List of services

[R]カンファレンス(ISO/IEC 29134 プライバシー影響評価とは?)ー受講無料
2021年第2回(#007)リモートカンファレンス
プライバシー及びPII保護(ISMS A.18.1.4)への取組みが強化されるなか、2018年5月にEUで一般データ保護規則(GDPR)が完全施行され、「個人情報を扱うシステム」を構築する際、データ保護影響評価の実施が義務づけられました。また、総務省・経済産業省による「ⅮⅩ時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブック」(2020年8月発行)でもプライバシー影響評価(PIA)の実施の有用性が記載され、国内外でプライバシー影響評価についての理解と実践が求められています。
プライバシー影響評価(Privacy Impact Assessment:PIA)とは、個人情報の収集を伴う情報システムの企画、構築、改修にあたり、情報提供者のプライバシーへの影響を「事前」に評価し、情報システムの構築・運用を適正に行うことを促す一連のプロセスです。
設計段階からプライバシー保護策を織り込むことにより、「公共の利益」と「個人の権利」を両立させることを目的に実施されます。また、PIAを実施することにより、情報システム稼働後のプライバシーリスクを最小限に抑えることができ、改修とそれに伴う追加費用の発生の予防にもなります。
関連規格
ISO/IEC 29100 プライバシーフレームワーク
ISO/IEC 27701 プライバシー情報マネジメ ントシステム(PIMS)
カンファレンスではその概要(PIAとは?その実施方法)について概説します
[R]コロナ禍におけるリスク管理のはじめかた(60分)ー受講無料
リスク管理(リスクマネジメント)について正しく理解することが目的です
(本コースはZOOMによるリモート開催です)
✅そもそもリスクマネジメントって何?
✅リスクマネジメントを導入するメリット・デメリット
✅成功事例と失敗事例から学ぶ
急激な環境変化に即応し、安心・安全にビジネスを進めるために
ビジネスチャンスを得るためにリスクを特定して管理するために

急速な社会環境やビジネス環境の変化とともにリスクも変化しています
新型コロナ感染症という世界規模のリスクに多くのビジネスや個人が
さらされていいます。逆にビジネスチャンスとなる場合もあります。
仕組みや制度を正しく理解し、業務と整合させ、事業目標達成に貢献する
ビジネスイノベーション活動にプラスになるようにしなければなりません

MSQAは、マネジメントシステムの健全な普及促進を目的に活動しています
主催者のPandion社(MSQAビジネスパートナー会員)といっしょに理解を
深めるために本セミナーをシリーズ開催しています

主催:Pandion株式会社
講師:中西孝治(ISMS Society)
一般社団法人マネジメントシステム品 質協会理事
ISMS/クラウドセキュリティ審査員研修講師
ISMS/クラウドセキュリティ主任審査員

関連コース:ISMS制度がわかる

お問い合わせは、主催者 もしくはMSQA(ISMS Society) へお気軽に

一般社団法人マネジメントシステム品質協会's Information

Address
東京都台東区台東1-11-10大木ビル
Open Map
TelBookFavorite