List of services

★シアターレンタル
月・火・木・金・土・日 19:00〜24:00 / 水 10:00〜24:00
利用料金 1時間 5,000円
座席数20席ほどの小さなシアターを自由にお使いいただけます!

■設備・サービス
映画館ですので、120インチスクリーン、4K対応プロジェクター、7.2.4chのスピーカーなど、映写・音響の設備は充実しています。
特に音響監督の岩浪美和氏によりコーディネートされた音響は最高との評価も高いです!
小さい映画館だからこそ可能な工夫の数々が、つながりのよいサラウンドを生み出し、
繊細かつ美しい音質から、大迫力の重低音まで。その振動は、他で味わうことのできない感動の音響です!

広さ 56㎡ 収容人数 〜25人(補助席使用時)
営業時間 月・火・木・金・土・日 19:00〜24:00    水 10:00〜24:00

利用料金 1時間 5,000円〜
※ 24:00〜翌朝までの深夜帯のレンタルもご相談に応じます。
※ 1週間の帯で借りたい場合にも、価格のご相談に応じます。

◎贅沢なホームシアターを独占して、大好きな映画を堪能したい!!
◎映画ファンのお友達とバースデーパーティーやファンの集いで盛り上がりたい!
◎小さな演奏会を開いたり♪ 朗読会を開いたり♪ 楽器の稽古場にも! 
◎撮影のロケや、自主制作映画の試写会やお披露目にも! 
 ・・・・使い方はいろいろ! あなた流のチュプキをお楽しみください!

■お問い合わせ先
CINEMA Chupki TABATA  シネマ・チュプキ・タバタ
cinema.chupki@gmail.com
TEL&FAX 03-6240-8480
Accepting
『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』
上映日時:6月13日(土)〜30日(火)10:30〜12:06 <水曜定休>
脳性マヒで寝たきり生活を強いられながら、若者たちの力を借りて自立生活を続ける遠藤滋のドキュメンタリー(2019年/日本/96分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり
■□■□■□■-----

6月13日(土)上映後、伊勢監督舞台の舞台挨拶がございます

■□■□■□■-----
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、こちらを必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★第74回毎日映画コンクール ドキュメンタリー部門 <ドキュメンタリー映画賞>を受賞!
ベッドの上で 歌が生まれる 
「えんとこ」は、遠藤滋のいるところであり、縁のあるところ。いのちを生かし合う居場所のこと。

寝たきり歌人、遠藤滋。脳性マヒで寝たきり生活を強いられながら、自ら介助者のネットワーク「えんとこ」を組織し、介助の若者たちの力を借りて自立生活を続けている。
東京・世田谷のアパートのベッドの上から、社会や自分自身を凝視するその眼差しで、50代から短歌を詠み始める。
ときに進行する障がいの苦しみが歌われ、ときに70歳を越えて生き生きと人生を謳歌する悦びを歌う。
《何といふ 偶然なるや 現世に 仮死に産まれて 息吹き返すとは》

監督は、遠藤滋と学生時代からの友人である伊勢真一。1999年にも遠藤滋の日々を追ったドキュメンタリー「えんとこ」を製作、公開。25年に及ぶ長い期間、遠藤滋と若者たちが交流する「えんとこ」での撮影を続けてきた。

〈物販〉 パンフレット、遠藤滋さんの本「だから人間なんだ」、前作「えんとこ」DVD
監督:伊勢真一
撮影:石倉隆二 宮田八郎 安井洋一郎
録音:永峯康弘 井上久美子
音響構成:米山靖
編集:尾尻弘一
テーマ曲:「不屈の民」 編曲 横内丙午
演奏:谷ぐち順 菅原雄大 藤原亮
短歌朗読:友部正人

出演:遠藤滋
『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』
公式サイト https://www.isefilm.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※舞台挨拶のある回は、12チケット、会員割引は適用されません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『風の電話』
上映日時:6月13日(土)〜30日(火)12:30〜14:49 <水曜定休>
今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話として、岩手県大槌町に実在する「風の電話」をモチーフに映画化したベルリン国際映画祭 国際審査員特別賞受賞作品!
(2020年/日本/139分) ※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり

