予約サービス一覧

News 2018年9月1日〜大幅値下げ!みんなの映画館「シネマ・チュプキ」レンタル受付中!
映画を愛する531名の方々の募金によって設立された、2016年9月1日にオープンしたばかりの日本初のユニバーサルシアター!
日本一小さな映画館「シネマ・チュプキ」を、みんなの映画館としてシェアします♪

★ 2018年9月1日より、19:00〜の時間帯はシアターレンタルタイムとなります★
★これまで1時間 7500円だったレンタル代が、1時間5000円になります★

■設備・サービス
映画館ですので、120インチスクリーン、4K対応プロジェクター、7.2.4chのスピーカーなど、映写・音響の設備は充実しています。
特に音響監督の岩浪美和氏によりコーディネートされた音響は最高との評価も高いです!
小さい映画館だからこそ可能な工夫の数々が、つながりのよいサラウンドを生み出し、
繊細かつ美しい音質から、大迫力の重低音まで。その振動は、他で味わうことのできない感動の音響です!

広さ 56㎡ 収容人数 〜25人
営業時間 月・火・木・金・土・日 19:00〜24:00    水 10:00〜24:00

利用料金 1時間 5,000円〜
※ 24:00〜翌朝までの深夜帯のレンタルもご相談に応じます。
※ 1週間の帯で借りたい場合にも、価格のご相談に応じます。

◎贅沢なホームシアターを独占して、大好きな映画を堪能したい!!
◎映画ファンのお友達とバースデーパーティーやファンの集いで盛り上がりたい!
◎小さな演奏会を開いたり♪ 朗読会を開いたり♪ 楽器の稽古場にも! 
◎撮影のロケや、自主制作映画の試写会やお披露目にも! 
 ・・・・使い方はいろいろ! あなた流のチュプキをお楽しみください!

■お問い合わせ先
CINEMA Chupki TABATA  シネマ・チュプキ・タバタ
cinema.chupki@gmail.com
TEL&FAX 03-6240-8480
予約受付中
2020年2月15日(土)〜29日(土)『最強のふたり』
『最強のふたり』
(2011年/フランス/PG12/113分)※日本語字幕・音声ガイドあり
上映日時:2月15日(土)〜29日(土) 10:30〜12:23 <水曜定休>
・・・・・・・・・・・・・・・・・

事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る富豪と、図らずして介護役に抜擢されたスラム出身の黒人青年。二人の共通点はまるでゼロ。クラシックとソウル、文学的な会話と下ネタ──。全てにわたり二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれ始める。その友情は周りの人々、さらには彼ら自身の運命をも変えていく。ところが――。
フランス国民3 人に1 人が観た<幸福な衝撃>!!実話を元にしたこの物語は2011年ヨーロッパ中で大ヒットを記録しました。

監督 エリック・トレダノ オリビエ・ナカシュ
製作 ニコラ・デュバル=アダソフスキー ヤン・ゼヌー ローラン・ゼトゥンヌ
脚本 エリック・トレダノ オリビエ・ナカシュ
音楽 ルドビコ・エイナウディ
キャスト フランソワ・クリュゼ オマール・シー オドレイ・フルーロ アンヌ・ル・ニ ほか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可
2020年2月15日(土)〜29日(土)『グリーンブック』(吹き替え版)
『グリーンブック』(吹き替え版)
(2018年/アメリカ/130分)※音声ガイドあり
上映日時:2月15日(土)〜29日(土)12:45〜14:55 <水曜定休>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1962年、ニューヨーク。イタリア系 用心棒のトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。
ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。
実話をもとにした本作は、第91回アカデミー賞で全5 部門にノミネート、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞しました。
見逃していた方はぜひこの機会にご来場ください!

