レビュー (145)

  • クービックユーザー

  • クービックユーザー

    ISMSの移行ではなく新規取得時の注意点など確認できたらもっと良かったです

    返信コメント

    今回はセミナーテーマ『ISMS改正管理策解説&Excelで移行実践』のとおり、ISMS運用中の企業(組織)担当者様を対象とした内容で実施させていただきました。ISMS及びクラウドセキュリティ新規認証取得企業(組織)も増加し、ご依頼も急増しておりますので、スマートな構築と運用法を解説することを目的としたセミナーの開催を計画させていただきます。レビューありがとうございました

    2023年03月24日
  • クービックユーザー

    ISMS移行対応、適用宣言書改正を効率的に対応することのできるExcelファイルを提供いただき、超実践的でした。11種の追加管理策とともに現状を再評価することで自動的に適用宣言書が作成できるこのExcelは眼から鱗です!改正内容だけが紹介されるセミナーに比べてその品質に大変満足しており、今後も受講させていただきます

    返信コメント

    レビュー投稿ありがとうございます

    ISMS改正内容を紹介するセミナーは多数開催されていますので、MSQAでは具体的な対処法のご説明に重点を置くために、適用宣言書を移行するための計画とツール(Excel)提供と使い方を解説させていただきました。Excelをご利用いただき、追加11種への対応もさることながら既存管理策の見直しと統合をスマートに進めていただき、安心で安全なビジネス環境構築の一助となれば幸いです。

    2023年03月24日
  • クービックユーザー

    大変に参考になるセミナーをありがとうございました。構成管理、リスクアセスメントを楽しみにしております。

    返信コメント

    レビュー投稿ありがとうございます

    ISMS改正内容を紹介するセミナーは多数開催されていますので、MSQAでは具体的な対処法のご説明に重点を置くために、適用宣言書を移行するための計画とツール(Excel)提供と使い方を解説させていただきましたが、6.2 変更の計画でご説明させていただきましたリスクアセスメントの最適化(ISO/IEC 27005:2022 事象からのアプローチ)の実践セミナーのニーズも高いため、開発中のアプリをツールとして活用した実践編を開催します。日程が決まり次第本サイトで公開するとともにメールでご案内させていただきますので、是非ご受講いただければ幸いです(感謝)

    2023年03月24日
  • クービックユーザー

    「6.3 計画の変更」の説明が非常に参考になりました。ありがとうございます。

    返信コメント

    レビューありがとうございます

    実は、改正対応が6.3 変更の計画 に該当することに気づき今回から『変更計画案』に基づいて、実践的な改正対応の進め方についてご説明させていただきました。これにより、文字通り計画的に進めることができます。次回テクニック解説を追加開催しますが、さらにブラッシュアップし皆様のお役に立てるよう実施します。管理策別のセミナーも開催を予定しておりますので是非ご参加いただき、レビュー・ご意見をいただけると幸いです(感謝)

    2023年03月16日
  • クービックユーザー

    時間や情報に無駄がなく、これが無料は有難いです!

    自身の振り返りに活用させていただきましたが、今後も有料セミナーと組み合わせて拝聴させていたきたいです。

    ありがとうございました。

    返信コメント

    レビューありがとうございます

    時間や情報に無駄がなく、これが無料!ですよね----私たちは、マネジメントシステムの健全な普及促進を目的とした非営利の一般社団法人(会員制)で活動しており、より多くの皆様に有効な手法を現場で試行し経験に基づいた実践手法として開示し続けます。無料セミナーをこの品質で実施しておりますので、有料セミナーはその価格の10倍20倍の価値を提供しなければと思ってます!有料セミナーも是非ご検討ください(感謝)

    2023年03月16日
  • クービックユーザー

    今回の規格変更が普段から情報セキュリティ活動を行っていれば、そこまでインパクトはないものなんではないかなと思いました。弊社ではこの機会の資産台帳の見直しを行うので、大きな変更になりますが、できているところ、できてないことろが明確になってよかったと思いました。

    返信コメント

    レビューありがとうございます

    今回の規格変更が普段から情報セキュリティ活動を行っていれば、そこまでインパクトはない---まさにその通りだと思います。私たちのポリシーも審査のために活動するのではなく、その本来の目的(意図した成果)を達成できるとともに平素の業務と整合の取れたマネジメントシステム運用を考え続けています。審査直前にも作業を必要とせず、普段からの活動でいいと思ってます。資産台帳から構成管理へなど個別のセミナーも計画していますのでお役に立てることがございましたらお声がけください。

    2023年03月16日
  • クービックユーザー

    大変に参考になrました。ありがとうございました。

    返信コメント

    こ受講いただきありがとうございました

    2023年度は、改正対応を有効に進めることを目的に資産管理と構成管理や事象ベースのリスク管理などテーマ毎のセミナーを開催します!ご参加いただきご意見を頂ければ幸いです

    2023年03月16日
  • クービックユーザー

    ISMS改正で追加された6.3変更の計画について具体的な説明と具体例がとても良かったです。変更計画に基づく移行プランを説明いただき、スッキリしました。リスクマネジメントプロセスの改善についてセミナーが実施されるとのこと、ぜひ参加したいので楽しみにお待ちしています