■□■□■□■□■-------
NEWS!
6月14日(日)上映後、諏訪 敦彦監督による舞台挨拶がございます
→ご予約は満席となりました!キャンセル待ち登録は可能です
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、こちらを必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ある丘にある“風の電話” 
それは天国へとつながり、大切な人と話せる場所――
17歳の高校生ハル(モトーラ世理奈)は、9歳のとき東日本大震災で家族を失った。
岩手県大槌町から離れ、現在は広島に住む伯母、広子(渡辺真起子)の家に身を寄せている。
心に深い傷を抱えながらも、常に寄り添ってくれる広子のおかげで、日常を過ごすことができたハルだったが、ある日、学校から帰ると広子が部屋で倒れていた。
自分の周りの人が全ていなくなる不安に駆られたハルは、あの日以来、一度も帰っていない故郷の大槌町へ向かう。
集中豪雨被害にあった広島で年老いた母と暮らす公平(三浦友和)、福島に暮らし被災した時の話を聞かせてくれた今田(西田敏行)。祖国を思い日本に暮らす難民。
・・・様々な人と出会い、食事をふるまわれ、抱きしめられ、「生きろ」と励まされるハル。
道中で出会った福島の元原発作業員の森尾(西島秀俊)と共に旅は続いていき…。
そして、ハルは導かれるように、故郷にある<風の電話>へと歩みを進める。
家族と「もう一度、話したい」その想いを胸に―。

★第70回 ベルリン国際映画祭 国際審査員特別賞受賞
監督は「ライオンは今夜死ぬ」の諏訪敦彦。
今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話として、岩手県大槌町に実在する「風の電話」をモチーフに映画化した。

<物販>「風の電話 」パンフレット
監督:諏訪敦彦
脚本:狗飼恭子 諏訪敦彦
音楽:世武裕子 企画・プロデュース:泉英次 プロデューサー:宮崎大 長澤佳也
エグゼクティブプロデューサー:青村麻実 中西康浩 小金澤剛康
撮影:灰原隆裕 照明:舟橋正生 録音・整音:山本タカアキ
美術:林チナ 助監督:是安祐
企画協力:佐々木格 佐々木祐子

出演:モトーラ世理奈 、西島秀俊、 西田敏行、 三浦友和、 渡辺真起子、 山本未來、 占部房子、 池津祥子、 石橋けい、 篠原篤、 別府康子

『風の電話』オフィシャルサイト http://kazenodenwa.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)
※舞台挨拶のある回は、12チケット、会員割引はご利用いただけません。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『うたのはじまり』(絵字幕版)
6月13日(土)〜30日(火) 15時20分~16時46分【水曜定休】
“ろう”の写真家 齊藤陽道が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録を綴ったドキュメンタリー
(2020年/日本/86分/PG12/ドキュメンタリー) 
※絵字幕版(日本語字幕あり)・イヤホン音声ガイドあり
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、必ずお読みください

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)

・・・・・作品について・・・・・
だいじょーぶって、心からこぼれおちた。
ある日、息子への子守歌が生まれた――。
“ろう”の写真家が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。

写真家、齋藤陽道(さいとうはるみち)。16歳のとき手話と出会い、おのおのの手話に違いがあることを知るにつれ「声には、様々な色がある」と実感し、20歳で補聴器を捨て、カメラを持った。
写真家として俳優・窪田正孝の写真集やさまざまなミュージシャンの撮影、著書『異なり記念日』『声めぐり』で広く知られる存在となり、昨年は写真集『感動、』を刊行した。
「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ彼と、同じく“ろう”の写真家である妻・盛山麻奈美。”聴者”の息子を授かった。
幼少期より対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たり、「うた」を嫌いになってしまった彼が、自分の口からふとこぼれた子守歌をきっかけに、ある変化が訪れる。
(抱いた赤子に突然泣かれ、ふと子守歌がこぼれる、誰にでもある経験。音は「どんな色をして、どんな形をしているのだろうか?」。無意識に現れた「うた」は一体どこから来たのか。)
監督は、古川日出男等による朗読劇「銀河鉄道の夜」の活動を追ったドキュメンタリー映画『ほんとうのうた 朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って』、七尾旅人が戦死自衛官に扮したライブ映像作品『兵士A』を手がけた河合宏樹。

