List of services

【無料公開講座】ipad Procreate初級応用編〜シバオをいろんなタッチで描きわけてみよう!〜【30分】
ipadのお絵かきアプリで大人気の「Procreate」を使ってライブペイントします!!

基礎で描いたシバオを色々なタッチで描いてみます!

ipadを持っていなくても大丈夫!procreateでどんな事ができるのか是非ご覧ください


【授業内容】

ライブペイントをしながら質問にお答えします

◆ipadでどんな絵が描けるか事前に知りたい方は、QRコードからインスタをご覧ください。

イラストコース所属講師がipadで描いたイラストを更新しています!



https://www.instagram.com/ipad_illust.school

@ipad_illust.school



◆ 受講時間:30分

◆ 回数券:0枚

◆ イラストコース  富畑満理枝

◆ 授業に関するお問合せ・課題連絡用アドレス artillustonline@gmail.com

◆ 受講いただくZoomミーティングのアドレスは、授業1日前に art-school osaka ( noreply@coubic.com )よりメールでご案内します。

( 1日前20時になってもメールが来ない場合は artillustonline@gmail.com  までご連絡ください )





✅ ご予約前にご確認ください。

下記の機材やアプリなどをご用意ください

■ 最新のprocreateがダウンロードしてあるiPadとApplePencil

■ 上記以外にZoomが快適に使えるPCやノートPC またはスマートフォンやタブレット

( webカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクをご用意ください )

■ アカウント取得/ZoomとGoogleのアカウントをご用意ください。

■ 通信環境/ 安定したWi-Fiと有線LANが必要です。



下記のルールや注意をお守りください

● 利用規約第5条の禁止行為をお守りください。

●  Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルでご確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 授業中の発言は講師の指示を守って、快適な受講環境づくりにご協力ください。
【無料公開講座】ipad Procreate初級編 シバオを描きながら質問にお答えします!【30分】
iPadのお絵かきアプリで大人気の「Procreate」を使ってライブペイントします!!

iPadを持っていなくても大丈夫!procreateでどんな事ができるのか是非ご覧ください!

【授業内容】

ライブペイントをしながら質問にお答えします!

◆ipadでどんな絵が描けるか事前に知りたい方は、QRコードからインスタをご覧ください。

イラストコース所属講師がipadで描いたイラストを更新しています!

https://www.instagram.com/ipad_illust.school

@ipad_illust.schoo

◆ 受講時間30分

◆ 回数券:無料

◆ 講師:アートスクール・イラストコース  富畑満理枝

◆ 授業に関するお問合せ・課題連絡用アドレス artillustonline@gmail.com

◆ 受講いただくZoomミーティングのアドレスは、授業1日前に art-school osaka ( noreply@coubic.com )よりメールでご案内します。

( 1日前20時になってもメールが来ない場合は artillustonline@gmail.com  までご連絡ください )



✅ ご予約前にご確認ください。

下記の機材やアプリなどをご用意ください

■ Zoomが快適に使えるPCやノートPC またはスマートフォンやタブレット

 ( webカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクをご用意ください )

■ アカウント取得/ZoomとGoogleのアカウントをご用意ください。

■ 通信環境/ 安定したWi-Fiと有線LANが必要です。



下記のルールや注意をお守りください

● 利用規約第5条の禁止行為をお守りください。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルでご確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 授業中の発言は講師の指示を守って、快適な受講環境づくりにご協力ください。

【美術】風景、背景、パースのツボ
風景や背景を描くとき、またちょっとした小物を配置するときどこかしっくりいかないことってありませんか?

どこを注意したらいいのだろう。本を読んでもいまいちわからない。何かコツはないのかな?

