List of services

★シアターレンタル
月・火・木・金・土・日・祝日 →19:00〜20:00
※緊急事態宣言を受け、5/1〜11まではご利用中止とさせていただきます。
※直近のご利用についてはシネマチュプキの上映終了後。2,3ヶ月先のご利用についてはご相談
水  →10:00〜20:00

利用料金 1時間 5,000円
座席数20席ほどの小さなシアターを自由にお使いいただけます!
■現在席数を減らしています。ご利用可能な席数についてはお問い合わせください
■ご利用時間について。時短要請に協力し、20時までの利用とさせていただきます。
(2021年1月8日)

■設備・サービス
映画館ですので、120インチスクリーン、4K対応プロジェクター、7.2.4chのスピーカーなど、映写・音響の設備は充実しています。
特に音響監督の岩浪美和氏によりコーディネートされた音響は最高との評価も高いです!
小さい映画館だからこそ可能な工夫の数々が、つながりのよいサラウンドを生み出し、
繊細かつ美しい音質から、大迫力の重低音まで。その振動は、他で味わうことのできない感動の音響です!

広さ 56㎡ 収容人数 〜25人(補助席使用時)
営業時間 月・火・木・金・土・日 19:00〜20:00   水 10:00〜20:00

利用料金 1時間 5,000円〜
※ 24:00〜翌朝までの深夜帯のレンタルもご相談に応じます。
※ 1週間の帯で借りたい場合にも、価格のご相談に応じます。

◎贅沢なホームシアターを独占して、大好きな映画を堪能したい!!
◎映画ファンのお友達とバースデーパーティーやファンの集いで盛り上がりたい!
◎小さな演奏会を開いたり♪ 朗読会を開いたり♪ 楽器の稽古場にも! 
◎撮影のロケや、自主制作映画の試写会やお披露目にも! 
 ・・・・使い方はいろいろ! あなた流のチュプキをお楽しみください!

■お問い合わせ先
CINEMA Chupki TABATA  シネマ・チュプキ・タバタ
cinema.chupki@gmail.com
TEL&FAX 03-6240-8480
『あこがれの空の下 ~教科書のない小学校の一年~』
★ご好評につき追加上映決定しました!★
5月19日(水)/ 5月26日(水) 10:30〜12:06

(2020年製作/101分/日本/ドキュメンタリー)※日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感 染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

◉ご入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。
◉4月28日水曜、対話付き特別上映会(オンライン)
映画『あこがれの空の下』× 書籍『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』
〜「子どもが教育の主人公」はどうしたら実現できるか〜
詳細・ご予約はこちら https://coubic.com/chupki/684551 ▶︎満員御礼!終了しました!書籍は店頭にて販売中

◉上映後ゲストトークを開催し、一部ブログにアップしました!
https://coubic.com/chupki/blogs#pageContent

■□■□■□■□■-------


何の変哲もない ちいさな小学校。
よくみると 無いものが たくさんあります。

東京・世田谷区の私立和光小学校。
広い校庭もない。チャイムも鳴らない。 いろんな儀式も形式もない。 教科書も使わない。

そして この学校にしかないものも、 たくさんあります。
物怖じしないで発言し  どんなことでも話し合い
活き活きと 自然に伸びゆく子どもたち。
子どもたち 一人ひとりを見つめ、 一緒に歩む先生たち。
みんなを包んで  豊かに流れる時間。
考えてみれば、これって 本来は「あたりまえ」のこと。
「あたりまえ」って  とっても大事。

和光小学校に一年間通って撮影し、 そんな「あたりまえ」を見つめました。 ぜひご観覧ください。

監督:増田浩、房満満
製作:矢島良彰
公式サイト http://xn--v8jxcq2f151q1vam0mt0xyuukq6d.jp/#/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,000円)プアエイド1,000円

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『アイヌモシㇼ』
★追加上映決定しました!★
5月19日(水)/ 5月26日(水)
13:00〜14:24 / 14:45〜16:09 / 16:30〜17:54 / 18:30〜19:54

(2020年製作/84分/日本・アメリカ・中国合作)※日本語字幕・音声ガイドあり
◆反響をいただき、アンコール上映となります!当劇場の名前「チュプキ」もアイヌの言葉。自然の光を意味します。
 森をイメージしたシアターで「アイヌモシㇼ」の世界をお楽しみください。