監督 ピーター・ファレリー
脚本 ニック・バレロンガ、ブライアン・カーリー、ピーター・ファレリー
撮影 ショーン・ポーター
音楽 クリス・バワーズ
音楽監修 トム・ウフル、マニッシュ・ラバル
キャスト ビゴ・モーテンセン マハーシャラ・アリ リンダ・カーデリニ ディミテル・D・マリノフ マイク・ハットン セバスティアン・マニスカルコ P・J・バーン

『グリーンブック』公式サイト https://gaga.ne.jp/greenbook/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可
2020年2月15日(土)〜29日(土)『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
(2017年/ギリシャ・フランス・日本・カナダ合作/78分/ドキュメンタリー)
※日本語字幕・音声ガイドあり
上映日時:2月15日(土)〜29日(土) 15:15〜16:33 <水曜定休>
■■お得なNEWS■■
15:15〜『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール 蒼く深い海へ』
16:50〜『地球交響曲 第二番』(ジャック・マイヨール出演)
この2本を続けて観ると、どなたも200円割引きになります♪
一度観た方も、是非、シネマ・チュプキの音響と映像で、もう一度観てください。
 ・『地球交響曲 第二番』のご予約はコチラhttps://coubic.com/chupki/551501
 ・ご予約はお電話でも承ります。(03-6240-8480 受付時間:10時〜21時半/水曜定休)

深海の没入感と海の蒼さ、特にブルーホールなど本当に美しいです。
ピアノ曲「月光」と深海105メートルの周波数は、同じだそうです。『地球交響曲』龍村仁監督のエッセイより。
http://gaiasymphony.com/bu/e-28.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
ここは、時間のない世界─
リュック・ベッソン監督『グラン・ブルー』のモデルとなった伝説の素潜りダイバー、
ジャック・マイヨール。驚異的な記録を残し、手にした栄光。その生涯は波乱に満ちていた。
ジャック・マイヨールの人生に深い影響を与えた日本との絆を解き明かす。
果てしなく深い青一色の世界に、彼が求めたものとは ー

1988年に公開されたリュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』は“素潜り”の世界記録に命懸けで挑む青年が主人公の海洋アドベンチャー。この主人公のモデルこそジャック・マイヨールだった。彼は、上海在住の幼少期に、何度か佐賀・唐津を訪問。そこで海女の素潜りを見たことが将来へとつながる。成長した彼は世界を放浪、フロリダでイルカに出会い運命が決定付けられる。素潜りを極めるべく、インドでヨガに出会い、日本の禅寺で精神を鍛え、ついに1976年、49歳の時に人類史上初めて水深100mに達する偉業を達成。それは“人間を超越した感覚”を経験した瞬間だった。その後『グラン・ブルー』の公開で脚光を浴びる。2001年、74歳で自ら生涯を閉じた。

関係者のインタビューから紐解く
栄光と孤独、波瀾万丈の生涯。
ナレーションは『グラン・ブルー』で主人公を演じたジャン=マルク・バール。
劇中ではマイヨール本人の映像が随所に登場。家族や写真家ら彼と交流のあった人たち、彼に影響を受けた現役のトップ・ダイバーらが証言する。そこから見えてくる知られざる素顔や、人生に落とした影、日本との強い絆を通して、彼が生涯をもって人々に伝えたかったことを“深く”探っていく。

監督 レフトリス・ハリートス、撮影 ステリオス・アポストロプーロス、編集 デビッド・カザラ
音楽 マチュー・ランボレ、ナレーション ジャン=マルク・バール
出演 ジャック・マイヨール ジャン=マルク・バール 成田均 高砂淳二 ウィリアム・トゥルブリッジ
『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
公式サイトhttps://www.uplink.co.jp/dolphinman/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。
※16:50〜『地球交響曲 第二番』(ジャック・マイヨール出演)と続けてみると、どなたも200円割引きになります♪
 (例)シニアの方2本で2,000円→1,800円

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。


【ご注意】
ご予約時に「 (あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。
ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】
携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。

[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

予約受付中現地支払可
2020年2月15日(土)〜29日(土)『地球交響曲 第二番』
『地球交響曲 第二番』
(1995年/日本/130分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・音声ガイドあり
上映日時:2月15日(土)〜29日(土) 16:50〜19:00 <水曜定休>