この講座では、まず、下記の10個の課題を提出していただきその中で風景、背景、パースの基本を

学んでいただけるコースとなっています。

基礎的な内容が中心です。なんとなくうまく形がとれないと感じていることについて、

疑問点を一つずつ解決していければと思っています。

課題はどこからやっていただいても結構です。全部やる必要もありません。興味のあるものから挑戦していただけます。

また今描いている絵の添削でも構いません。



1.正方形の机の上にティッシュの箱と1冊の図鑑が置いてある絵を描いてください。

2.家の廊下にほうきとバケツが置いてある絵を描いてください。

3.台所の流しの中に食事後の食器が置いてある絵を描いてください。

4.横断歩道で信号待ちをしていると反対側に友達を見つけた絵を描いてください。

5.みかんが乗っているこたつに入ってテレビを見ている人の視点で絵を描いてください。

6.あなたは犬と散歩しています。犬の視点で絵を描いてください。

7.川にかかっている橋の中央まで来ました。そこから見える川の絵を描いてください。

8.坂道のある風景を描いてください。

9.動物園にある円形の中の猿山を見ている絵を描いてください。

10.アフリカに観光で熱気球に乗りました。そこから見える風景を描いてください。



上記の中から1回1課題添削と解説をさせていただきます。

表現は自由です。手描きでもPCやタブレットでもOK。画像は下記の専用メールで提出してください。

artPerth.online@gmail.com

完璧な必要はありません。まったく初めてでも大丈夫です。

複数人参加となりますので、ご自身の質問や作品等も参加している皆さんで画面共有しながら進めていきます。

それをご了承ください。

他の方の疑問点や添削を見ていくこともとても勉強となりますので、ぜひ気軽にご参加いただければと思います。



◆開催日 月曜日19:00〜 20:10〜 2回

◆受講時間:60分

◆回数券:1枚 

◆講師:佐川





✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。 ※受講までにご自身で環境テストをしてください。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 材料やキットの転売は禁止です。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC、スマートフォン、iPadいずれか

webカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクが必要

(iPadなどで参加される場合はカバーなど外された方が、マイク性能が良くなる場合があります。)

■ アプリケーション・ソフトウェア/ Zoom、E-mail、LINEなど

■ アカウント取得/Zoomや LINE アカウントなど上記に関する物

■ 材料/担当講師が推奨する機材工具料材料(必要な場合)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)





◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【artPerth.online@gmail.com 】

【美術】動物(ペット)クロッキー
人物を描く場合に特に必須のクロッキーですが、御家庭のペットなどでも応用することができます。

動いている動物を描く事は難しいですが、動くものを目で追う力(胴体視力)を養いながら、全体を

捉える力を身につける事が出来ます。

そのため、静止画から動画も用いた演習によって様々な力を養っていきます。



◆受講時間:60分より

◆回数券:1枚 より

◆ 講師名:村田大輔



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。

● 他の受講生に迷惑をかける行為の禁止。

  (音楽を流す、大声を出す等、公序良俗に反する行為、格好等。アバターの使用。)



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC(デスクトップ、ノート等)、(内蔵してない場合)マイク、カメラ

■ アプリケーション・ソフトウェア/Zoom、E-mail

■ アカウント取得/上記ソフトに関するもの

■ 画材/鉛筆等

講師と相談の上で揃えて戴けます

以下は素描をする場合の一例

(3H、2H、H、HB、B、2B、3B~ 計7本程度推奨)、練消しゴム

    カッターナイフ等、画用紙又はスケッチブック、画板(カルトン)、クロッキー帖



■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)



その他

▲ 画材等必要なものは応用ができますので、気軽にご相談ください。



◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【asdk501B@gmail.com】

【美術】絵を描くまでの準備講座
絵を描く前にチェックしておいた方が良い、様々なことを解説を交えながら演習して頂けます

・絵を描く道具について

・物をよく見るためのおさらい

・光と影を観察するために

・その他何でも御相談

興味があるけど、絵を描くことにためらいがある方々へ御案内致します。

担当講師: 村田 大輔

受講時間: 1時間(チケット1枚)

講座形式: 実技

開講曜日: 日曜日

開講要件: 参加人数1人以上



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。

● Zoom の基本的な使い方はお渡ししたマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。

● 他の受講生に迷惑をかける行為の禁止。

  (音楽を流す、大声を出す等、公序良俗に反する行為、格好等。アバターの使用。)



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC(デスクトップ、ノート等)、(内蔵してない場合)マイク、カメラ

