同じゴリラでも野生のゴリラは虫歯になりませんが、動物園のゴリラは虫歯になります。違いはどこにあるのでしょうか?野生のゴリラはフッ素塗布もしませんし、もちろん定期検診にも行きません。そして一生のうちに一回も歯ブラシすらしないでしょう。そうなんです。野生のゴリラと、動物園のゴリラでは食生活が違うのです。残念ながら、動物園のゴリラは人間の食生活に近い食事を与えられれば与えられるほど、虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなります。野生のゴリラは、自分たちが本来何を食べるべきかを知っていますし、迷うことはないでしょう。


彼らは、生で美味しく加工せずすぐに食べられる果物を主に食べている果食性の動物です。ですから、私たちもゴリラを見習って、なるべく生で加工せずにすぐに調味料なしに食べられるものを主食にすべきだと思いますが、人間には食文化が有りますので、なかなかそこまで野生にたち戻ることは難しいと思います。私たちも野生動物のように本能を働かせて本来の食性を取り戻せれば一番だと思います。


しかしながら、私たちの直観力は残念ながらとても低下してしまい、本来何を食べる動物だったのか?完全に忘れてしまっています。現在は、添加物、遺伝子組み換え作物、農薬、重金属、放射能などによって食品や水が大変汚染されています。こうした状況に加えて、日光浴、運動、微量栄養素や酵素の不足などによる生活習慣全般が乱れています。


特に私たちはこうした毒物を体内に入れることで、食べることにより病気になってるとも言われています。フレンズ歯科クリニックではあなたが信じる健康的な食事が本当にあなたにあったものなのか?どうかを調べる手立てとして、暗視野と明視野の顕微鏡を揃えて血液観察、口腔内細菌のプロファイリングで、あなたの食生活の影響をお調べしております。


ご自身の健康と食生活の関係性をお知りになりたい方。食に関わるお仕事をされていらっしゃる方で、自信をもってご自身の指導をされたい方などに、血液観察やヘルスコーチングをご提供しております。

friends-dc's Information

Address
千葉市若葉区西都賀1−21−8
Open Map
Business Hours

月〜金 00:00 - 24:00

土・日 00:00 - 24:00

TelBookFavorite