■■お得なNEWS■■
15:15〜『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール 蒼く深い海へ』
16:50〜『地球交響曲 第二番』(ジャック・マイヨール出演)
この2本を続けて観ると、どなたも200円割引きになります♪ (例)シニアの方2本で2,000円→1,800円
一度観た方も、是非、シネマ・チュプキの音響と映像で、もう一度観てください。
 ・『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール 蒼く深い海へ』のご予約はコチラhttps://coubic.com/chupki/981906
・ご予約はお電話でも承ります。(03-6240-8480 受付時間:10時〜21時半/水曜定休)

深海の没入感と海の蒼さ、特にブルーホールなど本当に美しいです。
ピアノ曲「月光」と深海105メートルの周波数は、同じだそうです。『地球交響曲』龍村仁監督のエッセイより。
http://gaiasymphony.com/bu/e-28.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』とは、イギリスの生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士の唱えるガイア理論「地球はそれ自体がひとつの生命体である」という考え方に勇気づけられ、龍村仁監督によって制作されたオムニバスのドキュメンタリー映画シリーズ。
生の素晴らしさと明日への可能性を、名曲の数々と共に謳いあげるドキュメンタリーの第2弾。輝きに満ちた四人のメッセンジャー(佐藤初女、ジャック・マイヨール、フランク・ドレイク、14世ダライ・ラマ)の日々の生活を通して、未来を生きていくための姿勢について考えた作品。

今回は、リュック・ベッソン監督の映画「グラン・ブルー」のモデルとなったダイバー、ジャック・マイヨールの軌跡を追ったドキュメンタリー『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ 』の上映にあわせて、地球交響曲第二番をアンコール上映。ぜひ合わせてご覧ください!

監督:龍村 仁
監修:稲盛和夫
出演:ジャック・マイヨール(海洋冒険家)、14世ダライ・ラマ法王(チベット仏教最高指導者)、佐藤初女(森のイスキア主催)、フランク・ドレイク(天文学者)

『地球交響曲』公式サイト 
http://gaiasymphony.com/gaiasymphony/no02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。
※15:15〜『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール 蒼く深い海へ』と続けてみると、どなたも200円割引きになります♪
 (例)シニアの方2本で2,000円→1,800円


■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可
2020年2月15日(土)、17日(月)~29日(土)『プロメア』(前日譚あり)
『プロメア』(前日譚あり)
(2019年製作/本編111分/日本/アニメーション)
※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり(ナレーションはルチア役の新谷真弓さんです★)
上映日時:2月15日(土)、17日(月)〜29日(土)  19:20~21:50  ※水曜定休
応炎上映:2月16日(日) 19:20~21:50 
→応炎上映のご予約はコチラ →https://coubic.com/chupki/612398 (受付開始2/12(水)21時〜)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ついに、前日譚にも音声ガイドがつきました・・・!
ナレーションはもちろん、新谷真弓さんです😍
予約受付開始: 2/12 (水) 21:00〜 
小さな劇場ですのでご予約をお勧めします!

■!!!!!!!!!!NEWS!!!!!!!!!■
なんと、
2月22日(土)、上映後 新谷真弓さん舞台挨拶あり!・:*+.\(( °ω° ))/.:+
(この日のみ、料金一律1500円)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お待たせしました!
チュプキにプロメアが帰って来たーーー!

世界大炎上
世界の半分が消失した未曾有の事態。
その引き金となったのは、突然変異で誕生した、炎を操る人種<バーニッシュ>。
それから30年。<バーニッシュ>の一部攻撃的な面々は<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲い掛かる。
火災を鎮火すべく、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」が結成される。
高層ビルの大火災の中、燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロ・ティモスは、<マッドバーニッシュ>のリーダーで指名手配中のテロリスト、リオ・フォーティアと出会い、激しくぶつかり合う。
それぞれの熱き信念。
<バーニッシュ>をめぐる衝撃の真実。
何が正しいのか、
燃え上がるのは世界か、魂かー

「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を生み出した今石洋之監督と脚本家の中島かずきがタッグを組んで送り出す、完全オリジナル劇場用アニメーション!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督:今石洋之
原作:TRIGGER 中島かずき 脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:コヤマシゲト 美術監督:久保友孝 
音楽:澤野弘之  音響監督:えびなやすのり 主題歌:Superfly
声のキャスト:松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太、佐倉綾音、吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美、楠大典、檜山修之、小西克幸、柚木涼香

『プロメア』 公式サイト https://promare-movie.com/

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。
※舞台挨拶のある日は12チケット、会員割引はご利用いただけません。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。
ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]

ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可
2020年2月16日(日)『プロメア』(前日譚あり)マサラ応“炎”上映!
『プロメア』(前日譚あり)マサラ応“炎”上映!