■□■□■□■□■-------


ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

◉ご予約の座席数を半数にして営業致します。
◉入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちかくてとおい、ぼくが住む町のお話
アイヌの血を引く少年の成長を通して現代に生きるアイヌ民族のリアルな姿をみずみずしく描き、第19回トライベッカ映画祭の国際コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した人間ドラマ。北海道阿寒湖畔のアイヌコタンでアイヌ民芸品店を営む 母と暮らす14歳の少年カントは、アイヌ文化に触れながら育ってきたが、 1年前に父を亡くして以来、アイヌ文化と距離を置くようになっていた。その一方で、友人と組んだバンドの練習に没頭し、中学卒業後は高校進学のため故郷を離れることを決めていた。そんな中、カントの父の友人だったアイヌコタンの中心的人物デボは、カントをキャンプへ連れて行き、自然の中で育まれたアイヌの精神や文化について教え込もうとする。自らもアイヌの血を引く下倉幹人が演技初挑戦にして主演を務め、アイデンティティに揺れる主人公カントを演じた。監督は、前作「リベリアの白い血」が国内外で高く評価された新鋭・福永壮志。

監督・脚本:福永壮志
プロデューサー:エリック・ニアリ、三宅はるえ

出演:下倉幹人 、秋辺デボ、下倉絵美、西田正男、松田健治、床州生、平澤隆二、廣野洋、リリー・フランキー、三浦透子ほか
公式サイト http://ainumosir-movie.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円/シニア1,000円)プアエイド1,000円

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。

その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『喜劇 愛妻物語』
5月13日(木)〜6月1日(火) 10:00〜11:55 <水曜休>
(2019年製作/115分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862
◉5月31日まで、ご予約の座席数を半数にして営業致します。
◉(最後列は木製のチェアーとなります ) ご予約の際、席の指定はできません。
(この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付でお支払い・整理番号発券 →番号順にご入場 →空いてる席を選ぶ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結婚10年目。倦怠期。セックスレス。
笑えて、呆れて、呆れて、泣ける。愛憎渦巻く夫婦道。

【超ダメ夫】豪太  × 【超恐妻】チカ
年収50万。売れない脚本家  毒舌。酒好き。家計を支える鬼嫁。

結婚して10年。
いまだにうだつの上がらない脚本家の豪太と、トキメキを失って久しい妻のチカが、幼い娘と三人で旅に出た。
四国を舞台にしたシナリオを書くための五日間の取材旅行。
しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」という悲願を達成するのだ!

・・・・・・

『百円の恋』で日本アカデミー賞に輝いた名脚本家・足立紳が、自伝的小説「喜劇 愛妻物語」を自ら脚色した監督第二作。

稼ぎがほぼゼロで家に居場所もないのに、隙あればセックスに持ち込もうと奮闘するダメ夫・豪太役には、独特の憎めない個性で愛される人気俳優、濱田岳。
そして夫に罵声を浴びせながら、家計や子育てを支える不機嫌妻のチカには水川あさみが扮し、速射砲のように罵詈雑言が飛び出す毒舌キャラを熱演。
また、豪太とチカの娘アキには、音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもある注目の子役、新津ちせ。
さらにチカの親友・由美役の夏帆や、光石研、ふせえり、大久保佳代子ら個性派陣が脇を固める。

あまりにも赤裸々で、スケールの小さい痴話ゲンカ。見終えた後に押し寄せるのは、胸にしみる感動か、呆れ混じりの乾いた笑いか、それとも他人ごととは思えないディープな共感か?
日本の“家族映画”の伝統に新たな1ページを加える、とことんまで情けない痛快作が誕生した。



出演:濱田岳、水川あさみ、新津ちせ、大久保佳代子、夏帆、ふせえり、光石研
監督・脚本:足立紳 原作:足立紳「喜劇 愛妻物語」(幻冬舎文庫)
配給:キューテック、バンダイナムコアーツ
公式HP:http://kigeki-aisai.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,000円)/プアエイド1,000円
■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『電車を止めるな!のろいの6.4キロ』
5月13日(木)〜6月1日(火) 12:20〜13:49 <水曜休>
(2020年製作/84分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■-------

NEWS! 銚子電鉄グッズを販売中♪
・ぬれ煎餅 ・まずい棒 ・鯖威張るカレー ・MAKURAGI STICK CAKE
・ノート ・丑雄くんTシャツ

■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー

新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862
◉5月31日まで、ご予約の座席数を半数にして営業致します。
◉入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

銚子電鉄を止めるな。
超C(銚子)級映画応援上映!!!!!!

廃線寸前の鉄道会社が企画した、起死回生の「心霊電車」企画
カメラを前に社員全員で必死に心霊現象を演出するが
視聴者からの厳しい書き込みで炎上していた。
しかし、丑三つ時に本物の霊現象が起こり始める。
電車は止まることなく走り続け、終着駅まであとわずか...
参加者、そして銚子電鉄の運命は───

原作をほとんど無視した
摩訶不思議な銚電ワールド炸裂・・・!