■ アプリケーション・ソフトウェア/Zoom、E-mail

■ アカウント取得/上記ソフトに関するもの

■ 画材/鉛筆(3H、2H、H、HB、B、2B、3B~ 計7本程度推奨)、練消しゴム

    カッターナイフ等、画用紙又はスケッチブック、画板(カルトン)、クロッキー帖

    プラスティック定規(30~40㎝)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)



その他

▲ 画材等必要なものは応用ができますので、気軽にご相談ください。



◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【asdk501B@gmail.ccm】

【美術】水彩画(絵画)講座
水彩の技法を様々な画材による演習を通じて幅広く学んでいただきます。

カウンセリングを通じて希望に沿った絵を描き進めて行きながら、

色彩の理論的なものも説明してゆきます。



◆受講時間:60分より

◆回数券:1枚 より

◆ 講師名:村田大輔



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。

● 他の受講生に迷惑をかける行為の禁止。

  (音楽を流す、大声を出す等、公序良俗に反する行為、格好等。アバターの使用。)



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC(デスクトップ、ノート等)、(内蔵してない場合)マイク、カメラ

■ アプリケーション・ソフトウェア/Zoom、E-mail

■ アカウント取得/上記ソフトに関するもの

■ 画材/鉛筆等

講師と相談の上で揃えて戴けます

以下は素描をする場合の一例

(3H、2H、H、HB、B、2B、3B~ 計7本程度推奨)、練消しゴム

    カッターナイフ等、画用紙又はスケッチブック、画板(カルトン)、クロッキー帖

    プラスティック定規(30~40㎝)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)



その他

▲ 画材等必要なものは応用ができますので、気軽にご相談ください。



◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【asdk501B@gmail.com】

【美術】油彩(絵画)講座
油絵を様々な演習を通じて幅広く学んでいただきます。カウンセリングでご希望に沿った絵を描いて行きます

描く対象から選択する場合は
①静物 ②風景 ③人物その他 抽象画等ご希望に沿って 


応用過程技法から学ぶ(道具がご用意できる場合)
①古典技法(テンペラ、フレスコ、混合技法)、ミクストメディア
その他 絵画修復技法、金箔技法等、ご希望に沿って行えます。



◆受講時間:60分

◆回数券:1枚から御参加頂けます。

◆ 講師:村田 大輔



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。

● 他の受講生に迷惑をかける行為の禁止。

  (音楽を流す、大声を出す等、公序良俗に反する行為、格好等。アバターの使用。)



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC(デスクトップ、ノート等)、(内蔵してない場合)マイク、カメラ

■ アプリケーション・ソフトウェア/Zoom、E-mail

■ アカウント取得/上記ソフトに関するもの

■ 画材/鉛筆等

講師と相談の上で揃えて戴けます

以下は素描をする場合の一例

(3H、2H、H、HB、B、2B、3B~ 計7本程度推奨)、練消しゴム

    カッターナイフ等、画用紙又はスケッチブック、画板(カルトン)、クロッキー帖

    プラスティック定規(30~40㎝)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)



その他

▲ 画材等必要なものは応用ができますので、気軽にご相談ください。



◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【asdk501B@gmail.com】

【芸術学】となりなのに、こんなに違っていた ざっくり朝鮮美術の流れ ~謎のエアーポケット時代とは~ 7回シリーズ
(前回シリーズの中国)より近いのに、まったく違う朝鮮の美術。

K-popが世界を席巻し、韓国映画もいち早く世界に称賛され、韓国のカルチャーが華麗に花開いています。
学生の頃学んだのは、日本文化の多くが、朝鮮半島から伝わってきたこと。
なので、日本文化の流れが少し早く展開している、と想像できます。
しかし調べてみると違っていました。

「朝鮮の美術のながれは、ながれていない」

大胆な表現をあえてしてみました。
調べてみると9世紀から12世紀にかけて、文化のエアーポケットらしきものがありそうなのです。
この時期日本では平安から鎌倉時代にかけてで、政治的にはもちろん、文化的にも大切な時期です。
このエアーポケットについて、考えながら進めなければなりません。
あまりにも違う朝鮮美術のながれを見ると、日本が見えてくるにちがいありません。