    返信コメント

    リスクマネジメントプロセスの改善についてセミナーは、27005:2022事象ベースのアセスメント手法を具体的なツール(開発中アプリケーション)をご利用いただき実践的に開設予定です。開催日程はメルマガ等でご案内させていただきます。

    2023年03月15日
  • 渡辺 孝

    ボリュームがある内容をコンパクト、且つわかりやすく説明頂きました。

    他の1.5時間のセミナーと比べ充実したもので、コノヨウナセミナーは今後も参加したいと思えました。

    返信コメント

    レビュー投稿ありがとうござます

    短時間でご理解いただくために、より実践的内容を結論からお伝えすることを心がけさらなる改善でみなさまのお役に立てるよう全力を尽くします。2023年度はこのようなセミナーをリスクマネジメント推進や資産管理と構成管理などテーマ別にも開催しますので是非ご受講ください

    2023年03月15日
  • クービックユーザー

    構成管理についてヒントをいただけました。とてもありがたいです。

    返信コメント

    ありがとうございます

    資産管理と構成管理はその他関連管理策との関係性(関連性)とともに別途セミナー開催の予定です。是非ご参加いただき、ご意見をいただけると幸いです。よろしくお願いします

    2023年03月15日
  • クービックユーザー

  • クービックユーザー

  • クービックユーザー

    ありがとうございました。とても参考になりました。

    返信コメント

    レビューありがとうございます

    リスクマネジメントを定着させ、事業を円滑に進めることを目的とした実践事例、ツール・アプリケーションについての情報公開を目的としたセミナーを追加開催する予定です。ISMS改正で附属書Aに追加された管理策の実践方法についてのセミナーともども是非ご参加いただきご意見をいただけると幸いです。よろしくお願いします

    2023年03月09日
  • クービックユーザー

    いつも活用させていただいております。

    業務にあたりモヤモヤする部分が解消されるので、大変助かっております。

    「何のためのマネジメントシステムか」に立ち返れる機会になりますので、

    引き続きご利用させて頂きたいと思います。

    返信コメント

    いつもありがとうございます

    自らも常に「何のためのマネジメントシステムか」と自問自答しながら、その目的を果たすための実践的なツールや技法を考え、実証しながらセミナーで公開して皆様のご意見を参考に継続的に改善しています。新年度はさらに改正追加された構成管理など資産管理との関係やリスクマネジメントアプリの紹介ーーーぜひご参加ください。

    2023年03月09日
  • クービックユーザー

    従来からの資産ベースによるリスクアセスメントの有効性に少なからずの不安があったので、事象ベースによるリスクアセスメントのアプローチはとても勉強になりました。

    質疑応答の中で、「資産または事象」ではなく、「事象および既存の資産も活用」も有効であるとの説明から、今までの蓄積を活かしつつプラスアルファとして「事象」ベースの併用を考えてみようと思いました。

    返信コメント

    セミナー参加いただきありがとうございます!事象ベースのリスク特定は部分適用など少しづつでも是非実践してください。事象ベースのリスク特定法にも課題はありますが、ISO/IEC 27005:2022の通り、『詳細なレベルで資産を特定することに多大な時間を費やすことなく、高いレベルの、又は戦略的なシナリオを確立することができる。これにより、組織は自らのリスク対応の取組みを重大なリスクに集中させることができる。』を体感できると思います。


    2023年03月08日
  • クービックユーザー

    リスクアセスメントがマンネリ化していることから、非常にためになりました。社員一人一人にリスクを考えてもらう良い機会になると思います。

    返信コメント

    ご受講いただきありがとうございました。研修やワークショップ形式で社員一人一人にリスクを考えてもらい、重大なリスクに資源を集中させ対応を進めることにより本来の目的である、事業目標達成を阻害する要因を取り除き、業務効率や生産性向上に貢献できるようになることを願っています。

    2023年03月08日
  • クービックユーザー

    資産管理台帳をつくって、リスクアセスして、点数をつけて、、と運用しています。

    事象ベースの表は印象的でした。

    全員参加が結局メリットがあり無駄もなくなるという点はなるほどと思いました。

    返信コメント

    レビュー投稿ありがとうございます。ISO/IEC 27005:2022の通り、『詳細なレベルで資産を特定することに多大な時間を費やすことなく、高いレベルの、又は戦略的なシナリオを確立することができる。』事象ベースのアプローチ法を是非お試しください。

    2023年03月08日
  • クービックユーザー

    大変に分かり易く、丁寧にお話をして頂いてありがとうございました。次回を楽しみにしております。

    返信コメント

    レビューありがとうございます。次回は資産管理や構成管理、今回実施したリスクアセスメント実践セミナーも具体的なツールによる実践編へばじょんアップして開催したいと思っています。またのご参加をお待ちしています。

    2023年03月08日
  • クービックユーザー

一般社団法人マネジメントシステム品質協会の基本情報

住所
東京都台東区台東1-11-10大木ビル
マップで見る