〈絵字幕版(バリアフリー日本語字幕付き上映)〉について
本作では音楽を字幕ではなく、絵で表現しています。
映画のなかの「うた」をどのように表現するか頭を悩ませていた齋藤陽道さん。
”まったく新しい形による「うた」の表現となっているのではないか”、と話されています。
ぜひ新しい「うた」を感じてください。

映画『うたのはじまり』劇中出産シーンについて
本作の劇中には出産シーンがあります。映倫(映画倫理機構)の審査結果では【PG12】(※小学生には助言・指導が必要)という区分ではございますが、お子様や体調の優れない方、持病をお持ちの方には刺激の強い描写となっておりますので、予めご留意のうえご鑑賞ください。

<物販>「うたのはじまり」パンフレット、齋藤陽道さん写真集「感動、」、書籍「声めぐり」

監督・撮影・編集:河合宏樹
整音:葛西敏彦
字幕作成:Palabra株式会社
Score Drawing:小指
出演:齋藤陽道、盛山麻奈美、盛山樹、七尾旅人、飴屋法水、CANTUS、ころすけ、くるみ、齋藤美津子、北原倫子、藤本孟夫
『うたのはじまり』オフィシャルサイト
 http://utanohajimari.com/  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみ(キャッシュレス決済準備中)


■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『音楽』
上映日時:6月13日(土)〜30日(火)17:10〜18:21 <水曜定休>
製作期間7年以上!40,000枚超の手描き作画が呼び起こす初期衝動!せーの、で始まるオレたちの音楽♪
(2020年/日本・アニメーション/71分/PG12) 
※日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■------
NEWS!
6月20日(土) 上映後、岩井澤健治監督 舞台挨拶あり
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、必ずお読みください

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
俳優としても活躍する漫画家・大橋裕之の「音楽と漫画」をアニメ化。
楽器も触ったことがない不良学生たちが思いつきでバンドをスタートさせるロック奇譚。
岩井澤健治監督が実写の動きをトレースする「ロトスコープ」という手法で7年の時間をかけて映像化。
4万枚以上の作画を「全て手描き」!!!
クライマックスの野外フェスシーンでは、実際にステージを組んでミュージシャンや観客を動員してライブを敢行するなど、これまでのアニメ作品にはないさまざまな手法が取り入れられている。
ミュージシャンの坂本慎太郎のほか、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人、岡村靖幸らが声優として参加。
★第43回オタワ国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門でグランプリを受賞

<物販>パンフレット、原作コミック「音楽 完全版」
監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之
脚本・絵コンテ・キャラタクターデザイン・作画監督・美術監督・編集:岩井澤健治
撮影・編集:名嘉真法久
音響監督:山本タカアキ
音楽:伴瀬朝彦 GRANDFUNK 澤部渡
ロトスコープミュージシャン:Gellers ホライズン山下宅配便 澤部渡 安藤暁彦
劇中曲:GALAXIEDEAD 井手健介 野田薫 オシリペンペンズ
主題歌:ドレスコーズ
声の出演:坂本慎太郎、前野朋哉、芹澤興人、駒井蓮、平岩紙ほか
『音楽』オフィシャルサイト http://on-gaku.info/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)
※舞台挨拶のある回は、12チケット、会員割引はご利用いただけません。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『星屑の町』
7月2日(木)〜31日(金)10:30〜12:12 <水曜定休>
25年愛された人気舞台がのんの歌声とともについに映画化!
(2020年/日本/102分)※日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当 面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこに、歌と仲間と夢があれば人生はいつだって輝ける
大手レコード会社の元社員・山田修(小宮孝泰) をリーダーに、歌好きの飲み仲間と売れない歌手で結成された「山田修とハローナイツ」。結成から十数年が経つ彼らだったが、これといったヒット曲もなく、細々と活動を続けていた。そんなある日、山田修の生まれ故郷・東北の田舎町へ歌謡ショーのためにやって来た。そこで待っていたのは、修と遺恨の残る弟の英二(菅原大吉)と息子の啓太(小日向星一)。英二は、スナックを経営する美人ママ・久間部浩美(相築あきこ)に、啓太は、浩美の一人娘で歌手になることを夢見る愛(のん)に恋心を寄せていた。紆余曲折を経て、愛は“愛&ハローナイツ”としてハローナイツに加入することなる。するとあっという間に人気に火が付き、スポットライトを浴びるまでになっていく。 思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが─。

