〜名作に描かれたアートの世界へ、時空を超えた旅〜

ARTRIP@HOME 美術館と同じ体験をオンラインで!


入会申込みはこちら

➡➡ https://coubic.com/artsalive/products/468309#pageContent


体験会申込みはこちら 

➡︎➡︎ https://coubic.com/artsalive/972886#pageContent

 

【入会金】3,000円 

【各コースのスケジュール・参加費】

 *一般コース内容:https://coubic.com/artsalive/705042#pageContent

  参加費:1シリーズ(3回券) ¥6,600、2シリーズ(6回券) ¥11,000

 *認知症当事者と介護者:9月より毎月隔週で実施予定

 *その他:定期開催以外に学校・施設等でのご依頼 http://www.artsalivejp.org/contact

 


ZOOM会議システムを通じて、PC、タブレット、スマホからアートの旅へ。そしてアートを通して脳をリフレッシュしませんか。


”ARTRIP””とは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)ではじまりそれを元に日本で開発された、対話型アート鑑賞プログラムです。これまで国内の美術館などで開催され、15,000人以上の方に奇跡と感動をもたらしてきました。


アートを見ながら、4、5人のグループで、思ったこと、感じたこと、気づいたことを、コンダクターの質問を通して自由に対話をします。アートの専門知識は必要ありません。


💡 アートの見方が変わります

💡 作家の意図や作品のポイントが自然と感じられるようになります


実証研究からの以下の効果が確認されています


💡 認知症の危険因子であるうつ状態の改善への効果/国立長寿医療研究センターとの共同研究

💡 「参加型アート」がウェルビーイング(幸福度)、QOL(生活の質)、さらに身体的健康も向上させる効果/カナダマギル大学との共同研究(世界10カ国が参加)



参加者からのコメント「ARTRIPを経験して」


衝撃的だった点は、すっかり忘れていた「絵を描きたい!」という衝動が半世紀ぶりによみがえったことです。頭の中で血液がたぎるような気がしました。同じ絵を見て色々な感じ方・解釈が人それぞれにあるんだ、と改めて知ったことも大変新鮮な感覚でした。眠っていた脳が覚醒して動き出しました。

 ARTIPをオンラインでも経験しました。二枚の絵を見ながら、皆でわいわい言いながら鑑賞して美術館で得たのと同じ効果を得ることが出来ました。むしろ、他の参加者がそばにいない分、発言がよりし易い気がしました。なにより、自宅で参加できるし、インターネットがあればどこでも参加が可能なのは有難いですね。旅行が好きな私には旅先でも参加できるというのは大きなメリットです。(石田徹 71歳)



👩🏻‍🎓プログラム監修:林 容子 (一般社団法人アーツアライブ代表理事)

日本と米国の大学において美術史を専攻した後、コロンビア大学で日本人初のMFA(芸術修士、アートマネジメント)を取得。国内外の専門家と共に、アートが”ウェルビーイング” ”QOL”また”高齢化社会”に与える効果についての研究を続けている。尚美学園大学大学院准教授。一橋大学院、武蔵野美術大学でも教鞭をとる。

ONLINE対話型アート鑑賞プログラム ”ARTRIP@HOME” 's Information

Address
HP: http://www.artsalivejp.org
Open Map
Business Hours

月〜金 13:00 - 18:00

TelBookFavorite