LIVE@大阪(制限ナシ)
LIVE@大阪(制限ナシ) Cuba発祥、西アフリカにルーツを持つ民間信仰サンテリア。そのリズム・歌・ダンスは、Cuba音楽のアイデンティティーでもあり、国やジャンルなどのボーダーを越えて広く世界で愛されています。 LIVEは儀式の順番に則り、サンテリアの儀式冒頭で行われるOro Seco(オロセコ=サンテリアの神様に捧げるBataだけの奉納演奏)→Oro Cantado(オロカンタード=各神様を降ろすための歌・リズム・ダンス)→Cierre(シエレ=神様をお返しする演奏)の3部で構成され、Oro Cantadoでは神様としてのダンサーも登場します。この回はGUESTダンサーにYasuji氏をお迎えし、ダンサーはハルカ・Itomi・Yasujiの3人でのお届けです。 これは、人々が集まる「場」。リズムと踊りと歌のコール&レスポンスが織り成す空間は、日本でのカルチャーとしてのPartyや祭りと同質のものです。ステップを踏む、身体を揺らす、レスポンスに混ざって歌う. . .集う人々が、打ち鳴らされる音楽へ、アクセスすることで生まれる熱気や高揚こそが、このFiesta SanteriaのLIVEの美味しいところです。 堅苦しくなく、でも敬虔に。そして思い思いに楽しむ、楽しみたくなる...Habana, Mexico City, NYで感じた空気を創りたく、この夜は打ち鳴らしたいと思います!歓迎光臨! ------------------------------------------------------------------------- 2018年 5月19日(土)  open 19:00 / start 19:30   GUEST Yasuji (from BANDERAS) ※下記fee+drink別 -------------------------------------------------------------------------- @THIRD STONE 福島店(06-6136-7654)
LIVE@京都(限定20名様)
LIVE@京都(限定20名様) Cuba発祥、西アフリカにルーツを持つ民間信仰サンテリア。そのリズム・歌・ダンスは、Cuba音楽のアイデンティティーでもあり、国やジャンルなどのボーダーを越えて広く世界で愛されています。 このLIVEは儀式の順番に則り、サンテリアの儀式冒頭で行われるOro Seco(オロセコ=サンテリアの神様に捧げるBataだけの奉納演奏)→Oro Cantado(オロカンタード=各神様を降ろすための歌・リズム・ダンス)→Cierre(シエレ=神様をお返しする演奏)の3部で構成され、Oro Cantadoでは神様としてのダンサーも登場します。 これは、人々が集まる「場」。リズムと踊りと歌のコール&レスポンスが織り成す空間は、日本でのカルチャーとしてのPartyや祭りと同質のものです。ステップを踏む、身体を揺らす、レスポンスに混ざって歌う. . .集う人々が、打ち鳴らされる音楽へ、アクセスすることで生まれる熱気や高揚こそが、このFiesta SanteriaのLIVEの美味しいところです。 堅苦しくなく、でも敬虔に。そして思い思いに楽しむ、楽しみたくなる...Habana, Mexico City, NYで感じた空気を創りたく、この夜は打ち鳴らしたいと思います!歓迎光臨! ------------------------------------------------------------------------- 2018年 5月18日(金) ※ sorry制限あり→20名様限定 open 19:00 / start 19:30   ※下記fee+drink別 -------------------------------------------------------------------------- @F.S.N Bar(090-5064-0642)
Bata CLASS(限定各回15名様)
Bata CLASS(限定各回15名様) Cuba発祥、西アフリカにルーツを持つ民間信仰サンテリア。そのリズム・歌・ダンスは、Cuba音楽のアイデンティティーでもあり、国やジャンルなどのボーダーを越えて広く世界で愛されています。 サンテリアは多神教であり、神様それぞれに歌・ダンス・リズムがあります。儀式やshowで人々を高揚させる重要な役割を担う "Bata" 呼ばれる太鼓は、大(イヤ)・中(イトテレ)・小(オコンコロ)3つで1セットの両面太鼓ですが、その6面の音を緻密に重なり合わせることによって、4次元的に気持ちいいリズムが奏でられるメカニズムになっています。 普段サンテリアのリズムを聞き込んでいる人は、きっと新しい発見があります。初めての方はまずBataに触れ、1人では感じることができないBataのアンサンブルの魅力を体験してみてください。 演目は、Yemaya(海の神様)のリズムと、各神様のダンスのクライマックスで共通して踊られる2種類のリズムです。ダンスがどのようにリズムにリンクするかを知りたい方は、前日の「生音Dance CLASS」で実際に踊ってみるのもおススメです。 講師:Oscar Méndez(from Mexico) オスカル メンデス (オスカル ミゲル メンデス ヒメネス)...1987年8月26日生まれ、メヒコ州ネツァウァルコヨトル市出身。イホ デ チャンゴー(チャンゴーを守護とする者)、ババラウォ(サンテリアの司祭)、アクポン(歌い手)、オモアニャ(叩き手)、オルバタ(儀式太鼓の持ち主)。6歳でバタを習い始め、9歳で儀式で叩き始める。幼少期から兄のパオロと共に「ロス ニーニョス」としてメキシコサンテリア界隈で知られた存在となる。現在メキシコシティを中心にタンボール(バタでの儀式)など各種儀式演奏を執り行っており、歌、イヤー、イトテレ、オコンコロと全てのポジションをこなす。またババラウォとしての役割を担うこともある。彼の仕事は、オリシャ(サンテリアの神々)へ捧げる太鼓の演奏を必要とするサンテイロ(信仰者)たちの要望に応えること。そん信条は、曰く「人生で最も重要なことは、家族への愛。それは、愛すること、敬うこと、アニャ(バタに宿る精霊)を護ることやアニャに関する全てのこと。