のんが銀幕に復活!!さらに熱唱披露で七変化! ハローナイツメンバー×ヒロイン・のん 意外にして完璧な組み合わせ
メンバーには大平サブロー、ラサール石井、小宮孝泰ら舞台版でおなじみのキャストが集結。のんがヒロインの愛を演じ、「海月姫」以来約6年ぶりに実写映画に出演した。
監督 杉山泰一
原作・脚本 水谷龍二
製作「星屑の町」フィルムパートナーズ
『星屑の町』オフィシャルサイト hoshikuzu-movie.jp
出演 のん、 大平サブロー、 ラサール石井、 小宮孝泰、 渡辺哲、 でんでん、 有薗芳記、 菅原大吉、 戸田恵子、 小日向星一、 相築あきこ、 柄本明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

AcceptingPayable onsite
『この星の上に』&『セロ弾きのゴーシュ』2本立て!
7月2日(木)〜31日(金)12:40~14:00 <水曜定休>
「この世界の片隅に」の片渕須直氏の劇場用初監督作品と高畑勲監督作の豪華2本立て!
(『この星の上に』14分 、『セロ弾きのゴーシュ』63分)
日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■-----
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、こちらを必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『この星の上に』(1988年制作/14分/日本)
海の向こう側にはどんな世界が待っているのだろう?
港町に住む多感な少女は、知り合いになった青年が旅立っていくことで広い世界への強い興味をおぼえる。
ある日、青年がくれた手箱から年老いた精霊が登場し、少女の手を引いて不思議な空間の世界へ誘う。
そこは、南洋の漁師村であったり、山里の機織りの暮らし、疲れた都会の生活などなど数え切れない様々な命の営みがあった。
そして、またある国は戦争のただ中に…….。少女は、夢ではなく現実にさまざまな問題を抱える世界があるのだと理解し、矛盾を覚えながら、元気に生きて行こうと歩き出す。
アニメーション:南家こうじ
監督・演出 片渕素直 
脚本:翁妙子  撮影:スタジオコスモス  制作:日野れい子 編集:ジェイ・フィルム
製作協力:オープロダクション・共同テレビジョン
制作著作 :アニドウ・フィルム
声の出演:田中正彦・奥原千加・松谷彼哉・落合るみ、他劇団 昴)
音楽:坂田晃一
公式ホームページ http://www.anido.com/production/animation/602
ZAGREB'98(ザグレブ国際アニメーション映画祭)入選/ESPINHO'98(ポルトガル国際アニメーション映画祭)入選ANNECY'99(アヌシー国際アニメーション映画祭)特別上映/ANIMA MUNDI'99(ブラジル国際アニメーション映画祭)入選/SITGES'99(スペイン・シッチェス国際映画祭アニメーション部門
『セロ弾きのゴーシュ』(1982年製作/63分/日本)
セロ弾きのゴーシュが腕をみがき、人間的にも成長する姿を描く宮澤賢治原作のアニメーション
職業楽士ゴーシュは、内気で劣等感が強く、いつも楽長にしかられてばかり。仲間との交流もない彼は毎晩、家を訪れる動物たちを相手にセロを弾いて過ごしていた。いつしか動物たちとの対話の中から、彼の心はほぐれていき、セロ弾きの腕前だけでなく、人間としても成長していくのだった。
企画:小松原一雄
監督・脚本:高畑勲
キャラクターデザイン、原画:才田俊次
美術:椋尾篁  音楽:間宮芳生 製作:村田耕一制作:オープロダクション
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】(2本分)
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
7月2日(木)~14日(火)16:20~19:08/7月16日(木)〜31日(金) 14時20分~17時08分 <水曜定休>
250カットを超える新エピソードによって新たな印象で迫る『この世界の片隅に』。200万人の胸を震わせたあの場面をもう一度!
(2019年/日本/168分) ※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり

■□■□■□■□■-----
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、こちらを必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
誰もが誰かを想い
ひみつを胸に 優しく寄り添う
200万人の胸を震わせたあの場面が、まったく異なる印象で迫ってくる。
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。
昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。
ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。
昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。
この映画は、大ヒット映画『この世界の片隅に』の単なる長尺版ではない。
250カットを超える新エピソードによって、これまで目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。『この世界の片隅に』を知る人も、知らない人も1本の‟新作“として体感することになるだろう。