(2019年製作/本編111分/日本/アニメーション)
※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり(ナレーションはルチア役の新谷真弓さんです★)

◆上映日時:2月16日(日)
 料金:一律1500円  
 入場:19時05分 上映:19時20分~21時40分 掃除:22時00分~22時30分
 ★18時〜 2階の控室を開放します

予約受付開始: 2/12 (水) 21:00〜 

◆◆応炎上映指南書◆◆
https://promare-movie.com/news/news-534/ ▲▲マサラ上映指南書▲▲

映画に合わせて、手拍子をしたり拍手、クラッカーを鳴 らしたりクラッカー、紙ふぶきを撒いたり、ダンスしたり、雄叫びをあげたり、登場人物やキャラクターを応援したりする映画体感型イベント上映です!

・当劇場サイトでの予約受付は、2月12日(日)21:00より予約開始いたします。

・劇場窓口は、当日に受付となります。受付された順番にご案内する形となるのでお好きな座席を選びたい方はお早めにどうぞ!

・チュプキは日本一小さくロビーと呼べる場所ではありません笑
2階の事務所を控室、着替えなどにご利用ください。18時〜開放します。
 貴重品等、お荷物の管理はご自身でお願いします。

・タンバリン、鈴の使用可。クラッカー、紙ふぶきの使用可。
(紙ふぶきはお客様自身でご持参ください。※細かい紙ふぶきは使用できません、大き目なサイズがオススメです!)
サイリウム、キンプレなど光るものは、周りのお客様の視界の妨げにならないようご注意ください。

・コスプレ大歓迎!着替えられる場所が限られてくるので、時間に余裕が持てる方のみでお願いします。

・音量でか過ぎ!体調管理はしっかりと!
 通常音響だと皆様の声援にかき消されてしまうので、大きめな調整になります。耳の弱い方は耳栓などご用意していただくことを推奨します。

・紙ふぶきをお送りしたい方は指定便で15日(土)必着でお願いします。
現地支払可
2020年3月1日(日)〜15日(日)『道草』
☆アンコール上映☆
『道草』
(2018年/日本/95分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・音声ガイドあり
上映日時:3月1日(日)〜15日(日)10:30〜12:05 <水曜定休>

◆NEWS◆
・3月6日(金)上映後、宍戸大裕監督トークあり!
・3月14日(土)は『道草』『だってしょうがないじゃない』フレンドリー上映の日
上映中声を出してOK、動いてもOK、出入り自由!
映画の音量少し抑え、真っ暗にはせずにうっすら照明を残します!
「映画館で映画を観ることができない」そんなお声をきっかけに、昨年開催しました。
いい映画を一人でも多くの方に観て頂きたく、今回も「フレンドリー上映」の日を設けます!
音量・照明は当日いらした皆さまと一緒に相談して調整したいと考えています。
障害のある方に限定した日ではありません。自閉症や過敏症のない方も、一緒に映画を楽しむ体験をしませんか。
普段こらえていた?大笑いや、大泣き、心の中に収めていたツッコミも気にせず出しちゃってください!
お互いの存在を感じ、内包し合える優しい時間になったら嬉しく思います。