第0回のガイダンスを経てから、時代順に始まります。


第1回.高句麗古墳壁画
第2回 .初期仏像
第3回 .謎のエアーポケット
第4回 .高麗仏画
第5回 .李朝の絵画
第6回 .李朝の工芸
第7回 .日本文化との比較


日中忙しい方にお勧めできる朝学設定となっています。

毎週火曜日の朝6時から、朝学向け。通勤前に、頭をリフレッシュ。



【講師 小林泰三】
デジタル復元師、彩色家、学芸員。
ジャンルにこだわらず、イラスト制作からプロジェクト運営まで手掛ける、クリエイター。
日本美術の復元を数多く手がけ、美術史研究家としても知られる。



作品例などは、
https://www.art-school.co.jp/info/16776/
「新しい先生のご紹介」からどうぞ。



◆受講時間:60分

◆回数券:1枚



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。 ※受講までにご自身で環境テストをしてください。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 材料やキットの転売は禁止です。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC、スマートフォン、iPadいずれか

webカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクが必要

(iPadなどで参加される場合はカバーなど外された方が、マイク性能が良くなる場合があります。)

■ アプリケーション・ソフトウェア/ Zoom、E-mail、LINEなど

■ アカウント取得/Zoomや LINE アカウントなど上記に関する物

■ 材料/担当講師が推奨する機材工具料材料(必要な場合)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)





◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【artillustonline @art-school.co.jp】

【芸術学】ざっくり西洋美術の流れ ~人は、何を表現してきたのか~ 16回シリーズ
ひとつひとつは好きだけど、意外と知らない西洋美術の大きな流れ

日本人は、西洋美術が大好き。
ダヴィンチ、ルノワール、ゴッホ、ピカソって、じつは西洋美術の方が日本美術より詳しい日本人。
でも、ひとつひとつていねいに作品とその表現の変遷をたどり、大まかな流れ把握している人は少ないかもしれません。

しかしこれも、”ざっくり日本美術の流れ”と同じように、

「ポイントをおさえれば単純明快」に西洋美術が分かってしまうのです。

気をつけるポイントは、”自然科学としての美術”。
人間を取り巻く科学や宗教や社会の変遷とともに、美術は展開していったのです。
16回完結のこのシリーズで全体像を把握できれば、いつどの美術展に行っても、以前より楽しくなること請け合いです。



ガイダンスを経て、時代順に始まります。


0.ガイダンス 自然科学と美術のはざま
1.エジプト文明の美術
2.古代ギリシアの美術
3.古代ローマの美術
4.ビザンチンとロマネスク
5.ゴチック、初期ルネサンス美術
6.ルネサンス、マニエリスム
7.バロック美術
8.北方ルネサンス
9.古典主義、ロココ
10.新古典主義 VS ロマン主義
11.ロマン主義から写実主義へ
12.バルビゾン派と印象派
13.印象派、新印象派
14.後期印象派
15.キュビスム、フォービズム
16.ドイツ表現主義とシュールレアリスム

週に2回を予定しています。
特に、日中忙しい方にお勧めできる時間設定となっています。


毎週木曜日は夜9時から、これは夜学向け。ゆったり気分で聞くもよし。
毎週土曜日は8時30分から、休日にちょっと芸術に親しむもよし。



【講師 小林泰三】
デジタル復元師、彩色家、学芸員。
ジャンルにこだわらず、イラスト制作からプロジェクト運営まで手掛ける、クリエイター。
日本美術の復元を数多く手がけ、美術史研究家としても知られる。



作品例などは、
https://www.art-school.co.jp/info/16776/
「新しい先生のご紹介」からどうぞ。



◆受講時間:60分

◆回数券:1枚



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。 ※受講までにご自身で環境テストをしてください。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 材料やキットの転売は禁止です。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC、スマートフォン、iPadいずれか

webカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクが必要

(iPadなどで参加される場合はカバーなど外された方が、マイク性能が良くなる場合があります。)

■ アプリケーション・ソフトウェア/ Zoom、E-mail、LINEなど

■ アカウント取得/Zoomや LINE アカウントなど上記に関する物

■ 材料/担当講師が推奨する機材工具料材料(必要な場合)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)





◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【artillustonline @art-school.co.jp】

【芸術学】美術史 これで大丈夫、ざっくり日本美術の流れ ~わびさびコンプレックス、さようなら~ 7回シリーズ
あなたは、外国の方々に、日本美術を説明できますか?

