能登上布とは-神代から伝わる最高級の麻織物

-------------------------------------------------------------


上布とは、上等な麻織物のこと。約2000年前に崇神天皇の皇女が中能登地方で機織りを教えたことが能登上布の起源だと伝えられています。

江戸時代に技術向上を続け発展し、明治時代皇室の献上品に選ばれるまでになりました。ひんやり涼しい風合い、「蝉の羽」のような透け感、シャリ感、光沢感、張り感があり、夏の最高級の着物として愛好されています。昭和初期の最盛期麻織物の県生産量が日本一になりましたが、戦後着物離れが進み、現在山崎麻織物工房が唯一の織元になりました。能登独自の櫛押捺染やロール捺染と呼ばれる職人技術から生まれる繊細で上品な絣模様が特徴で、石川県指定無形文化財となっています。今も昔ながらの手織りで織られ、能登の風土を生かした凛とした絣柄や縞模様、落ち着いた色合いは素朴でモダンな雰囲気が魅力です。



能登上布唯一の織元 株式会社山崎麻織物工房

--------------------------------------------------------------


(株)山崎麻織物工房は1891年(明治24年)紺屋(染め屋)として創業。創業約130年、能登上布伝統の技を継承する唯一の織元です。戦後織元が年々減少し「滅びゆく能登上布」と言われるほど大変厳しい時期もありましたが、3代目織元が語っていた「こんなによいものを残さないのは罪だと思う」という言葉を胸に、代々守ってきた伝統の技を次世代につなぎ、美しい能登上布を残していきたいと願っています。



各種SNS、HP

---------------------


【能登上布織元(株)山崎麻織物工房 公式HP】

http://notojofu.com/​​​


【公式オンラインストア】

https://notojofu.shop/​​​


【公式Instagram】

https://www.instagram.com/notojofu/​​​


【公式facebook】

https://www.facebook.com/notojofu/​


能登上布唯一の織元 (株)山崎麻織物工房's Information

Address
石川県羽咋市下曽祢町 ヲの部84番地
Open Map
Business Hours

月〜金 09:30 - 17:00

土 09:30 - 17:00

日 定休日

Reviews (3)

5.0
5
4
3
2
1
  • クービックユーザー

    製作の工程を実際の現場で丁寧に説明してもらい、とても良かったです。反物もたくさん見せていただきました。また来たいと思います。

  • クービックユーザー

    工房にお邪魔するとまずは母屋で能登上布の透け感と張りと光沢を拝見しながら、能登上布の歴史をお聞きすることができます。また別棟の工房で製作工程も見せて下さるので超絶技巧の模様がどのように作られるのかを知る事ができます。代々と受け継がれてきた尊い道具も見せていただきました。築85年の母屋の広間には囲炉裏が切ってあり、ご説明を聞きながら「能登ではゆったりとした時が流れる」というのはこういうことか、と実感。お土産に買ったストールは触ったときの涼感が心地よく、この夏は活躍してくれそうです。

  • クービックユーザー

    中学2年の男子の息子と妻の3人で行きました。

    一応、全員石垣のミンサー(綿)織りの体験済みです。

    今回は横糸の送り方が微妙に違い親切丁寧に教えていただき楽しかったです。

    麻織物なので糸が細く出来上がりが薄いですが、

    しっかりしたものが出来ました。

    なぎさドライブウェイとセットの観光がオススメです。



View all reviews
TelBookFavorite