「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座

「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座

乳幼児期の子どもは、どんなおもちゃが好き?
それはどうして?

ママが感じる乳幼児期の発達、
にぎる、しゃぶる、ひっぱる、たたく、やぶく、はらう、投げる。
すべてはスクスク育っている証し。

自分の身体の機能を獲得しようとしています。
今、このとき、この瞬間の探求心と反復練習は大人も顔負け。
その力を引き出し、楽しく遊ぶコツをお伝えします。

こどもの目線、親の行動、観察するセンスについて探求しましょう。
早いうちに知っておきたいこといっぱいです。

【お話の内容】
・こどもの発育発達について
・子どもの好きな遊びのモト
・なぜ電池無しのおもちゃがいいのか
・手先を鍛えることの重要性
・ママ・パパの想像力を高めよう!
・禁止したいこと、しないでおきたいこと
・必要かどうかを見極め選択すること
・これからの子育て、遊び、生活で大切な5のこと など

【日時】9月26日(火)10:30~12:30

【参加費】2,160円(2,000円+税)

【おまけ】
午後は棒田さんの「背守り刺繍ワークショップ」があります。お時間よろしければ、ぜひご参加ください。
参加無料  詳しくは⇒https://coubic.com/uminoie/197401

【講師】
棒田明子 http://yuchanroom.blog68.fc2.com/
NPO法人孫育て・ニッポン理事長、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。にっこり授乳期研究会メンバー(PIGEON)産後ママのサポートを3週間から3カ月に延ばす「3・3産後サポートプロジェクト」リーダー。「母親が一人で子育てを担うのではなく、家族、地域、社会で子どもを育てよう」をミッションに、全国にて講演、プロジェクトを行う。東京都北区多世代コミュニティー「いろむすびカフェ」アドバイザー。著書、共著に『祖父母に孫をあずける賢い100の方法』(岩崎書店)、「ママとパパも喜ぶ いまどきの幸せ孫育て」(家の光出版)孫と一緒に歌いたい 心育むふれあいソング
『孫育て童謡』(キングレコード)

<前回の参加者の皆さんの感想>

・おもちゃに対する考え方は目からうろこでした。

・実際手にしたりできて、実物を見せてもらえるのもありがたく、改めて木のおもちゃのぬくもりやアレンジのしやすさを体感できました。「環境」って大事だなと、見直したい。

・おもちゃを買ってもらうことが多かったので、自分で選び断ることも必要だと思った。
安全基準マークを知らなかったのでためになった。

・真似させることが大切だということを知れた。
色々なおもちゃを与えることが必要で、それで満足していたように思う。

・「環境づくり」の重要性を実感し、上の子と下の子とのおもちゃとの付き合い方や親が一緒に遊んであげることの重要性を感じました。

・今後のおもちゃ選びのヒントを沢山教えていただきました。
男の子なのでこれから何に興味を持つか、どんな風に遊んでいくのか未知数ですが、よく観察して一緒に楽しく遊べるようにしていきたいです。とりあえずはタオル遊びや物干しの遊びで楽しんでいけそうです。

・おもちゃはお母さんがいてこそのもの!そこをあらためて確認できました。
一緒にたくさんの時間をそのおもちゃを通して過ごすことで、おもちゃが宝物になっていくんですね。
いいおもちゃと、いい時間で、長く大切にできるものを、たくさんでなく、残してあげたいなと思います。

・一緒にたのしめるおもちゃ、みつけてみます。

・とてもわかりやすく、心にひびくお話をありがとうございました!
いろいろ迷いがありましたが、大丈夫という気がしてきました。

・おもちゃという道具にとらわれやすいけれど、あくまでも”人”がそこに存在してこそなんだなと、目からウロコでした。
自分の幼少期を思い出すと、誰かと一緒に遊べるのが楽しかったなあ、と。
見立て遊び、自分への挑戦という感じがして、ワクワクしました〜!また時期に合わせて悩みも出てくるんだろうなと思いますが、今日の話を思い出したいです。

・子どもは母親をよく見ているんだというのを改めて感じました。
なぜこんな物が好きなの?と思っていたのが、私がよく使っているものだからとわかりました。
おもちゃを沢山買うより、シンプルな物で想像力を膨らませて遊べるようになりたいと思いました。

【会場】Umiのいえ横浜サロン 
Tel 045-324-8737

予約日時を選ぶ

2017年09月26日 (火)

アクセス

横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FUmiのいえ

Staticmap?size=640x200&language=ja&sensor=false&zoom=16&markers=35.461445%2c139

レビュー

4.9(29 件のレビュー)

「下げ妻から上げ妻へ〜家族が幸せになる女性の智慧〜」ガンダーリ松本先生のお話会

相手がどうこうではなく、全て自分自身の受け入れ方で世界が変わる事、感謝する事。
許すと言う意味がわかってきた気がします。また先生の声のトーンが身体を緩めてくれて心地よかったです。


7/21 保育士文恵さんの「夏だ!オムツ外れについて知ろう!~自己肯定感も育つオムツ外れ~ 」

個別に合った対応を教えていただき大変参考になりました。
親が焦って上手くいくことはない。と、ママの自己肯定感を高めることが、子供の自己肯定感にもつながるということが、心に残りました。
他の講座もぜひ聞きたいです。


「下げ妻から上げ妻へ〜家族が幸せになる女性の智慧〜」ガンダーリ松本先生のお話会

講座前にまきこさんから、
「子どもは自分で人間関係を作れる力があるので、子ども同士でけんかをしても止めに入らず放っといてください」と言われました!
それを言われて、子ども同士で人間関係を作ってるのに今まで邪魔してたと反省しました。
そして講座にも集中できました。

講座に参加して、もっともっと楽になりました!”表の言葉“を使える自分になりたいです♡


Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ 

サイト・講座スケジュール http://www.uminoie.org
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
交通案内:http://www.uminoie.org/...

もっと見る

Umiのいえ~いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~ の他のページ

8/19 生死学講座「生まれくる人・死にゆく人に寄り添うということ」

8/19 生死学講座「生まれくる人・死にゆく人に寄り添うということ」

いのちを迎えること、見送ること そこにある医療、社会、文化、 家族に刻まれるもの 生と死をとりまくもの 失いかけているものと 繋がっていることなど、 皆さんと共に語りあいたいと思います。 生死(しょうじ)学とは、誕生と死を同一の視野にいれ、二つの起点を通して「めぐるいのち...
予約受付中
麻や貝を使った夏のアクセサリー作り@有馬さんの手仕事お茶会

麻や貝を使った夏のアクセサリー作り@有馬さんの手仕事お茶会

手作り好き❣️ でも、うちにいるとなかなか時間が作れない。 手作りしてみたいけど、何を揃えてどんな風に作るかわからない。 そんな方いらっしゃいませんか? 作ったらすぐにつけられる夏のアクセサリーを作りませんか? 簡単なものから少し難しいものまであります。 用意した材料の中で...
予約受付中
8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

8/25~26合宿 気づきの助産塾in秋田 「いっぺ、しゃべるべし!おなご力」

助産師さんの合宿 [癒しの助産塾]より名を改め[気づきの助産塾] これまで北から南まで各地で開催し、今回で15回目となりました。 秋田での開催は初となります。 体と心を解きほぐしながら聴き語り合い、助産を探求する2日間。 お産に携わる人として自問自答したり、傷を癒したり、 ...
予約受付中