例えば海外でも活躍の場を広げている優秀なIT企業の社長でも、海外先で日本文化に関して質問されたとしたら、うまく答えられる人は案外少ないかもしれません。まして「わびさび」なんて、どうやって説明すればいいのでしょう?
日本人なのに、ダヴィンチ、ルノワール、ゴッホ、ピカソって、じつは西洋美術の方が詳しい日本人。
でも、ひとつひとつていねいに作品とその表現の変遷をたどっていくと、「いくつかのポイントをおさえれば単純明快」に日本美術が分かってしまうのです。

” 金と銀 ”、そして、” ド派手とわびさび ”、気をつけるポイントは実はこれだけ。
それがどう関係していたかが、分からないために、複雑に考えすぎてしまっていたのです。
7回完結のこのシリーズで全体像を把握できれば、もう「わびさび」を怖がることはありません。



前回のガイダンスを経て、いよいよ今回から時代順に始まります。


第1回.飛鳥・奈良時代 「太陽の文化がやってきた」
第2回 .平安時代 「月に共鳴、日本らしさの最初」
第3回 .鎌倉時代 「雅ばかりでは飽きてくる」
第4回 .室町時代 「月の文化が産み落とした双子」
第5回 .安土桃山時代 「対立する双子兄弟 ”新ド派手VSわびさび” 」
第6回 .江戸時代 「美の下克上」
第7回 .明治時代~昭和時代 「江戸のトラウマを受け継いだ私たち」

週に2回を予定しています。
特に、日中忙しい方にお勧めできる時間設定となっています。

毎週火曜日の朝6時から、朝学向け。通勤前に、頭をリフレッシュ。
毎週木曜日は夜9時から、これは夜学向け。ゆったり気分で聞くもよし。



【講師 小林泰三】
デジタル復元師、彩色家、学芸員。
ジャンルにこだわらず、イラスト制作からプロジェクト運営まで手掛ける、クリエイター。
日本美術の復元を数多く手がけ、美術史研究家としても知られる。



作品例などは、
https://www.art-school.co.jp/info/16776/
「新しい先生のご紹介」からどうぞ。



◆受講時間:60分

◆回数券:1枚



✅ ご予約前にご確認ください。

ルールや注意すること

● 利用規約第5条の禁止行為を行いません。

● 授業の中に PC や iPad の基本的な操作の指導はしません。 ※受講までにご自身で環境テストをしてください。

● Zoom の基本的な使い方はホームページ記載のマニュアルで確認ください。

● 授業への遅刻や断りなく退室されるのはお控えください。

● 授業中は発言の順番をお守りください。

● 材料やキットの転売は禁止です。

● 授業中の発言は講師の指示を遵守し、快適な受講環境づくりにご協力ください。



受講生が用意、負担する物

■ 機材/PC、スマートフォン、iPadいずれか

webカメラやマイクが内蔵されていないものは、別途webカメラやマイクが必要

(iPadなどで参加される場合はカバーなど外された方が、マイク性能が良くなる場合があります。)

■ アプリケーション・ソフトウェア/ Zoom、E-mail、LINEなど

■ アカウント取得/Zoomや LINE アカウントなど上記に関する物

■ 材料/担当講師が推奨する機材工具料材料(必要な場合)

■ 通信環境/Wi-Fi、および有線LANなど、安定した通信環境(モバイル非推奨)





◇授業に関するお問合せ・課題提出先アドレス【artillustonline @art-school.co.jp】

アートスクール大阪【クリイエ】's Information

Address
〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル
Open Map
Business Hours

月〜金 11:00 - 21:00

土・日 11:00 - 21:00

TelBookFavorite