<車椅子ユーザーのお客様へ、ご予約にあたって>
ご鑑賞スペースの準備のため、ウェブでご予約時にお名前の冒頭に【車椅子利用】と入力いただけると助かります。
電話でもご予約承ります。03-6240-8480(10:30〜21:30頃まで)
・・・・作品について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この街で暮らす
重度の障害のある人が介護者と共に、地域で自立生活をする日々を追ったドキュメンタリー。
自閉症や知的障害、自傷・他害といった行動障害がある人々は、世間との間に線を引かれ、囲いの内へと隔たれ、暮らしの場所は限られていた。「重度」とされる知的障害者の多くは入所施設や病院、あるいは親元で暮らしているのが実情だが、2014年の重度訪問介護制度の対象拡大により、重度の知的・精神障害者もヘルパー付きのひとり暮らしができる可能性が広まった。
東京の街角で介護者付きのひとり暮らしを送る人々のが刻む春、夏、秋、冬。
介護者とのせめぎあいはユーモラスで、時に、伝え難い思いやもどかしさがぶつけられる。
道草をしながら散歩する何気ない日常の姿などを通して、誰もが共に同じ街で暮らし、自分らしく生きていくことを見つめていく。
監督は当館で上映した「風は生きよという」(人工呼吸器ユーザーの生活を追ったドキュメンタリー)の宍戸大裕監督。
本作でも真摯な眼差しで人に寄り添い描かれています。

監督:宍戸大裕
音楽:末森樹、永原元、音響構成・整音:米山靖、宣伝デザイン:林よしえ、題字:岡部亮佑
出演:岡部亮佑、桑田宙夢、中田裕一朗、尾野一矢、末永弘(自立生活センターグッドライフ)

『道草』公式サイト https://michikusa-movie.com


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可
2020年3月1日(日)〜15日(日)『だってしょうがないじゃない』
『だってしょうがないじゃない』
(2019年/日本/119分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・音声ガイドあり

上映日時:3月1日(日)〜15日(日)12:30〜14:29 <水曜定休>

■NEWS■
3月14日(土)は『だってしょうがないじゃない』『道草』フレンドリー上映の日!
上映中声を出してOK、動いてもOK、出入り自由!
映画の音量少し抑え、真っ暗にはせずにうっすら照明を残します!
「映画館で映画を観ることができない」そんなお声をきっかけに、昨年開催しました。
いい映画を一人でも多くの方に観て頂きたく、今回も「フレンドリー上映」の日を設けます!
音量・照明は当日いらした皆さまと一緒に相談して調整したいと考えています。
障害のある方に限定した日ではありません。自閉症や過敏症のない方も、一緒に映画を楽しむ体験をしませんか。
普段こらえていた?大笑いや、大泣き、心の中に収めていたツッコミも気にせず出しちゃってください!
お互いの存在を感じ、内包し合える優しい時間になったら嬉しく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発達障害を抱えながら独居生活を送る叔父の日常を
発達障害と診断された映画監督が撮り続けた三年間
鬱や不眠に悩み、精神科を受診してADHD/注意欠如多動性障害と診断を受けた坪田義史監督。診断に対してジレンマを抱えて親に相談すると、広汎性発達障害を持ちながら一人暮らしをする親類・まことさんに会うことを勧められ、カメラを持って会いにいく。
八年前に母を亡くしたまことさんは、成年後見人のお姉さんや、掃除ヘルパーさん、買い物ヘルバーさん、相談支援専門員さん、傾聴ボランティアさんのサポートを受けながら独居生活をしていた。まことさんの家を訪ねてたわいもないおしゃべりをしたり、一緒に出かけたり・・・まことさんとの交流を深めていく坪田監督。その中で、「親を亡くした後の障害者の自立の困難さ」や 「障害者の自己決定や意思決定の尊重」「8050問題にともなう住居課題」などの問題に直面する。

企画・監督:坪田義史
プロデューサー:柏田洋平
制作プロデューサー:池田将
制作:平岩大知 バイロン・グールド
撮影:坪田義史 池田将 和島香太郎
音響:今村左悶
編集:和島香太郎 坪田義史
編集協力:柏屋拓哉
音楽:宇波拓
アニメーション:つのだふむ
作画:坪田義史 坪田達義
バリアフリー字幕監修:Sasa/Marie