~映画という名のクラウドファンディング~
当社は今年7月に創業97年を迎えます。関東最東端の街で、通勤・通学、そして観光のお客様を乗せて走り続けてきました。
しかし近年はモータリゼーションの発展、沿線人口の減少による業績悪化に悩まされ、鉄道事業は年々厳しさを増しています。
こうした状況を改善すべく、ぬれ煎餅の製造販売、そして「経営状況がまずい」ので『まずい棒』、「経営がサバイバル」なので『鯖威張るカレー』を販売するなど食品会社顔負けの、なんでもありの生存戦略で鉄路を守ってまいりました。
しかしながら昨秋の台風襲来、追い打ちをかけるようにコロナ禍に見舞われ、運転資金に事欠くほどの事態に陥りました。
老朽化した変電所の大規模修繕も控えており、その資金を用意できなければ、いずれ電車は止まってしまいます。
銚電を必要とする人たちのためにこれからも電車を走らせ続けたい…。
そんな想いから、昨年より映画『電車を止めるな!』の製作に取り組んでおります。おかげ様でクラウドファンディングでは500万円の製作費を集めることができました。皆様のご支援に心より感謝申し上げます。
本年8月末より一般公開を予定しており、一人でも多くの方にご覧いただきたいと願っております。
上映場所及び日時などの情報につきましては、当サイトにて順次お知らせいたします。
地方鉄道の灯が消えぬよう、皆様の温かいお力添えを心よりお願い申し上げます。

2020年6月30日
銚子電気鉄道株式会社 代表取締役社長 竹本勝紀
(作品公式HPより)


監督:赤井宏次
原作:寺井広樹
脚本:赤井宏次、竹本勝紀、寺井広樹、吉村みやこ
代表取締役プロデューサー:竹本勝紀
配給:銚子電気鉄道
出演者:コウガシノブ、末永百合恵、HINA、松本倖大、道井良樹、池上恵、相馬絵美、手塚涼大、秦野豪、村井美樹、木村裕子、谷口礼子/片岡馨/中田敦彦(オリエンタルラジオ)/日野日出志(怪奇漫画家)
公式HP: http://www.dentome.net/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
大人 2,000円/中学生 1,200円/小学生 1,000円
チュプキサポーター会員(1,800円)/プアエイド1,500円
*銚子電鉄一日乗車券付きとなります!
*12チケットはご使用いただけません。

■ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
 コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『私をくいとめて』
5月13日(木)〜6月1日(火) 14:20〜16:33
<水曜定休> (2020年製作/133分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり

■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862
◉5月31日まで、ご予約の座席数を半数にして営業致します。
◉入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わかりみ 深すぎ 崖っぷちロマンス!

『勝手にふるえてろ』原作・綿矢りさ&監督・大九明子が再タッグ!

おひとりさまライフがすっかり板についた黒田みつ子、31歳。
みつ子がひとりで楽しく生きているのには訳がある。
脳内に相談役「A」がいるのだ。人間関係や身の振り方に迷ったときはもう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれる。
「A」と一緒に平和な日常がずっと続くと思っていた、そんなある日、みつ子は年下の営業マン 多田くんに恋をしてしまう。
きっと多田君と自分は両思いだと信じて、みつ子は「A」と共に一歩前へふみだすことにする。
1人でしかいられない寂しさ。誰かがそばにいる時の安らぎと高揚。社会で生きる女性の息苦しさ。ときめきと怒りと不安が散りばめられた「恋愛」映画。

★大九明子監督、片桐はいりさん出演の 『もぎりさん』『勝手にふるえてろ』もご一緒にお楽しみください~!

監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ
配給:日活
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛
公式HP:https://kuitomete.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,000円)/プアエイド1,000円
■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『もぎりさん』
5月13日(木)〜6月1日(火) 17:00〜17:30 <水曜定休>
(2018~19年製作/30分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり

■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862
◉5月31日まで、ご予約の座席数を半数にして営業致します。
◉入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「街の小さな映画館が元気になるように!」
              ~銀幕の裏の世界へ~

キネカ大森の名画座上映の前に先付けされるショートムービー『もぎりさん』。
歴史ある映画館「キネカ大森」に通い詰めていた片桐はいりさん主演で、多くの監督スタッフとつくられた全12話を一挙上映!!
映画と映画館と映画好きな人々の素敵な関係を描く、「街の小さな映画館が元気になるように!」との願いが込もった作品です。

★ほっこり、きゅんと、映画館愛にうるっとして。
 不思議で、笑えて、何度でも観たくなる!(映画館あるあるにも注目!笑)
 チケット料金は嬉しいワンコイン( どなたさまも一律500円 )です♪
 大九明子監督、片桐はいりさん出演の 『私をくいとめて』『勝手にふるえてろ』もご一緒にお楽しみください~!