バタを通じて伝えること、安らぐこと、表現すること、癒されること、生きる糧にすることを教えてくれた両親と叔父に対する無限の感謝の気持ち。そしてバタは遠い国の親友たちと知り合う機会をもたらしてくれた。ケンタ、タロウ、ヒロシ、コウタ、ユリ、ハルカ、イトミ、カタオカ、ミサ、アナ、今まで出会えたすべての日本のみんな。彼らは友達であり、それ以上に家族です。アニャと音楽に壁や国境は無い!」 ------------------------------------------------------------------------- 2018年 5月20日(日) ※各回それぞれで予約をお願いします。 ①14:00~15:30(受付 13:45)  Yemaya ▶︎yakota/sokuta/kankan/omolorde ①15:45~17:15(受付 14:00)    クライマックス共通ダンス2種 ▶︎chachalokafu/iyesa -------------------------------------------------------------------------- @マルコノスタルジが移転する新店(店名&TEL確認中)大阪市中央区内本町1-3-9 内本町中央ビルB1F
生音Dancs CLASS(限定各回25名様)
生音Dance CLASS(限定各回25名様) Cuba発祥、西アフリカにルーツを持つ民間信仰サンテリア。そのリズム・歌・ダンスは、Cuba音楽のアイデンティティーでもあり、国やジャンルなどのボーダーを越えて広く世界で愛されています。 サンテリアは多神教であり、神様それぞれにダンスがありますが、今回はYemaya(海の神様)のダンスと、各神様のダンスのクライマックスで共通して踊られる2種類のダンスをフィーチャーします。ゴンゴン響くサンテリア太鼓 "Bata" の生演奏が、踊る際のエネルギーになる感覚を体験していただけたらと思います。 内容は、5/17「歌詞に迫るカントCLASS」、5/20「Bata CLASS」とリンクしています。この日学ぶダンスの神様Yemayaの歌(意味やヒストリーetc)、またリズムを深く学びたい方はそちらもおススメです。 講師:ハルカ 藤本晴佳。大学にてアフリカ地域文化専攻。在学中、西アフリカのジェンベダンスを学び始める。2008年渡米。NYにて4年間West African、Afro-Cubanをはじめとしたアフリカに起源を持つダンスを学ぶ傍ら、現地のダンスカンパニーに所属。Mouminatou Camara, Baba Richard Gonzalezに師事。2017〜2018年キューバに滞在しサンテリアの太鼓バタとダンスを学ぶ。帰国後神戸を拠点に活動中。 ------------------------------------------------------------------------- 2018年 5月19日(土) ※各回それぞれで予約をお願いします。 ①12:30~14:00(受付 12:15)  Yemaya ▶︎yakota/sokuta/kankan/omolorde ②14:15~15:45(受付 14:00)    クライマックス共通ダンス2種 ▶︎chachalokafu/iyesa -------------------------------------------------------------------------- @Dance Studio PEG 【 room 301 】(06-6210-1299)
歌詞に迫るカントCLASS(限定20名様)
歌詞に迫るカントCLASS(限定20名様) ※カント=歌 Cuba発祥、西アフリカにルーツを持つ民間信仰サンテリア。そのリズム・歌・ダンスは、Cuba音楽のアイデンティティーでもあり、国やジャンルなどのボーダーを越えて広く世界で愛されています。歌は、ヨルバ族の言葉が口頭継承されたものが今も歌われています。このCLASSは、ずっとみんなが知りたかった歌詞の意味や、歌われている内容(Pataki・神話)を、ついに紐解く情熱の時間です!!! 題目は、Yemaya(海の神様)。キャラクターやヒストリー、役割や他の神様との関係性etc...を頭に入れながら歌詞の内容にも注目します。 5/19の「生音Dance CLASS」、5/20「BATA CLASS」にも共通する内容です。歌だけでなくダンス・リズムに興味がある方もぜひ。 講師:Oscar Méndez(from Mexico) オスカル メンデス (オスカル ミゲル メンデス ヒメネス)...1987年8月26日生まれ、メヒコ州ネツァウァルコヨトル市出身。イホ デ チャンゴー(チャンゴーを守護とする者)、ババラウォ(サンテリアの司祭)、アクポン(歌い手)、オモアニャ(叩き手)、オルバタ(儀式太鼓の持ち主)。6歳でバタを習い始め、9歳で儀式で叩き始める。幼少期から兄のパオロと共に「ロス ニーニョス」としてメキシコサンテリア界隈で知られた存在となる。現在メキシコシティを中心にタンボール(バタでの儀式)など各種儀式演奏を執り行っており、歌、イヤー、イトテレ、オコンコロと全てのポジションをこなす。またババラウォとしての役割を担うこともある。彼の仕事は、オリシャ(サンテリアの神々)へ捧げる太鼓の演奏を必要とするサンテイロ(信仰者)たちの要望に応えること。そん信条は、曰く「人生で最も重要なことは、家族への愛。それは、愛すること、敬うこと、アニャ(バタに宿る精霊)を護ることやアニャに関する全てのこと。バタを通じて伝えること、安らぐこと、表現すること、癒されること、生きる糧にすることを教えてくれた両親と叔父に対する無限の感謝の気持ち。そしてバタは遠い国の親友たちと知り合う機会をもたらしてくれた。ケンタ、タロウ、ヒロシ、コウタ、ユリ、ハルカ、イトミ、カタオカ、ミサ、アナ、今まで出会えたすべての日本のみんな。彼らは友達であり、それ以上に家族です。アニャと音楽に壁や国境は無い!」 ------------------------------------------ 2018年 5月17日(木)  open 19:00 / class 19:15~22:30 @Studio&Cafe Make(06-6562-3294)