【 アーツアライブのオンライン対話型美術鑑賞プログラム・アートリップARTRIP®︎ 】


「アートリップ ARTRIP®︎」は時空を越えた旅、名作に描かれたアートの世界へ、そしてアートを通して脳をリフレッシュしませんか?


(一般社団法人アーツアライブが主催するオンラインプログラムの申込サイトです)



◆アートリップ ARTRIP®︎とは


ニューヨーク近代美術館(MoMA)ではじまりそれを元に日本で開発された、対話型アート鑑賞プログラムです。これまで国内の美術館などで開催され、15,000人以上の方に奇跡と感動をもたらしてきました。


少人数のグループで〈思ったこと〉〈感じたこと〉〈気づいたことを〉を、認定アートコンダクターの問いかけを通して自由に対話をします。アートの専門知識は必要ありません。続けて参加していくうちにアートの見方が変わり、作家の意図や作品のポイントが自然と感じられるようになります。


また、これまでの実証研究から以下の効果が確認されています。


💡 認知症の危険因子であるうつ状態の改善への効果/国立長寿医療研究センターとの共同研究

💡 「参加型アート」がウェルビーイング(幸福度)、QOL(生活の質)、さらに身体的健康も向上させる効果/カナダマギル大学との共同研究(世界10カ国が参加)



◆参加者からのコメント「アートリップARTRIP®︎を経験して」


「衝撃的だった点は、すっかり忘れていた〈絵を描きたい!〉という衝動が半世紀ぶりによみがえったことです。頭の中で血液がたぎるような気がしました。同じ絵を見て色々な感じ方・解釈が人それぞれにあるんだ、と改めて知ったことも大変新鮮な感覚でした。眠っていた脳が覚醒して動き出しました。」


「アートリップARTIP®︎をオンラインでも経験しました。二枚の絵を見ながら、皆でわいわい言いながら鑑賞して美術館で得たのと同じ効果を得ることが出来ました。むしろ、他の参加者がそばにいない分、発言がよりし易い気がしました。なにより、自宅で参加できるし、インターネットがあればどこでも参加が可能なのは有難いですね。旅行が好きな私には旅先でも参加できるというのは大きなメリットです。」(石田徹 71歳)



◆一般社団法人アーツアライブでは、現在以下のオンラインプログラム及び養成講座を開催しています。すべてのプログラムが[予約]ページよりお申し込みが可能です。


①ARTRIP CLUB(一般向け)毎月2回


②A-Health(クリエイティブエージング向け/ミニ美術史講座付き)毎月第三土曜日 

※入会登録と入会金の納付が必要です。お申込みは下記をご覧ください。


③ARTRIP@Home(認知症当時者とご家族向け/プライベートアートリップ)毎月第三水曜日・第一日曜日


④ アートリップ@オンライン【おうち美術館】(特別会員向け/トライアルプログラム) 毎月第二日曜日


⑤アートコンダクター初級養成講座


⑥アートコンダクター中級養成講座


⑦ アート茶話会


⑧ アートリップ+α  その他、各種講座



◆②A-Healthにお申し込みの方は、入会手続きが必要です。また回数券制となります。以下、入会登録と回数券の購入方法となります。


Step1 「入会登録」こちら ➡️ https://coubic.com/artsalive/products/468309#pageContent

*システム(クービック)の登録が必要です

    ⬇︎

Step 2「回数券」ページで回数券を購入

    ⬇︎

Step 3「予約」(参加希望日)の予約

*支払いを求めるサインが表示されますが、そのまま進むと回数券消費画面に移ります

*毎回ZOOMのIDが違うため、複数回をまとめて予約することはできません。希望日を1回毎に予約し、予約完了メールを確認してください。

 

【入会金】3,000円(永久会員)

【参加費】 回数券 3回券:9900円、6回券:17800円 税込み 

     月謝  月額  3300円 指定のクレジットカードより毎月1日に引き落としになります。

                  欠席された場合は、引き落としの後返金致します。   


 

⚫︎①ARTRIP CLUB、③ARTRIP@Home、④アートリップ@オンライン【おうち美術館】、⑤⑥養成講座、⑦その他各種講座は、入会手続きの必要はありません。

  


◆その他:オンラインの定期開催以外に、学校・高齢者施設・美術館等での対面とオンラインのご依頼は下記のお問い合わせまで


一般社団法人アーツアライブ 公式HP http://www.artsalivejp.org


👩🏻‍🎓プログラム監修:林 容子(一般社団法人アーツアライブ代表理事)