出演:大原信、坪田義史、木村真智子、木村義則 ほか
『だってしょうがないじゃない』公式サイト https://www.datte-movie.com/  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可
2020年3月1日(日)~31日(火)『37セカンズ』
『37セカンズ』
(2019年/日本・アメリカ合作/115分/PG12)※日本語字幕・音声ガイドあり
上映日時:3月1日(日)〜15日(日)14:50〜16:45 <水曜定休>
     3月16日(月)〜31日(火)17:05〜19:00 <水曜定休>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の「時間」が刻みはじめる。
37秒間 それは、生まれてきた時息をしていなかった時間。
生まれた時に37秒間呼吸ができなかったことで身体に障害を抱え、車椅子生活を送る貴田ユマ。ユマの世話をすることが生きがいのシングルマザー・恭子と共に暮らしながら、漫画家のゴーストライターをしている。
独り立ちをしたい、自分の名前で大好きな漫画を描きたいと思う一心で、自作の漫画を出版社に持ち込むが一蹴されてしまう。
そんな時に目にしたのは、公園の片隅に捨てられたアダルトコミック誌。
編集部に電話し、原稿を持ち込んだユマに編集長の藤本が言う。
「作家に経験がないのに、いい作品は作れないのよ。妄想だけで書いたエロ漫画なんて面白くないでしょ」
漫画を完成させるためには、自分で経験しなければ描けないー その思いは自我と自立の第一歩となる。
やがて、歓楽街で出会った電動車いすを自在に操る障害者のクマ、障害者を中心にサービスを行うデリヘル嬢の舞、介護福祉士・俊哉との出会いが新たな世界の扉を開いていく。

「障害があろうがなかろうが、あなた次第」
想像を超え、常識と国境をも超えて、ひとりの女性として、人間として、ユマの人生は大きく変わっていくのだった。

主演は、出まれた時に脳性麻痺となった佳山 明(かやま めい)。オーディションでHIKARI監督に見いだされた彼女は、日本福祉大学を卒業し、社会福祉士の資格を取得しており、本作が演技初挑戦となる。
神野三鈴、渡辺真起子、大東駿介、板谷由夏ら実力派俳優が脇を固め、当館で2018年に上映した「パーフェクト・レボリューション」のモデルとなった熊篠慶彦も出演している。
2016年、世界のインディーズ作家の登竜門であるサンダンス映画祭とNHKが主宰する脚本ワークショップで代表作品に選ばれ、映画化へ動き出した本作。
2019年3月、ついに、世界三大映画祭のひとつ第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門でワールドプレミア上映され、観客賞と国際アートシネマ連盟賞を史上初のW受賞と言う快挙を遂げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督・脚本:HIKARI
プロデューサー:山口晋 HIKARI
撮影:スティーヴン・ブレイハット 江崎朋生
編集:トーマス・A・クルーガー
美術:宇山隆之
音楽:Aska Matsumiya
主題歌:CHAI
出演:佳山明、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦、萩原みのり、宇野祥平、芋生悠、渋川清彦、奥野瑛太、石橋静河、尾美としのり、板谷由夏

『37セカンズ』公式サイト http://37seconds.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】※本作品のみ、料金が異なります。
一般1800円、大学生 1500円、シニア1100円、高校生以下1000円、サポータークラブ会員1300円
※ムビチケのお取り扱いはございません。
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

【ご注意】
ご予約時に「(あと 4)」と表示されましたら、そのお席より補助席へご案内となります。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
[予約通知メールが届かない可能性のあるメールアドレス]
ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpまたはi.softbank.ne.jp
docomo.ne.jp、willcom.com、hotmail.co.jp
msn.com またはmsn.co.jp、live.com またはlive.jp
outlook.com またはoutlook.jp

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
予約受付中現地支払可

CINEMA Chupki TABATAの基本情報

住所
東京都北区東田端2-8-4 マウントサイドTABATA 1F
マップで見る
電話番号
03-6240-8480
営業時間

月 19:00 - 23:59

火 19:00 - 23:59

水 10:00 - 23:59

木 19:00 - 23:59

金 19:00 - 23:59

土・日 19:00 - 23:59

電話ネット予約お気に入り