==== 全12話一挙上映!! ====
▪️キネカ大森先付ショートムービー『もぎりさん』 全6話
監督:大九明子(第1話~第3話)、菊地健雄(第4話~第6話)
出演:片桐はいり、佐津川愛美、川瀬陽太、前野朋哉、久保田紗友、伊勢志摩
企画:沢村敏 プロデューサー:平林勉
脚本:大九明子(第1話~第3話)、鈴木太一(第4話~第6話)
音楽:侘美秀俊 タイトルイラスト:岩田ユキ
撮影:彦坂みさき 照明:永田英則 録音:小宮元
ヘアメイク:鰕澤真由美 編集:小野寺拓也 助監督:北川帯寛
企画制作:東京テアトル Powered by CoMix Wave Films

▪️キネカ大森先付ショートムービー『もぎりさん session2』 全6話
出演:片桐はいり、佐津川愛美、川瀬陽太
ゲスト出演:(出演順)今野浩喜、日南響子、岩井ジョニ男(イワイガワ)、唐田えりか、萩原みのり
監督・脚本:鈴木太一(第7話~第9話)、瀬田なつき(第10話~第12話)
企画:沢村敏 プロデューサー:平林勉 音楽:侘美秀俊 タイトルイラスト:岩田ユキ
撮影:彦坂みさき 照明:志村昭裕 録音:東凌太郎 
スタイリスト:齋藤ますみ ヘアメイク:鰕澤真由美
編集:小野寺拓也 助監督:北川帯寛 振付:ストウミキコ 謎の監督:菊地健雄
企画制作:東京テアトル Powered by CoMix Wave Films

★大九明子監督、片桐はいりさん出演の 『私をくいとめて』『勝手にふるえてろ』もご一緒にお楽しみください~!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一律  500円

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『勝手にふるえてろ』
5月13日(木)〜6月1日(火) 17:50〜19:47 <水曜定休>
(2017年製作/117分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり
■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー

新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862

◉5月31日まで、ご予約の座席数を半数にして営業致します。
◉入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この恋、絶滅すべきでしょうか?

第30回東京国際映画祭コンペティション部門/観客賞 受賞、
第27回 日本映画プロフェッショナル大賞/作品賞・主演女優賞 W受賞
『私をくいとめて』の原作・綿矢りさ&監督・大九明子の初タッグ映画!!


24年間恋愛経験ゼロ、絶滅した生物が好きなOLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがる。
しかし、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いをいまだに引きずり続け、彼との「脳内恋愛」も楽しんでいた。
一方的な脳内の片思いとリアルな恋愛の同時進行に、恋愛ド素人のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と彼女なりに頭を悩ませていた。
そんな中で「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画。
やがてヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化。
俳優のみならず、テレビ番組の司会など活躍の場を広げる松岡茉優の映画初主演作品。
共演はダンスロックバンド、DISH//のリーダー北村匠海、黒猫チェルシーのボーカルで、映画『わたしは光をにぎっている』出演の渡辺大知。

★大九明子監督、片桐はいりさん出演の 『私をくいとめて』『もぎりさん』もご一緒にお楽しみください~!

監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ
配給:ファントム・フィルム
出演:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、趣里、前野朋哉、古舘寛治、片桐はいり
主題歌:黒猫チェルシー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,000円)プアエイド1,000円
■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『陶王子 2万年の旅』
6月3日(木)〜18日(金) 10:30〜12:20 <水曜休映>
(2021年製作/110分/日本・中国/4K撮影/ドキュメンタリー)※日本語字幕・音声ガイドあり
★枚数限定!来場者特典 オリジナルしおりをプレゼント

■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862
現在、一部の席を空けています。
最後列は木製のチェアーとなります。 ご予約の際、席の指定はできません。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付でお支払い・整理番号発券 →番号順にご入場 →空いてる席を選ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「僕の父は炎、僕の母は土。父と母はどのように出会い、僕は生まれたのだろう?」
これは一杯の「器」の向こうにある 2万年の物語