監督・脚本:片渕須直  
原作:こうの史代
プロデューサー:真木太郎、監督補・画面構成:浦谷千恵、美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ
広島弁監修:栩野幸知 新谷真弓 飯塚弁監修:北村直美

<声の出演>
北條すず:のん 北條周作:細谷佳正 水原哲:小野大輔 黒村径子:尾身美詞 黒村晴美:稲葉菜月
浦野すみ:潘めぐみ 白木リン:岩井七世 テル:花澤香菜 北條円太郎:牛山茂 北條サン:新谷真弓
浦野十郎:小山剛志 浦野キセノ:津田真澄 浦野要一:大森夏向

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』オフィシャルサイト
 http://www.ikutsumono-katasumini.jp/  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】※一般のみ、他の作品と料金が異なります。
一般 1,800円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事 』
7月2日(木)〜14日(火) 14:20〜15:55 <水曜定休>
3年間100回の密着取材。なぜこの作品がこんなにも人の胸を打つのか。比類なき創造の姿に迫るドキュメンタリー

(2019年/日本/95分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり
■□■□■□■□■-----
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、こちらを必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督・片渕須直のみなぎる才能とあふれる愛情
「この世界の片隅に」を手がけたアニメーション監督・片渕須直を追ったドキュメンタリー。2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞やアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞など国内外で多数の受賞を重ねた。このドキュメンタリーは、「この世界の片隅に」の公開後、3年近くに亘る100回の取材で監督・片渕須直の日々に迫る。片渕監督が「この世界の片隅に」と歩んだ日々を収録したほか、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の制作、全国の映画館での舞台挨拶、その映画館に足を運ぶファン達との交流や度重なるリサーチなど、妥協なき姿勢でアニメーション制作に臨む姿も映し出していく。

監督 山田礼於
撮影 長田勇
音楽 コトリンゴ
語り 中井貴惠
公式ホームページ https://ikutsumono-katasumini.jp/documentary/
片渕須直  のん  岩井七世  花澤香菜  浦谷千恵  松原秀典  伊藤憲子  コトリンゴ  柴崎憲治  小原吉男  木村佳史子  川本三郎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite
『プリズン・サークル』
7月16日(木)〜31日(金)17:40~19:56<水曜定休>
処罰から回復へ。今、日本の刑務所が変わろうとしている――
(2019年/日本/136分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり
■□■□■□■□■-----

ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、こちらを必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

当館では新型コロナウイルス対策として、6月13日(土)の上映より当面の間、
座席は前後左右1席を空け、席数は10席とさせていただきます。
ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約する →当日受付でお支払い・発券 →空いてる席を選ぶ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕たちがここにいる、本当の理由
取材許可に6年をかけ、2年にわたり日本国内の刑務所に初めてカメラを入れて完成となったドキュメンタリー。
官民協働による新しい刑務所であり、受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムを導入している日本で唯一の刑務所でもある「島根あさひ社会復帰促進センター」。受刑者たちがプログラムを通じて向き合うのは、犯した罪だけではない。幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情。そして、それらを表現する言葉を獲得していく。この塀の中のプログラムに2年間密着したカメラは、窃盗や詐欺、強盗傷人、傷害致死などで服役する4人の若者たちが、新たな価値観や生き方を身につけていく姿を克明に描きだしていく。

監督・製作 坂上香
撮影 坂上香 南幸男
録音 森英司
音楽 松本祐一 鈴木治行
アニメーション監督 若見ありさ
公式ホームページ  https://prison-circle.com/

■仮設の映画館でも配信中です■
仮設の映画館ホームページ http://www.temporary-cinema.jp/
観たい劇場として、シネマ・チュプキ・タバタを選んでいただくと、劇場でご覧いただいた時と同様に、当館へ興行収入が入ります。(字幕・音声ガイドあり/字幕あり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
AcceptingPayable onsite

CINEMA Chupki TABATA's Information

Address
東京都北区東田端2-8-4 マウントサイドTABATA 1F
Open Map
Business Hours

月 19:00 - 24:00

火 19:00 - 24:00

水 10:00 - 24:00

木 19:00 - 24:00

金 19:00 - 24:00

土・日 19:00 - 24:00

TelBookFavorite