那覇市樋川の『DOCGおきなわダイニング』内で、自然に寄り添う心と体に美味しいダイニングサロンを展開。


[食部門]

沖縄の野草(薬草)やホリスティックな観点を取り入れた自然食ベジフード監修。


[心・自然 部門]

心理カウンセリング、アートセラピー、沖縄野草ライフ



[代表自己紹介〜自身の経験から、心の領域へ]

名前:美咲姫

十代の頃患ったPTSDを乗り越えたことをきっかけに心理学へ興味を持ち学ぶ。自己啓発、催眠療法、カウンセラー養成講座の課程を修了。現在も心理カウンセラー養成スクール在籍二年目。出身地沖縄を離れ東京で生活していた頃、自然のある環境に身を置くと癒されメンタルが回復していく経験から自然界と人のメンタルは繋がっていると気付く。植物療法士や海外の自然療法士ナチュロパスに憧れるが、小さい頃から父親に野草を教えてもらった経験を思い出し、沖縄では古くから野草で植物療法をしていたことに気付く。沖縄の野草を学ぶために畑の学校沖縄の上原文子師から野草を学び、野草や自然界は最高のセラピーになると、それらの提供を始める。料理人のパートナーとコラボし、野草やホリスティックな観点を取り入れた自然に寄り添い心と体に美味しいヘルシーダイニングとして提供中。


[メンタル不全は回復する]

メンタル不全の私を救ってくれたものは病院や薬ではなく、支えてくれた家族や仲間たち、そして数々の心理セラピーや自然界でした。それらが無ければ、きっと今の私はここにおりません。それと同時に今の私が存在しているのはその経験のおかげ。メンタルの問題は当人だけではなく家族や周りの人も悩みや苦しみを抱えてしまい、適切なケアが出来ないと共倒れになってしまうことは少なくありません。早期発見早期解決が基本。また、予防や能力向上にも心理カウンセリングは有効ですし、自然界は最高のセラピーを提供してくれます。


[特に女性が抱える悩みに寄り添いたい]

10代の頃は反抗期で家を居場所と思えない学生時代不健全な日々を過ごす。水商売歴十数年、結婚→離婚→再婚→離婚…という過程で、特に女性やこどもが抱える問題や地域カウンセラー的支援が出来ないかと考えるようになる。


[自然と共存する大切さ]

上京時代や夜の仕事を経て、海や緑がある自然界に身を置く機会が増え、辿り着いたのは人間も自然の一部ということ。自然界から離れれば離れるほど人の心も自然も健康的ではなくなっていくことに気付きました。自然と共存する事を心がけると、多くの問題はクリアーになるという自論があります。


[食の大切さ]

私達の体は食べた物で作られています。そして食はメンタルにも影響します。それならば、なるべく心と体に良いものを食べる方がいい。食を改善するだけで体と心は快方に向かうこともあります。地産地消・身土不二の思想から、今いる土地の旬の食材を中心に、生命力のあるお野菜や野草を取り入れ、環境に配慮し、自然療法や中医学やアーユルヴェーダなどの観点を取り入れた心と体に美味しい自然食ヘルシーフードの監修をし提供しています。

RyuNaS-リューネス(沖縄野草・セラピー・ヘルシーランチダイニングサロン)'s Information

Address
沖縄県那覇市樋川1-1-65 金城ビル1階
Open Map
Business Hours

月 10:00 - 21:00

火 11:30 - 20:00

水 11:30 - 20:00

木 11:30 - 20:00

金 10:00 - 20:00

土 10:00 - 20:00

TelBookFavorite