器の精霊 “陶王子(とうおうじ)をナビゲーターに、陶磁器の2万年におよぶ歴史を通し、壮大な人類史をひも解くドキュメンタリー。

2万年前ー
粘土の手触りが気持ち良くてこねくり回していた古代の人が、それを火に入れたとき固いものが生まれました。それが土器、つまり陶磁器の始まりです。
より硬く、より便利に、カッコよく、キレイにしたい・・・
縄文、中国、メソポタミア、ギリシャ、エジプト、ヨーロッパへと人類の知恵を集めながら発展し、現代ではファインセラミックスとして人類を宇宙にまで連れて行くことになった“焼き物”=“セラミック”。土器から陶磁器、さらにファインセラミックまでの変遷を追い、私たち人間の果てない探究心と進歩を描き出す。

ATP賞ドキュメンタリー部門優秀賞を受賞したNHKの番組に新たなカットを加え、完全版として劇場公開。
監督は「ひめゆり」「千年の一滴 だし しょうゆ」の柴田昌平、美しい人形とアニメーションは中国を代表する若手アーティスト・耿雪が制作。俳優・のんが陶王子の声を演じる。

※のんさん主演の映画『私をくいとめて』5月13日〜6月1日まで上映!ぜひこちらもご覧ください!
https://coubic.com/chupki/855174

語り:のん
監督:柴田昌平
人形製作: 耿雪
人形アニメーション: 耿雪&甘卡卡
プロデューサー:大兼久由美、牧野望
配給:プロダクション・エイシア
公式HP:http://asia-documentary.kir.jp/ceramics/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,000円)/プアエイド1,000円
■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。
『ミセス・ノイズィ』
6月3日(木)〜18日(金) 12:50~14:36<水曜休映>
(2019年製作/106分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり

■□■□■□■□■-------
ーご予約・ご来館前にー
新型コロナウイルス感染予防のため、必ずお読みください
http://chupki.jpn.org/archives/5862
◉入場方法を変更しました。
この予約サイトでご鑑賞日時を予約 →当日受付にてお支払い・座席を指定 →上映時間までにご着席ください。
※映画の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※最後列は木製のチェアーとなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、あなたの常識が試される!

小説家であり、母親でもある主人公・吉岡真紀(36)。
スランプ中の彼女の前に、ある日突如立ちはだかったのは、隣の住人・若田美和子(52)による、けたたましい騒音、そして嫌がらせの数々だった。
それは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まる一方。
執筆は一向に進まず、おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏を奪われていく。
そんな日々が続く中、真紀は、美和子を小説のネタに書くことで反撃に出る。
だがそれが予想外の事態を巻き起こしてしまう。
2人のケンカは日増しに激しくなり、家族や世間を巻き込んでいき、やがてマスコミを騒がす大事件へと発展・・・。
果たして、この不条理なバトルに決着はつくのかーー?!


ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込んで、やがて2つの家族の運命を狂わせてしまう。まさに今、誰の身にも起こり得る「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、社会事情も絡みつつ、後半思わぬ方向に事態が進んでいくサスぺンスフルな展開は、最後まで目が離せない。
構想は3年。あらゆる「争い」についての普遍的真理をテーマにした、天野千尋監督によるオリジナル脚本。
主人公の小説家・吉岡真紀を演じるのは『共喰い』『湯を沸かすほどの熱い愛』『楽園 』などの篠原ゆき子。
本作の好演で第59回アジア太平洋映画祭主演女優賞を受賞。
また、存在感のある芝居が評判の謎の隣人夫婦役をオーデション選出の大高洋子と宮崎太一、
ほか長尾卓磨、米本来輝、和田雅成そして、田中要次、洞口依子、風祭ゆきと、名優が脇を固め、真紀の娘は「パプリカ」を歌う人気ユニット「Foorin」のメンバー“ちせ”こと、新津ちせが演じる。

★第30回日本映画批評家大賞 脚本賞受賞
★第32回東京国際映画祭・スプラッシュ部門ワールドプレミア上映

監督:天野千尋
脚本:天野千尋/松枝佳紀
製作:井出清美/植村泰之
配給:ヒコーキ・フィルムズインターナショナル
出演:篠原ゆき子/大高洋子/長尾卓磨/新津ちせ 他
公式HP:http://mrsnoisy-movie.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,000円)/プアエイド1,000円
■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。
【ご注意】携帯メールアドレスや一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。
その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

CINEMA Chupki TABATA's Information

Address
東京都北区東田端2-8-4 マウントサイドTABATA 1F
Open Map
Business Hours

月 19:00 - 24:00

火 19:00 - 24:00

水 10:00 - 24:00

木 19:00 - 24:00

金 19:00 - 24:00

土・日 19:00 - 24:00

TelBookFavorite