることはありませんか?終末期の看護ケアのポイントや、チームでどのようにケアをすればいいかなど、終末期ケアで知っておきたいポイントをわかりやすく説明し、モヤモヤを解消する方法をお伝えします。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:8,800円(税込)
申し込み締め切り日:開催日1日前
【資料について】
※資料は開催日の24時間前にPDFにてダウンロード頂けるURLを、ご登録頂きましたメールアドレスの方へ配信させて頂きます。
※資料郵送をご希望される方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信(資料付)】行動が変わる 終末期ケアの知っておきたいポイント。 』

研修目標
1.終末期患者のアセスメント必要なポイントを理解することができる。
2.患者・家族との良好な関係性を構築するためのコミュニケーションについて理解することができる。

研修内容
第一部 終末期患者の支援に必要なアセスメント ー全人的痛みを理解するー
1.終末期看護におけるアセスメントの視点
2.がん性疼痛の緩和ケアにつながるアセスメント-事例をもとに考える-
-痛みを把握するためのアセスメントのポイント
-アセスメントの実際
-胸部のアセスメント
-痛みを緩和するためのケア
-レスキュー使用効果を評価する
-痛み以外の苦痛を考える
-他の部位への苦痛を緩和するケア(手首の疼痛)
-レスキュー使用法の緩和ケアチームへの相談
-事例のまとめ

第二部 プロとして終末期患者に対応するために ー必ず問われる倫理的思考ー 
1.看護倫理は日常の中にある
2.倫理的問題を解決するプロセス
-現象の中にもやもやを感じる
-もやもやを言葉で表現する
-倫理的問題を分析する
-倫理的問題に取り組む
1)全人的に対象を捉える
2)看護師として能動性を自覚する
3)患者や家族の真の思いをそのまま聴く
4)倫理的な葛藤を率直に表現できる風土作り
3.倫理的問題に取り組む=看護の質を高める
4.アドバンス・ケアプランニングとは
5.意思表明を支えるためには…

第三部 患者・家族の意思決定を支援する ー良好なコミュニケーションの取り方ー
1.コミュニケーションのプロセス
2.意思決定を支援する
3.事例紹介
-事例① 30代男性。大腸がんオペ後
-事例② 70代女性。食道がんステージⅢ
-事例③ 40代女性。乳がんステージⅣ

第四部 様々な場所での終末期ケア ー事例でみる実際の終末期支援ー
1.事例① 本人が望む場所で最期を迎えるという事
2.事例② がん患者と家族を「支援」するという事


講師
牧野 祐子
所属:国際親善総合病院
資格:がん看護専門看護師
略歴:
・1999年 産業医科大学病院 入職
・2009年 湘南東部総合病院(緩和ケア病棟)入職
・2012年 東京慈恵会医科大学大学院修士課程 修了 がん看護専門看護師 取得
・2013年 ソフィア訪問看護ステーション(管理者)入職
・2015年 国際親善総合病院 入職
・2020年 国際親善総合病院 在職
___________________________________________________________________________________________

【口座振込によるお申し込み】
クレジットカードだけでなく、口座振込によるお申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。

☞ 口座振込によるセミナーお申し込み

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information
【録画配信(資料付)】行動が変わる 終末期ケアの知っておきたいポイント。(4/26開催)
開催日時:2024年4月26日 14:00~
配信期間:2024年4月26日 14:00~ 5月10日 13:59まで
お支払い方法:クレジットカード|口座振込
セミナー概要
終末期ケアに関わる中で、本人やご家族の対応に悩んだりどうすれば良かったのか等、もやもやすることはありませんか?終末期の看護ケアのポイントや、チームでどのようにケアをすればいいかなど、終末期ケアで知っておきたいポイントをわかりやすく説明し、モヤモヤを解消する方法をお伝えします。

セミナー詳細
会場:弊社Web上
定員数:100名
参加費:9,500円(税込)
申し込み締め切り日:開催日から7日前まで
※こちらのセミナーは、『資料の郵送付』のセミナーとなります。
※資料郵送をご希望されない方は、下記よりお申込みください。
→『【録画配信】行動が変わる 終末期ケアの知っておきたいポイント。 』

研修目標
1.終末期患者のアセスメント必要なポイントを理解することができる。
2.患者・家族との良好な関係性を構築するためのコミュニケーションについて理解することができる。

研修内容
第一部 終末期患者の支援に必要なアセスメント ー全人的痛みを理解するー
1.終末期看護におけるアセスメントの視点
2.がん性疼痛の緩和ケアにつながるアセスメント-事例をもとに考える-
-痛みを把握するためのアセスメントのポイント
-アセスメントの実際
-胸部のアセスメント
-痛みを緩和するためのケア
-レスキュー使用効果を評価する
-痛み以外の苦痛を考える
-他の部位への苦痛を緩和するケア(手首の疼痛)
-レスキュー使用法の緩和ケアチームへの相談
-事例のまとめ

第二部 プロとして終末期患者に対応するために ー必ず問われる倫理的思考ー 
1.看護倫理は日常の中にある
2.倫理的問題を解決するプロセス
-現象の中にもやもやを感じる
-もやもやを言葉で表現する
-倫理的問題を分析する
-倫理的問題に取り組む
1)全人的に対象を捉える
2)看護師として能動性を自覚する
3)患者や家族の真の思いをそのまま聴く
4)倫理的な葛藤を率直に表現できる風土作り
3.倫理的問題に取り組む=看護の質を高める
4.アドバンス・ケアプランニングとは
5.意思表明を支えるためには…

第三部 患者・家族の意思決定を支援する ー良好なコミュニケーションの取り方ー
1.コミュニケーションのプロセス
2.意思決定を支援する
3.事例紹介
-事例① 30代男性。大腸がんオペ後
-事例② 70代女性。食道がんステージⅢ
-事例③ 40代女性。乳がんステージⅣ

第四部 様々な場所での終末期ケア ー事例でみる実際の終末期支援ー
1.事例① 本人が望む場所で最期を迎えるという事
2.事例② がん患者と家族を「支援」するという事


講師
牧野 祐子
所属:国際親善総合病院
資格:がん看護専門看護師
略歴:
・1999年 産業医科大学病院 入職
・2009年 湘南東部総合病院(緩和ケア病棟)入職
・2012年 東京慈恵会医科大学大学院修士課程 修了 がん看護専門看護師 取得
・2013年 ソフィア訪問看護ステーション(管理者)入職
・2015年 国際親善総合病院 入職
・2020年 国際親善総合病院 在職 ___________________________________________________________________________________________

▶【口座振込による申し込みも受け付けております】
 口座振込による申し込みも受け付けております。 ご希望の方はこちらよりお申込みください。
 ☞ 口座振込によるセミナーお申し込みはこちら

▶【お申込みにあたっての注意事項】
※お申込みの前に必ずご一読ください。
 →https://caring.co.jp/record-seminar-information

Caring - スキルアップ看護セミナー・看護研修の基本情報

住所
東京都品川区西品川2‐19‐8
マップで見る
電話番号
0368240335
営業時間

月〜金 10:00 - 18:00

土 10:00 - 18:00

日 定休日