日本(ICU)と米国(デューク大学)において美術史を専攻した後、コロンビア大学大学院日本人初のMFA(芸術修士、アートマネジメント)を取得。国内外の専門家と共に、アートが”ウェルビーイング” ”QOL”また”高齢化社会”に与える効果についての研究を続けている。尚美学園大学大学院准教授。一橋大学院、武蔵野美術大学でも教鞭をとる。

著書 「アートリップ入門:認知症のうつやイライラが改善する対話型鑑賞」 誠文堂新光社 2020年

   「進化するアートコミュニケーション:医療福祉に介入するアーティスト」 レイライン 2008年

   「進化するアートコミュニケーション」 レイライン 2004年 


関連査読論文

 【Productive arts engagement at the Tokyo Fuji Art Museum and its health effects on the older Japanese population: results of a randomized controlled trial】、Yoko Hayashi1,2 Jacqueline Matskiv3 Kevin Galery3 Olivier Beauchet、Front. Med., 06 July 2023

Sec. Family Medicine and Primary Care Volume 10 - 2023 | https://doi.org/10.3389/fmed.2023.1188780






フォトギャラリー

Arts Alive オンライン対話鑑賞ARTRIP の基本情報

住所
東京都豊島区駒込2-5-1-903
マップで見る
電話番号
0367211673
営業時間

月〜金 13:00 - 18:00

土 定休日

日 定休日

レビュー (194)

4.7
5
4
3
2
1
  • 匿名のユーザー

    松岡美術館のアートリップに93歳の母と参加させて頂きました。足が悪くなってから美術館に行くことも少なくなりましたが、当日は思い切ってご近所のお友達と介護タクシーを利用して行きました。耳も遠く、外では私に頼りがちな母ですが、コンダクターさんが自由に話す雰囲気を作ってくださったためか、自分なりの絵の好きなところや解釈を臆せず話す様子に驚きました。つい母の衰えばかりに目が行っていた自分を反省しました。帰宅しても「こんなことをもっと言いたかった」と続き、家に来てくれるヘルパーさんにも頂いた絵のプリントを見せて話していました。機会がありましたらまた是非参加したいと思います。

    返信コメント

    アートリップat松岡美術館にご参加いただきまして有難うございました。

    一人の鑑賞者として堂々とご意見を発表されたお母様、素敵でしたね!帰宅されてからも作品についてのご意見をお話しされていたとのこと、終わった後の余韻も楽しんでいただけて良かったです。またのご参加を心よりお待ちしております。


    2024年05月28日
  • 匿名のユーザー

    アルノルト・ベックリンの「東屋にて」では、晴天の東屋で仲のよい老夫婦が気持ちよさそうに寝ている情景が描かれていますが、そこに至る狭い路には赤いチューリップが整然と植えられ、そして多くのヒヤシンスの鉢がこの老夫婦の両脇に置かれています。「情熱的なの愛」を象徴する赤いチューリップ、そして「嫉妬」、「変わらぬ愛」、「悲哀」等々それぞれの色によって異なる意味を持つヒヤシンス・・・作者は、この老夫婦の長い人生の中で起こった様々な出来事を花言葉を使って描き込もうとしたのかもしれません。

    返信コメント

    ARTRIP CLUB にご参加ありがとうございました。早速、花言葉をお調べになったのですね。二人の今までとこれからについて、さらに想像が膨らみそうですね。描かれた人物の人生にまで思いを馳せる皆様とご一緒のアートの旅。またのご参加をお待ちしております。

    2024年05月27日
  • 匿名のユーザー

    母と松岡美術館の会に参加させていただきました。休館日の展示室を貸し切って、本物の絵をじっくりみたり周りを気にせずおしゃべりをしたり、とても豊かな時間でした。母は考えを言葉にすることが徐々に難しくなっていますが、進行役の方がいろいろな角度から問いかけ引き出してくださる言葉に“母らしさ”が感じられたことがとても嬉しかったです。また機会があれば参加させていただきたいと思います。

    返信コメント

    アートリップat松岡美術館にご参加ありがとうございました。お母様には作品について考えたことや感じたことをたくさんお話ししていただきました。お母様のご様子をニコニコしながら見守られているお嬢様、お嬢様の発言に大きく何回も頷かれるお母様。お二人のお姿が温かく印象的でした。またぜひご一緒にご参加ください。心よりお待ちしております。

    2024年05月28日
すべてのレビューを見る